ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【新制限デッキ1】

f:id:girudoya:20180314175341j:plain


《貪欲な壺》規制解除


【墓守猫】におけるリソース回復を担っていた《貪欲な壺》。シンクロ召喚の猛威を凌ぎ、耐えた‥と思った矢先に飛んでくる《貪欲な壺》は本当に決定的でした。


デッキ内のリソースで動く《レスキューキャット》や《墓守の偵察者》等が主体でしたからね。現在は猫にゃんのエラッタによりアーキタイプは消滅しましたが、熾烈そのものだったデッキパワーの記憶が色褪せる事はありません。





そして、この春から《貪欲な壺》が3枚となります。いざ使うとなれば、墓地にモンスター5枚が貯まりやすいデッキがいいなぁという事で、乗っける系エクシーズの金字塔にライドオン。




■《カトブレパスと運命の魔女》



f:id:girudoya:20180314172421j:plain

f:id:girudoya:20180314175402j:plain


■【運命の魔女と爬虫類】

カトブレパスと運命の魔女×3
カメンレオン×3
蛇神ゲー×3
邪龍アナンタ×3
影星軌道兵器ハイドランダー×3
十二獣サラブレード×3
十二獣ヴァイパー×3
十二獣モルモラット
十二獣ラム

炎舞-「天璣」×3
貪欲な壺×3
ソウル・チャージ

十二獣の方合
地霊術-「鉄」×3
魂の綱×3
迷い風×3

【 エクストラデッキ 】
キングレムリン
恐牙狼 ダイヤウルフ
ダイガスタ・エメラル
十二獣タイグリス×2
十二獣ハマーコング×2
十二獣ライカ×2
十二獣ワイルドボウ×2
スクラップ・ドラゴン
ミセス・レディエント
小法師ヒダルマー
サモン・ソーサレス


魔女と爬虫類


主役、《カトブレパスと運命の魔女》



f:id:girudoya:20180314175424j:plain



"相手がモンスターを特殊召喚した時に墓地の「攻撃力?」モンスターを除外する事で破壊する"という効果を持っています。


しれっと《ソウル・チャージ》の5体蘇生も吹っ飛ばせるという強裁定を貰っていて、実質ノーコストな上に「ターン制限がない」という仕上がりです。特殊召喚を睨みまくる存在。



構築段階から「攻撃力?」のモンスターが必要となるので、《百万喰らいのグラットン》等が扱いやすいですが、墓地に貯まりやすい方が好ましいという事でピックアップしたのが【十二獣】。エクシーズの個体達が「攻撃力?」なので、《カトブレパスと運命の魔女》の弾として最適です。



墓地に様々なモンスターが貯まる&墓地調整が効くのが【十二獣】の長所なので、《影星軌道兵器ハイドランダー》《貪欲な壺》も入れてお祭り騒ぎ。




共通項


《カトブレパスと運命の魔女》と十二獣のステータスにおける共通項は、「地属性」・「守備力0(《十二獣サラブレード》《十二獣モルモラット》)」という点。



f:id:girudoya:20180314175445j:plain



《地霊術-「鉄」》や《カメンレオン》による蘇生に対応しています。《キングレムリン》からサーチが効く爬虫類にも「攻撃力?」モンスターである「《蛇神ゲー》《邪龍アナンタ》」が控えていて、《邪龍アナンタ》はフィールドのカードを破壊できる万能カードです。



例えば、《邪龍アナンタ》で《十二獣ラム》を破壊。それをトリガーとして《命の綱》を発動。デッキからレベル4モンスターを特殊召喚できるので《カトブレパスと運命の魔女》を展開と動けたりします。



そして、地属性の由縁を活かして《ミセス・レディエント》で《カトブレパスと運命の魔女》と十二獣を強化しながらビートダウンが理想的。十二獣は《小法師ヒダルマー》のリンク素材にも使えるので、《サモン・ソーサレス》的に獣戦士族である《小法師ヒダルマー》は助かる枠です。



また、《小法師ヒダルマー》は戦闘破壊を達成すると墓地のビーストをサルベージできるので、戦闘サポート兼《影星軌道兵器ハイドランダー》で落ちておいしい《迷い風》をチラリ。



「攻撃力?」モンスターが登場する度に可能性が広がる《カトブレパスと運命の魔女》の記録をここに。




ではまた!