ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【イーバ】

f:id:girudoya:20170822104029j:plain


9月23日「STRUCTURE DECK R -神光の波動-」発売


なんやねん。こいつ。迷子?

と思ったらWIKIに由来がホイ。


「イーバ (EBE)」とは地球外知的生命体 (Extraterrestrial Biological Entity) の略である。現在では同名の映画のヒットにより「エイリアン」という呼び名が一般的である。



《イーバ》
星1 光 天使族 500/200 ウルトラレア
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地へ送られた場合、このカード以外の自分のフィールド・墓地の天使族・光属性モンスターを2体まで除外して発動できる。除外した数だけ、デッキから「イーバ」以外のレベル2以下の天使族・光属性モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。




謎の生命体《イーバ》


その効果は墓地に送られると場/墓地から光属性の天使族を2枚まで除外して、その分だけレベル2以下の天使族をサーチという優秀そのもの。墓地除外で2枚サーチですからね。


カウンタートラップがテーマとなるストラクなので、古くは《天罰》、新しくは《輪廻のパーシアス》といった手札コストに《イーバ》を充てがえば完璧。



f:id:girudoya:20170822104539j:plain



また、《天空の聖域》として扱う永続魔法《パーシアスの神域》が伏せを保護できて実戦的なので、ピーピングハンデスまたは除去のモードを選べる《裁きの光》にも手を伸ばせそうです。《裁きの光》は手札コストを要するので、ここでも《イーバ》は活躍。


《パーシアスの神域》があれば、《神秘の代行者 アース》から直で《マスター・ヒュペリオン》をサーチする時代が訪れます。



《イーバ》のサーチ先で気になるラインナップ


■ » レベル2以下の天使族・光属性モンスターの一覧



f:id:girudoya:20170822104544j:plain


  • 時械巫女
  • クリアクリボー
  • サイバー・プチ・エンジェル
  • 星杯の妖精リース
  • 神秘の代行者 アース
  • 朱光の宣告者
  • 紫光の宣告者
  • 緑光の宣告者
  • 異次元の精霊
  • 天輪の葬送士 etc.



各テーマの核となるモンスターから、返し札の《時械巫女》。カウンターで撃ち漏らした際の保険として。あとはもう宣告者ですね。《イーバ》からその内2色を手にすれば《ハーピィの羽根帚》と《拮抗勝負》をケアなんて具合に立ち回れます。ガバ伏せに死を告げる《励輝士 ヴェルズビュート》や《ブラック・ローズ・ドラゴン》も同様に。


以上、天使族の新たなサーチャー《イーバ》の話でした。ではまた!