ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ネフィリム】

f:id:girudoya:20180315083228j:plain


禁止解除組について



《エルシャドール・ネフィリム》



f:id:girudoya:20180315083251j:plain



ついに帰って来た《エルシャドール・ネフィリム》。これで幼体とも言える《シャドール・ネフィリム》から大人の階段を昇れるようになりました。



その功績と共に彼女の事を振り返ってみます。



《エルシャドール・ネフィリム》が最前線に居た当時、光属性を素材として扱える事で大きく2つのアーキタイプが存在していました。


《エクリプス・ワイバーン》からの《ダーク・アームド・ドラゴン》を有する【白黒シャドール】、悪名高いセプスロエンジンを積んだ【光天使シャドール】です。狙ったように《ダーク・アームド・ドラゴン》は準制限に緩和されましたからね。成るべくして成った環境トップでした。


そして、光と闇の狭間より顕現する《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》は、ミラーマッチにおいて裏守備や融合体を次元の彼方へと追いやる化物。



《影依融合》によるデッキ融合がある都合、光属性モンスター達の評価も様変わりし、《超電磁タートル》高騰も強い記憶。亀さんはミラーマッチにおいて《超融合》によるワンキルを防いだり、リバースモンスターを守り反転召喚に繫げたりと安心感の塊でした。



《エルシャドール・ネフィリム》自身の能力は、「特殊召喚時の墓地肥やし」、「特殊召喚されたモンスターとの戦闘で一方的に破壊」、「サルベージ」というもの。


【シャドール】融合体の中で唯一の突破戦力であり、顕現する為に墓地にモンスター10体を擁する《究極時械神セフィロン》による《エルシャドール・ネフィリム》のゾンビ化さえ選択肢にあった程。《貪欲な壺》も秒で撃てました。今なら《円融魔術》からの《クインテット・マジシャン》で決まり。



また、「アーティファクト」、セプスロからの《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》等が天使族だった事もあり、《大天使クリスティア》の導入可能。ミラーメタを意識した《融合解除》は時に自らの大天使を降臨させ、特殊封殺としての機能さえ担うようになります。



常々《エルシャドール・ネフィリム》の存在感たるやって感じでした。《マスマティシャン》からの《ライトロード・アーチャー フェリス》で《アーカナイト・マジシャン》をシンクロ召喚。盤面を荒らした挙げ句、《エルシャドール・ネフィリム》の融合素材として活用。これは《励輝士 ヴェルズビュート》等も同様です。


《月華竜 ブラック・ローズ》に《エフェクト・ヴェーラー》が飛んで来た際にチェーン《神の写し身との接触》で無効から逃しつつ融合と動けたのも強かったです。


サイドインした「《ライトロード・ハンター ライコウ》《ライトロード・マジシャン ライラ》《ライオウ》」が姿を変えるのも、これまた秀逸。






そして、時を経た現在。

光属性の可能性は広がっています。広がり続けています。


デッキ融合の都合、墓地で機能するモンスターが好ましいので、「《イーバ》《時械巫女》《妖精伝姫-シラユキ》《Emトリック・クラウン》《Emダメージ・ジャグラー》《星杯の妖精リース》《破壊剣士の伴竜》《太古の白石》《アークブレイブドラゴン》《ミラー・リゾネーター》《サイバー・ドラゴン・コア》《光竜星-リフン》《クリアクリボー》」‥


《ブリリアント・フュージョン》→《ジェムナイト・セラフィ》の素材にしておいしい光属性達でもありますね。《曙光の騎士》のwikiに載ってるので是非。



総合的に《ワイトプリンセス》は光属性という事で、まとめとしたいと思います。




ではまた!