ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ワンタイム・パスコード】

f:id:girudoya:20170612210045j:plain


CIRCUIT BREAK


《ワンタイム・パスコード》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「セキュリティトークン」(サイバース族・光・星4・攻/守2000)1体を守備表示で特殊召喚する。



《デビルズ・サンクチュアリ》の小粒トークンから《邪帝ガイウス》を生贄召喚してきた時代からすると、《ワンタイム・パスコード》の攻守2000って。


エクシーズはトークンが使えず、シンクロはトークンだけでは何ともならずと、カードデザインに制限があったので、リンク召喚はトークンの時代になっても面白いなぁと。


公式イベントで配りまくってたキャラクタートークンの活躍の場があるのはいい事です。エクストラモンスターゾーンの目印も含めて、アイテムが増える。お金、ばびゅーん。



いざ


《ワンタイム・パスコード》を検討。場のモンスターの有無、発動後の制約などのよくある条件。何のコストも制約も無いトークン精製カードです。


トークンは攻守2000ですが横で特殊召喚なので、《CNo.43 魂魄傀儡鬼神カオス・マリオネッター》で2回攻撃を与えようにもチグハグ。やはり手数としてリンク召喚、シンクロ召喚、アドバンス召喚での運用が主となりそうです。



《ワンタイム・パスコード》単品で呼べるリンクモンスターは、《リンク・ディサイプル》《リンク・スパイダー》。これから下マーカーは秒で用意できる時代へ。《リンク・スパイダー》を手札から通常モンスターを特殊召喚するカードと捉えると、ペンデュラムのバニラ含めて幅が広がります。


《ワンタイム・パスコード》からの「セキュリティトークン」はサイバース族なので、《バックアップ・セクレタリー》の特殊要件を満たせたりと、リンク召喚に必要な手数に繋がるナイスカード。



「セキュリティトークン」の光属性に目を向けると、シンクロ素材として《ライトロード・アーク ミカエル》《A・ジェネクス・トライフォース》《神聖騎士パーシアス》《ライトエンド・ドラゴン》等、《閃光の結界像》が居ても特殊可、《ガーディアン・オブ・オーダー》《銀河眼の光子竜》の頭数2体として、《轟雷帝ザボルグ》の生贄と破壊先を兼任。なんかパッとしない笑


《ワンタイム・パスコード》の話でした。

ではまた〜!





― In to the VRAINS ―