ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ヴェンデット】

f:id:girudoya:20170828220254j:plain


ヴェンデットの話


「EXTRA PACK 2017」

収録されるテーマカードは僅か5枚ですが形になってます!



f:id:girudoya:20170828220307j:plain


■【ヴェンデット】

リヴェンデット・スレイヤー×3
ヴェンデット・ヘルハウンド×3
ヴェンデット・レヴナント×3
ユニゾンビ×3
不知火の隠者×3
不知火の宮司
馬頭鬼×3

トランスターン×3
ソウル・チャージ
リヴェンデット・ボーン×3
儀式の下準備×3
儀式の準備×2
手札抹殺
闇の誘惑×3
封印の黄金櫃×3
異次元からの埋葬×2

【 エクストラデッキ 】
炎神-不知火
戦神-不知火
PSYフレームロード・Ω etc.



ヴェンデットとは


儀式召喚を主体とするアンデット族・闇属性テーマで、アメリカンコミックのダークヒーロー的な姿が特徴的。都市に佇む、不遇のナニカ。



f:id:girudoya:20170828220744j:plain



遊戯王WIKIによると、元ネタになっているのは「スポーン」というアメコミキャラだとか。


あちらのお国のフェイスブックの記事には、『不法に傷つけられた《リヴェンデット・スレイヤー》は、儀式のために生贄にしたヴェンデットに依存しており、彼らの亡霊により追加効果を得る』とあり、その姿がテーマの動きに反映されています。




何するテーマやねん


はい。と言う事で、儀式を経てアンデットになってしまった境遇に思いを馳せながら【ヴェンデット】の実務的な動きに入って行きましょう。とりあえず、手を合わせるなり、十字を切るなりしておけばいいんじゃないでしょうか。



まずは、看板の儀式モンスター《リヴェンデット・スレイヤー》。レベル6なので《儀式の準備》対応で万歳ハッピーラッキー。



f:id:girudoya:20170828220254j:plain



《リヴェンデット・スレイヤー》の能力は2つあり、墓地のアンデットを除外して攻撃力300アップ。僅かですが永続強化なので、2400から徐々に強くなっていけます。また、倒されても儀式魔法サーチ&ヴェンデット版《おろかな埋葬》があるので、アンデットよろしく蘇ってきます。怖いですね。ちびっこは夜トイレに行けなくなっちゃうぞ。



ただ、《リヴェンデット・スレイヤー》だけでは現代遊戯王の荒波というか津波っぷりに抗えませんが、【ヴェンデット】の下級モンスター達が儀式魔人ばりの付加効果を持ってるんです。

  • 《ヴェンデット・レヴナント》
  • 《ヴェンデット・ヘルハウンド》



f:id:girudoya:20170828220754j:plain



それぞれアンデットらしい自己蘇生効果を持ち、フィールドの彼等を儀式に使った場合、《リヴェンデット・スレイヤー》が得る能力は《コズミック・サイクロン》、そして特殊召喚されたモンスターに対するフリーチェーンの《ブラック・コア》です。


つまり、各ターンにおいて前後のカードを除外する化け物儀式モンスターとなる訳です。運用の感覚としては《ロード・オブ・ザ・レッド》が近いと思います。



そんでもって、忘れちゃならない肝心要の儀式魔法《リヴェンデット・ボーン》が出鱈目に強い。書いてある事は「《影霊衣の降魔鏡》+《影霊衣の反魂術》+《復活の福音》の墓地効果」という意味不明な仕上がりになってます。



f:id:girudoya:20170828220858j:plain



墓地の《リヴェンデット・スレイヤー》も出せるので、《手札抹殺》やら《闇の誘惑》→《異次元からの埋葬》《PSYフレームロード・Ω》等で墓地に送った《リヴェンデット・スレイヤー》をそのままホイ。



ちゃっかり《リヴェンデット・ボーン》には《リヴェンデット・スレイヤー》の呼称も入ってるので、《儀式の下準備》に対応していて至れり尽くせり。儀式モンスター《リヴェンデット・スレイヤー》、儀式魔法《リヴェンデット・ボーン》共に墓地のアンデットを除外できるので【不知火】のトリガーとしても使えます。



最後に罠カードの《ヴェンデット・リボーン》は、相手モンスターをリリースして同レベルのトークンをこちらの場に出すという、交換比率で言ったら優秀な除去もあります。ただ直接儀式召喚とは絡まないので、要検討かなと。



理想



f:id:girudoya:20170828221046j:plain



【ヴェンデット】の理想の動きを追うと


《リヴェンデット・ボーン》で場の《ヴェンデット・レヴナント》《ヴェンデット・ヘルハウンド》をリリースして、《リヴェンデット・スレイヤー》を儀式召喚。


これでフリーチェーンの《ブラック・コア》と《コズミック・サイクロン》を擁し、攻撃力が上がり続ける破壊耐性持ちの《リヴェンデット・スレイヤー》が顕現します。


課題は《ヴェンデット・レヴナント》《ヴェンデット・ヘルハウンド》を場に揃えるという部分。解決できるパターンとしては、こんな感じ。


  • 《ヴェンデット・ヘルハウンド》
  • 《トランスターン》
  • 《儀式の下準備》



《トランスターン》で《ヴェンデット・ヘルハウンド》を《ヴェンデット・レヴナント》に置換。


《儀式の下準備》で両カードを揃えて、墓地の《ヴェンデット・ヘルハウンド》の自己蘇生効果を発動。ここの手札コストに《リヴェンデット・スレイヤー》を使っても《リヴェンデット・ボーン》は墓地から儀式を出せるので、場のヴェンデット2体をリリースして顕現となります。



その辺りを軸に最初のデッキを考えてみた訳ですが、《ユニゾンビ》は手札とデッキからアンデットを落とせるので、「《馬頭鬼》+儀式でリリースにしたい下級ヴェンデット」という運用が期待できます。デッキから《リヴェンデット・スレイヤー》を落として、《リヴェンデット・ボーン》で儀式召喚するパターンも救いが有りそう。



と言う訳で、【ヴェンデット】の話でした。こちとら1カートン予約してあるんでね。バリ楽しみやねん。


ではまた!