ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ゴッドアイズ】

f:id:girudoya:20180528205233j:plain


可能性の竜



戦士族の「《ゴッドオーガス》+《真紅眼の黒竜》」で《真紅眼の黒刃竜》を融合召喚できるって、マジ・オブ・ザ・マジ!?







■「マジです。」



f:id:girudoya:20180528205256j:plain

f:id:girudoya:20180528205311j:plain


■【ゴッドアイズ・スラッシュドラゴン】

ゴッドオーガス
魔晶龍ジルドラス
真紅眼の黒竜×2
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン
ダーク・アームド・ドラゴン
黒鋼竜×3
ハイバネーション・ドラゴン×3
デフラドラグーン×3
デブリ・ドラゴン×3
伝説の黒石×3
星杯の守護竜×3
霊廟の守護者

おろかな埋葬
竜の霊廟×3
レッドアイズ・インサイト×3
真紅眼融合×3
ワン・フォー・ワン
死者蘇生

レッドアイズ・スピリッツ×3
鎖付き真紅眼牙

【 エクストラデッキ 】
撃滅龍 ダーク・アームド
転生竜サンサーラ
リンクリボー
サクリファイス・アニマ
ツイン・トライアングル・ドラゴン×2
天球の聖刻印
サモン・ソーサレス
マズルフラッシュ・ドラゴン
ヴァレルガード・ドラゴン
ヴァレルソード・ドラゴン
ヴァレルロード・ドラゴン
闇鋼龍 ダークネスメタル
真紅眼の黒刃竜
流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン


《ゴッドオーガス》


f:id:girudoya:20180528205344j:plain


サイコロ界の風雲児《ゴッドオーガス》を《真紅眼の黒刃竜》の融合素材とする事で装備→君臨させるデッキです。振っていきましょう。サイコロを。



基盤は【レッドアイズ】なので、《レッドアイズ・インサイト》や《黒鋼竜》によるレッドアイズサーチ、《真紅眼融合》が叶えるデッキ融合、そして完全蘇生罠カード《レッドアイズ・スピリッツ》による《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》の蘇生を軸としています。



融合素材として《ゴッドオーガス》の他にも《魔晶龍ジルドラス》を仕込む事で、魔法罠除去を牽制しつつ《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》を融合できるようになってます。何事も選べた方がいいのはホント。



f:id:girudoya:20180528205439j:plain




《ツイン・トライアングル・ドラゴン》


新たに加入したカードは「COLLECTORS PACK 2018」で、しれっと登場した《ハイバネーション・ドラゴン》



f:id:girudoya:20180528205530j:plain



《ハイバネーション・ドラゴン》の効果は、「召喚時に墓地のレベル4以下のドラゴン族をサルベージ」、また墓地から自身を除外する事で「闇属性のドラゴン族リンクモンスターを蘇生する」というアドバンテージの権化です。



《ハイバネーション・ドラゴン》でサルベージするドラゴン族は、手札から特殊召喚できる《デフラドラグーン》だったり、防御的な手札誘発として機能する《星杯の守護竜》《真紅眼の遡刻竜》、手札からレッドアイズに装備可能な《黒鋼竜》が選択肢です。



f:id:girudoya:20180528205607j:plain



レベル3である《ハイバネーション・ドラゴン》は《ツイン・トライアングル・ドラゴン》のリンク素材としても活用でき、その効果でレベル5以上のモンスターをドラゴン族を蘇生する事で、一気に《サモン・ソーサレス》のリンク召喚まで漕ぎ着ける事が可能です。これホント強い。



そこから《サモン・ソーサレス》で《黒鋼竜》を引っ張り出して、《サクリファイス・アニマ》に置換する事で《闇鋼龍 ダークネスメタル》のリンク召喚が視野となります。


墓地起動で除外した「《ハイバネーション・ドラゴン》《星杯の守護竜》《魔晶龍ジルドラス》」を《闇鋼龍 ダークネスメタル》で帰還させると非常においしい。




派生形として、リンク先にモンスターが出る事を牽制する《マズルフラッシュ・ドラゴン》をメインモンスターゾーンの中央に配置する事で、相手がエクストラモンスターゾーンに出したモンスターを爆破します。


《マズルフラッシュ・ドラゴン》のリンク召喚はドラゴン族でリンク3を用意すればいいので、《ツイン・トライアングル・ドラゴン》を絡めて狙える戦術の1つです。



ヴァレルの群れ


【レッドアイズ】の強味は、何と言ってもアクセス豊富な《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》によるドラゴン族の蘇生です。そこに「ヴァレル」リンクモンスター群を合わせ、幾度も蘇生する事で盤面を掌握。



f:id:girudoya:20180528205834j:plain



ヴァレル達は蘇生しても効果を使えるのが強味で、例えば、魔法罠と引き換えにモンスターを蘇生できる《ヴァレルガード・ドラゴン》は装備能力を持つ《黒鋼竜》や《真紅眼の黒刃竜》《鎖付き真紅眼牙》と相性抜群。実質無料で蘇生効果を使っていけます。



ヴァレル達は《ハイバネーション・ドラゴン》で蘇生できる「闇属性・ドラゴン族のリンクモンスター」である事も大きなポイントです。困ったら奪取能力を持つ《ヴァレルロード・ドラゴン》に丸投げしときましょう。




そんな頼れるリンク4であるヴァレル達に向かう上で、蘇生効果を活かしてリンク値を稼ぐ《ツイン・トライアングル・ドラゴン》が絡むと助かるので、《ツイン・トライアングル・ドラゴン》のリンク条件である「レベル4以下のドラゴン族×2」を並べる手段として《デブリ・ドラゴン》を久方ぶりに採用。



《デブリ・ドラゴン》の釣り上げ先は「《伝説の黒石》《星杯の守護竜》《霊廟の守護者》」を《竜の霊廟》で用意。《デフラドラグーン》を特殊召喚する際に手札から捨てても可です。



f:id:girudoya:20180528210027j:plain



《竜の霊廟》はバニラである《真紅眼の黒竜》経由する事で、《星杯の守護竜》の蘇生先を確保できて万々歳。緋村抜刀斎。




《撃滅龍 ダーク・アームド》


最後にヴァレルのリンク召喚に向かう上で墓地闇が貯まるので、簡易エクシーズ召喚に墓地闇5が必要となる《撃滅龍 ダーク・アームド》が視野となります。



f:id:girudoya:20180528210111j:plain



《撃滅龍 ダーク・アームド》の素材となる「レベル5以上の闇属性・ドラゴン族」は、レッドアイズ達や、《デブリ・ドラゴン》からの《転生竜 サンサーラ》が化けるって寸法です。《転生竜 サンサーラ》は《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》で繰り返し使える万能蘇生カード。



サイコロ界の偉大なる巨匠《ゴッドオーガス》を蘇生する手段でもあるので意外と大切な枠。あるよね。そういうの。



と言う訳で、以上、新しいカードを盛り込んだ【ゴッドアイズ】でした。《真紅眼融合》で《ゴッドオーガス》を見せる瞬間が完全に最高潮




ではまた!