ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【アマリリス・コントロール】

f:id:girudoya:20150812210917j:plain



▼『根付く炎属性』

とあるデッキを振り返ってみると、いつの間にやら恩恵を受けている。どうなってんねん。あると思います。今回は『DIMENSION OF CHAOS』より《森羅の姫芽宮》《業炎のバリア -ファイヤー・フォース-》を獲得した【アマリリス・コントロール】をピックアップしていきます。なぜか好きでね。アマリリス




f:id:girudoya:20150812210922j:plain


f:id:girudoya:20150812210926j:plain



【アマリリス・コントロール】

フェニキシアン・クラスター・アマリリス×3
森羅の仙樹 レギア×3
薔薇の聖騎士×3
イービル・ソーン×3
スポーア
ダンディライオン
フェニキシアン・シード
ローンファイア・ブロッサム×3

増援
炎王炎環×3
ワン・フォー・ワン
死者蘇生
おろかな埋葬
貪欲な壺
森羅の施し×3
トレード・イン×3
ハーピィの羽根帚

破壊輪
業炎のバリア -ファイヤー・フォース-×3
激流葬×3

【 エクストラデッキ 】
森羅の姫芽宮
空海竜リヴァイエール
ラヴァルバル・チェイン
竜騎士フェルグラント
聖刻神龍-エネアード
フォーミュラ・シンクロン
たつのこ
アームズ・エイド
TG ハイパー・ライブラリアン
獣神ヴァルカン
ブラック・ローズ・ドラゴン
幻竜星-チョウホウ
氷結界の龍 トリシューラ
神樹の守護獣-牙王
星態龍



▼『序章』

まず、【アマリリス・コントロール】とは墓地の植物族を除外する事で幾度となく蘇る《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》を軸としたデッキ。自己蘇生する炎属性の繋がりで《炎王炎環》とのシナジーを形成する事でも有名です。



f:id:girudoya:20150812210933j:plain


《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》は自壊も含め破壊される度に800バーンを与える事からビートバーン的性質が特徴で、エクストラデッキから繰り出す選択肢は《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》を素材とする安価なランク8、《イービル・ソーン》から成るランク1、植物エンジン(ダンディ×スポーア)からのシンクロモンスターとなっています。





▼『新参』

ライフに焦点を当てた《業炎のバリア -ファイヤー・フォース-》が加入する事で、《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》の800バーンのゲームに与える影響力が増大。ライフが減るにつれ相手の行動の選択肢も削られていく事になってきます。例えば、800バーンを気にして《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》を倒せなくなるといった波及です。



墓地の植物族の分だけ自己蘇生を叶える《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》。用意できる植物族の数は、そのまま手数に直結してきます。そこに寄与してくるのがワールドプレミア《森羅の姫芽宮》の存在感。



f:id:girudoya:20150812211147j:plain


これまで【アマリリス・コントロール】が植物数を稼ぐ手法として、『ロンファ⇒ロンファ⇒ロンファ⇒イービルソーン⇒分裂⇒イービルソーン&イービルソーン⇒ランク1』とするルートがありました。計6枚の植物は《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》自己蘇生の肥やしとなる展開です。



そこに《森羅の姫芽宮》の追加。まず、彼女自身が植物族なのでシンプルにプラス1。そして2つの効果がどちらも秀逸。まず、森羅特有の墓地肥やしは更なる植物族を得られる可能性があり、ハズレたとしてもスペル獲得となれば使っていく他ありません。《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》が落ちようものなら先祖に感謝の供物を用意したくなる程。



《森羅の姫芽宮》のもうひとつの効果は、手札の植物族を切って墓地の森羅を蘇生する効果です。素引きした《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》を墓地に送り込みつつ展開できるので、例えば『ロンファ⇒ロンファ⇒ロンファ⇒イービルソーン⇒分裂⇒イービルソーン&イービルソーン⇒森羅の姫芽宮』



そこから《森羅の姫芽宮》の効果で、デッキトップを墓地に送り《森羅の仙樹 レギア》が落ちた場合。《森羅の仙樹 レギア》のデッキトップ入れ換えにより植物族を乗せつつ、《森羅の姫芽宮》により《森羅の仙樹 レギア》を蘇生⇒1ドローと動くことができます。



f:id:girudoya:20150812211217j:plain


この時、手札または《森羅の仙樹 レギア》で確認した3枚の中に《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》が含まれていた場合、《ローンファイア・ブロッサム》から『森羅の姫芽宮+森羅の仙樹 レギア+フェニキシアン・クラスター・アマリリス』を並べられる事になってきます。



これまでの懸念事項だった素引きした《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》を《トレード・イン》ならずとも《森羅の姫芽宮》でスマートに墓地に送れるのが有り難い限りです。





▼『支柱』

f:id:girudoya:20150812212139j:plain


主柱とある大型植物族モンスターのサポート役として《薔薇の聖騎士》が便利極まる存在です。彼は《トレード・イン》《森羅の施し》の相方を揃え、攻守1800以下のモンスターを狩れば《ローンファイア・ブロッサム》をリクルートできます。どうしたって強い。《森羅の施し》は重なった《イービル・ソーン》をデッキに埋め円滑な運用を叶える為のパーツでもあります。手札調整及び始動に関わる《薔薇の聖騎士》とにかく便利。エリート感ある。





▼『数枚の変化』

【アマリリス・コントロール】における

  • 《森羅の姫芽宮》
  • 《業炎のバリア -ファイヤー・フォース-》


劇的な影響や基盤をひっくり返すようなシナジーとは違いますが、できる事が増えたり、方向性がより明確になる変化は面白く感じます。《魔法の筒》と《業炎のバリア -ファイヤー・フォース-》を選べるというのは、ある種の幸福の形です。ちょっとよくわかんないけど、たぶん。





▼『次回構想』

世界大会予想をブチ上げる!(現在ノープラン)