ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【エレメントセイバー】

f:id:girudoya:20171227214720j:plain



■ 1月13日「FLAMES OF DESTRUCTION」



晴天の霹靂。まさかの【霊神】テーマ化の報を受け、我々調査団は真相を明らかにすべく現地へと向かうのだった‥。






霊神だお


まず、「霊神」についてザックリ。墓地に同属性モンスターが5体の場合に特殊召喚でき、その身に禁止カードの効果を纏っているレベル8モンスター達です。



f:id:girudoya:20171227220043j:plain

f:id:girudoya:20171227220046j:plain


【水精鱗】の切り札であり《いたずら好きな双子悪魔》を放つ絶望《氷霊神ムーラングレイス》。


【ラヴァル】や《究極進化薬》等で活躍、生ける《破壊輪》こと《炎霊神パイロレクス》。


ソリティアの化身としてエラッタが施された裏遊戯王《地霊神グランソイル》。


《ハーピィの羽根帚》内蔵ながら限りなく存在感の薄い《風霊神ウィンドローズ》。薄味だけど《ハーピィの羽根吹雪》《ゴッドバードアタック》等に対応していて好きです。



これら霊神は場を離れると次の自分ターンのバトルフェイズがスキップされますが、かつての【水精鱗】は《アクセル・シンクロン》で《スチーム・シンクロン》を墓地へ送りランク8の礎を築き、霊神をエクシーズ素材とする事でデメリットを回避していました。


バトルフェイズの可否は《海皇の狙撃兵》然り 、《水精鱗-メガロアビス》然り、ゲームを決める要素なので捨て置けない部分。



とまぁ、霊神は環境にもちょくちょく顔を出してる大振りなパワーカード達。そして、年明けのパック「FLAMES OF DESTRUCTION」にて光属性「霊神」の登場です。




《光霊神フォスオラージュ》


f:id:girudoya:20171227215428j:plain


《光霊神フォスオラージュ》
星8 光 天使族/特殊召喚 2800/2200 スーパーレア
このカードは通常召喚できない。自分の墓地の光属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
②:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合、次の自分ターンのバトルフェイズをスキップする。



顕現時に《サンダー・ボルト》を放つ《光霊神フォスオラージュ》。光属性の天使族なので《サイバー・エンジェル-弁天-》からサーチして降臨させたり、《光の召集》で墓地調整をしながら投下というイメージです。


隠し玉的に光属性テーマの【おジャマ、トリックスター、ホープ、テラナイト、ギャラクシー】辺りから降って来たら怖そう。特にエクシーズは乗せるだけなので、らくらく墓地に光を貯めて《光霊神フォスオラージュ》を呼べます。



そして、本題。そんな霊神達を束ね操る存在【エレメントセイバー】が現れます。



【エレメントセイバー】とは



f:id:girudoya:20171227214937j:plain


  • 《エレメントセイバー・ラパウィラ》
  • 《エレメントセイバー・マロー》
  • 《エレメントセイバー・ウィラード》
  • 《エレメントセイバー・マカニ》


エレメントセイバーは「戦士族」で統一されており、その最大の特徴が


(2):このカードが墓地に存在する場合、1ターンに1度、属性を1つ宣言して発動できる。墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる。



という墓地での"属性変化"。これを【エレメントセイバー】は共通効果として持っており墓地調整を行う事で、各属性の霊神を狙えるテーマに仕上がってます。


また、エレメントの戦士達には手札を捨てる事で発揮する能力が備わっており、それぞれ

  • 「手札から特殊召喚」
  • 「エレメント又は霊神サーチ」
  • 「エレメント又は霊神を墓地へ送る」
  • 「魔法罠を発動無効」


と、手札コストを要するものの使い易いラインナップが揃ってます。いい感じです。


そこに加えて《霊神統一》(エレメンタル・トレーニング)というエレメントセイバー版の《スワローズ・ネスト》のような永続罠があるので、状況に即したエレメントの戦士をデッキからリクルート。戦線を繋ぐと同時に墓地を蓄えていきます。そんなん便利やん。




フィールド魔法《霊神の聖殿》



近代遊戯王におけるテーマの象徴「フィールド魔法」。【エレメントセイバー】も例に漏れず必須アイテムです。



《霊神の聖殿》
フィールド魔法
(1):自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、自分の墓地のモンスターの属性の種類×200アップする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。デッキから「エレメントセイバー」モンスター1体を手札に加える。その後、次の自分ターンのバトルフェイズをスキップする。
(3):1ターンに1度、自分の手札・フィールドの「エレメントセイバー」モンスターが効果を発動するために手札を墓地へ送る場合、代わりにデッキの「エレメントセイバー」モンスターを墓地へ送る事ができる。



■《霊神の聖殿》



メリット効果3つ。なんぞこれ‥

  • 墓地の属性×200攻守アップ
  • バトルフェイズと引き換えにエレメントサーチ
  • エレメント起動に必要な手札コストをデッキからOKにする



神属性込で攻守1400アップ(しかもエレメント以外のモンスターも強くなる)、エレメントサーチ、エレメント達のコスト踏み倒しどころか墓地肥やし。


【エレメントセイバー】は墓地で属性を変えられるのが強味であり、伸びしろがたっぷりある部分なので墓地肥やしを兼ねる《霊神の聖殿》は噛み合いまくり。


とにかく【召喚獣】等の「墓地の属性を参照するカード」と【エレメントセイバー】で遊び倒したいところです。ザッと挙げてみると‥


  • 《召喚魔術》
  • 《星邪の神喰》
  • 《ダーク・シムルグ》
  • 《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
  • 《カオス・ソルジャー -宵闇の使者-》
  • 《混沌帝龍 -終焉の使者-》
  • 《ダーク・クリエイター》
  • 《ダーク・ネフティス》
  • 《ダーク・アームド・ドラゴン》
  • 《ライトパルサー・ドラゴン》
  • 《ダークフレア・ドラゴン》
  • 《速攻の黒い忍者》
  • 《輝白竜 ワイバースター》
  • 《暗黒竜 コラプサーペント》
  • 《霊魂の護送船》
  • 《ライトレイ ダイダロス》
  • 《ライトレイ ギア・フリード》
  • 《ブロックドラゴン》
  • 《サルベージ》
  • 《忍び寄る闇》
  • 《フィッシュボーグ-ランチャー》
  • 《炎王炎環》
  • 《氷炎の双竜》
  • 《ミラクル・フュージョン》
  • 《焔征竜-ブラスター》他
  • 《インフェルノ》他
  • 《ガルドスの羽根ペン》
  • 《デザート・ツイスター》etc.






f:id:girudoya:20171227215120j:plain


とにかくもう《氷炎の双竜》とか、めっちゃ格好よくないですか。あと《氷炎の双竜》も格好いいし、それに《氷炎の双竜》も格好いいですね。


よく見るとそうでもないな‥。雰囲気イケメンみたいな雰囲気はある。



はい。そんな訳で【エレメントセイバー】の話でした。《霊神の聖殿》で攻撃力4400になった《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》の連撃喰らったら昇天しちゃいます。



ではまた!