ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ヴァンパイア】

f:id:girudoya:20180228170256j:plain


《ダウンビート》と《トランスターン》


アンデット族。【ヴァンパイア】含めて《ユニゾンビ》《ゴブリンゾンビ》といった主要パーツはレベルが異なるものの「闇属性・アンデット族」で纏まっているので、そこを活かしてデッキから特殊召喚できる「《ダウンビート》《トランスターン》」から一気にリンク召喚に向かうデッキになってます。


「《ゴブリンゾンビ》+《ダウンビート》」→デッキから《ユニゾンビ》特殊召喚&アンデット族サーチ的な雰囲気。




■【ヴァンパイア】



f:id:girudoya:20180228165657j:plain

f:id:girudoya:20180228165701j:plain


■【リンク・ヴァンパイア】

ヴァンパイアの使い魔×3
ヴァンパイアの眷属×3
ゴブリンゾンビ×3
馬頭鬼×3
ゾンビキャリア
ユニゾンビ×3
不知火の隠者×3
夢幻崩界イヴリース
幻獣機オライオン
グローアップ・バルブ
BF-朧影のゴウフウ
トーチ・ゴーレム×2

ダウンビート×3
トランスターン×3
おろかな埋葬
死者蘇生
ソウル・チャージ
異次元からの埋葬×3
闇の誘惑×3
ワン・フォー・ワン
ヴァンパイアの領域

ヴァンパイアの支配

【 エクストラデッキ 】
トロイメア・マーメイド
リンクリボー
ヴァンパイア・サッカー
アカシック・マジシャン
セキュリティ・ドラゴン
トロイメア・ケルベロス
トロイメア・ゴブリン
トロイメア・フェニックス
水晶機巧-ハリファイバー
サモン・ソーサレス
トライゲート・ウィザード
トロイメア・ユニコーン
トロイメア・グリフォン
ファイアウォール・ドラゴン
鎖龍蛇-スカルデット


ヴァンパイア


  • 《ヴァンパイアの使い魔》
  • 《ヴァンパイアの眷属》


f:id:girudoya:20180228170652j:plain


共に場に出た際のヴァンパイアサーチに加えて自己蘇生能力を備えています。アドバンテージ的に各種素材として使い勝手がいいモンスター。


そこに従来のアンデット族の強味である《ファイアウォール・ドラゴン》を起点とする《ゴブリンゾンビ》&《馬頭鬼》からの連続リンク召喚を搭載。


お馴染み《水晶機巧-ハリファイバー》→《サモン・ソーサレス》→《ファイアウォール・ドラゴン》からぐるぐるナインティナインで、最終的に放つ《異次元からの埋葬》でゴチになります。《サモン・ソーサレス》から《ゴブリンゾンビ》を確保できるのがリンク召喚的に偉大です。



f:id:girudoya:20180228170517j:plain



展開の途中で《ヴァンパイアの眷属》からサーチし、ヴァンパイア自己蘇生の為に捨てた万能カウンタートラップ《ヴァンパイアの支配》を《トロイメア・グリフォン》で墓地からセットする事でドヤれます。


もう1枚のヴァンパイアスペルは《ヴァンパイアの領域》で、二重召喚+ヴァンパイアの自己蘇生コストとなる事で一気に手数を増やせる故の起用です。



「《ヴァンパイアの使い魔》《ヴァンパイアの眷属》」が自己蘇生持ちなので、「《闇の誘惑》+《異次元からの埋葬》」で上手いこと手数を増やせたり、《アカシック・マジシャン》の墓地肥やしを《ゾンビキャリア》で確定落ち演出にできるのが素敵やん紳助兄やん。



「《夢幻崩界イヴリース》《幻獣機オライオン》」といったコンボパーツをデッキに戻せるのも《ゾンビキャリア》の仕事ですね。むしろデッキトップ固定は《グローアップ・バルブ》と合わせて宇宙を想像でき、LV1の至宝《ワン・フォー・ワン》は《ヴァンパイアの使い魔》にも対応しているカードとなっています。






今回はリンク召喚軸のぐるぐるナインティナインだったので、次は《不知火流 燕の太刀》と《ヴァンパイアの支配》による除去&カウンターというコントロールチックな【ヴァンパイア】にしたいなぁと企んでます。



ではまた!