ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【Danger!】

f:id:girudoya:20181031191934j:plain


【Danger!】



ついに海外の大規模大会「YCS ロンドン」、「YCS ナイアガラ」にて頭角を現した海外先行テーマ【Danger!】



f:id:girudoya:20181031192521j:plain



「YCS ナイアガラ」では、”優勝”という至高の結果。「YCS ロンドン」の大会参加人数は”1650人”と英国でのニューレコードを記録したにも関わらず、数多の入賞を誇る凱旋です。



海外の環境デッキは、【閃刀姫】【サンダードラゴン】【剛鬼】【オルターガイスト】等、そうそうたる顔触れの中、日本のYCSとは異なるマッチ戦にて【Danger!】は結果を残しました。リミットレギュレーションこそ違えど、アーキタイプは世界で似通ってるんですね。




考察



【Danger!】は「未確認生物・それを探求する調査隊」をテーマとしており、デッキの動きは『手札を捨てる・捨てられる』事をトリガーとする闇属性モンスター群から展開力やアドバンテージを拡大していくのが特徴的。



f:id:girudoya:20181031192009j:plain



「手札を捨てる」という部分で【暗黒界】【幻影騎士団】【彼岸】【魔轟神】等と【Danger!】のシナジーが話題に上がっていましたが、現在の【暗黒界】の最大の武器は「《暗黒界の龍神 グラファ》+《ファイアウォール・ドラゴン》」により形成される『グラファループ』です。



悪い予感がしてきましたか?




f:id:girudoya:20181031192049j:plain



今回、YCSの地で暴れたのは【Danger! + 暗黒界 + 戦士族】という形。


【Danger!】は展開しながら「手札を捨てる&1ドロー」という動きをするので、捨てるカードを墓地系カードにすると悪い事になってきます。




f:id:girudoya:20181031191239j:plain

f:id:girudoya:20181031191301j:plain



今回目立ったのは、【Danger!】+《幻影騎士団サイレントブーツ》→《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》や、《D-HERO ディアボリックガイ》、【剛鬼】等の戦士族ギミックからリンク展開に向かい、目指すは「《暗黒界の龍神 グラファ》+《ファイアウォール・ドラゴン》+《キャノン・ソルジャー》」によるワンキル。



攻撃宣言の必要が無いので、俗に言う「FTK(FIRST・TURN・KILL)」=先行ワンキルが着地点であり、終着点となります。実戦ライブを観ると《外神アザトート》まで起用され、手札誘発を越えて…という由々しき事態になっていました。




f:id:girudoya:20181031191313j:plain



ワンキルの他にもトロイメア展開、《トライゲート・ウィザード》《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》等、リンク召喚デッキなので分岐は多様。【Danger!】は暗黒界型、剛鬼型と派生は幾つもあるようです。



闇属性



【Danger!】からの展開寄与は、特殊召喚が容易なレベル7モンスター《Danger! Nessie!》等をエクシーズ素材とする《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》。兵器から精製される兵器、《ファイアウォール・ドラゴン》に向かうには充分なリンク値です。



また、【Danger!】が絡む事により種族が異なる闇属性モンスターの展開に長けるので、《ライトロード・ドミニオン キュリオス》をリンク召喚し、《キャノン・ソルジャー》をデッキから墓地に落として《ファイアウォール・ドラゴン》で回収→ループという形も保有。




闇属性が許されている3ドローをもたらす魔法カード《終わりの始まり》や、《手札抹殺》を見掛けるのも面白いですね。手札から捨てておいしい【Danger!】の《手札抹殺》はリソースが2倍になってゲームクラッシュ。




f:id:girudoya:20181031193202j:plain




まだまだ発展途上のデッキではありますが、今回は手札を捨てながら展開力及びドローを稼ぐという形で強さを見せ付けた【Danger!】。《ファイアウォール・ドラゴン》の寿命にダメージを与えた事だけは確かです。




諸々参考になったサイトは、こちら。


■ »「YCS カバレージ」

■ »「Yugioh Top Decks」(海外勢のデッキが掲載されているサイト)



この御時世、【Danger!】のデュエル動画や使用者の解説動画もアップされてるので、来年のエクストラパックに向けて是非。




僕はもう既にモチベーションマックスというか、「Danger! 捜索隊」の一員なんじゃないかって思ってますね。君達の入隊を待っているぞ。





ではまた!