ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【沼地のドロゴン】

f:id:girudoya:20171011215330j:plain


プロモーションパック2017


困ったらカップ麺に頼る。

現実も遊戯王も同じです。



《沼地のドロゴン》
融合モンスター
星4/水属性/幻竜族/攻1900/守1600
同じ属性で種族が異なるモンスター×2
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカード及びこのカードと同じ属性を持つフィールドのモンスターを効果の対象にできない。
(2):1ターンに1度、属性を1つ宣言して発動できる。このカードはターン終了時まで宣言した属性になる。この効果は相手ターンでも発動できる。




到来


ついに来たかぁという印象の《沼地のドロゴン》。こちとら生粋の《簡易融合》フリークなので、万能属性となる《沼地のドロゴン》は革命そのもの。これまで出来なかった事が叶うようになりました。



まず、《簡易融合》の選択肢に無かった「光属性・レベル4モンスター」としてカウントできる点。


エクシーズ召喚に持ち入れば《武神帝-ツクヨミ》《セイクリッド・オメガ》《輝光子パラディオス》《SNo.39 希望皇ホープONE》等の素材として運用でき、シンクロなら《ライトロード・アーク ミカエル》が汎用的。


《沼地のドロゴン》は全属性となれるので、属性融合に選択肢がある【ヒーロー、シャドール、召喚獣】は柔軟に対応できちゃいます。《影依の原核》みたいな働きですね。真竜皇の破壊先としても属性を選べるのは面白そう。


《沼地のドロゴン》がいる限り自軍に対象耐性を与えられるので、《エフェクト・ヴェーラー》ケアというか全員が《Kozmo-ダークシミター》的な耐性を得る。そんなんもう強い。




そして、《沼地のドロゴン》の種族は幻竜族という希少性。《輝竜星-ショウフク》のシンクロ素材として、時には《幽麗なる幻滝》のドロー素材として活用と頼もしい。属性をイジって《ダウンビート》《トランスターン》すれば幻竜族のリクル範囲拡大です。



《沼地のドロゴン》は融合素材が「同じ属性で種族が異なるモンスター×2」なので《未来融合-フューチャー・フュージョン》《超融合》の使い道も広がりまくり。《ライオウ》と《星守の騎士 プトレマイオス》を吸うみたいな事件が起き得る訳です。


今年で1番欲しいカードな気がする。《沼地のドロゴン》。《簡易融合》が好きなだけっちゃあ、好きなだけ。


ではまた!