ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【恐獣の鼓動】

f:id:girudoya:20170116191057j:plain


こんにちは。

「恐竜族のストラクチャーデッキ」がリメイクされるそうです。

皆さんは恐竜がお好きですか?



僕はそうでもないですねぇ、、



 

f:id:girudoya:20170116191107j:plain

   
  


恐獣の鼓動


新カード5枚が判明したので、既存の恐竜カードも引っ張り出しながら試運転してます!


f:id:girudoya:20170116191149j:plain
f:id:girudoya:20170116191201j:plain
f:id:girudoya:20170116191212j:plain
f:id:girudoya:20170116191224j:plain
f:id:girudoya:20170116191235j:plain



■「2月25日 発売」

「STRUCTURE DECK R -恐獣の鼓動-」

全40枚(ウルトラ2枚・スーパー3枚・パラレル6枚)

価格:1000円(税抜)

・「ジュラエッグトークン」1枚
・ルールブック 1冊
・プレイングガイド1部
・特製デュエルフィールド1枚
・新カード?枚

【再録カード】
SR04-JP0XX「超伝導恐獣」
SR04-JP0XX「暗黒ブラキ」
SR04-JP0XX「化石調査」
SR04-JP0XX「闇の護封剣」
SR04-JP0XX「生存競争」
SR04-JP0XX「砂塵のバリア -ダスト・フォース-」



豪華やね!


f:id:girudoya:20170116202104j:plain


まず、再録カード「闇の護封剣・ダストフォース」と地味に値段が付くカードに加えて、恐竜族の増援(レベル6まで対応)の「化石調査」まで公開という親切っぷり。


闇の護封剣やダストフォースの共通項である『相手モンスターを裏守備にする』という部分は、看板モンスターである「究極伝導恐獣」や「ジュラック・グアイバ」の戦闘を通して発揮される能力をサポートするものです。


新カード5枚を試してみたので感想を。感覚としては『たまご的な恐竜を割って恐竜を展開!』というもので、恐竜というイメージに寄り添った仕上がりになってました。ストラクに付属されるトークンが「ジュラエッグトークン」ですからね。そのまんま東です。





魂喰いオヴィラプター


f:id:girudoya:20170116191428j:plain

SR04-JP002
「魂喰いオヴィラプター」
星4 闇 恐竜族 1800/500
「魂喰いオヴィラプター」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから恐竜族モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
②:このカード以外のフィールドのレベル(4)以下の恐竜族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。その後、自分の墓地から恐竜族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。


※ テキストを読み飛ばしたい気持ちは分かるけど、こいつだけは目を通して欲しい。サッカー部だから。



これまで環境に姿を現した恐竜族と言えば、「レスキューラビット」から「セイバーザウルス」を並べて「エヴォルカイザーラギア・ドルカ」が記憶にあると思います。(エヴォルカイザーはドラゴン族ですけど)


海外ではデスガイドが先行販売されていた事もあり、初ターンラビットからの次ターンにガイド→リヴァイエールはゲームを決する動きとして各国を支配していました。


f:id:girudoya:20170116202124j:plain


ドルカにはターン制限がないのでモンスター効果に対して2度対応でき、ラギアは生ける神の宣告なので今ならペンデュラム召喚さえ消し飛ばします。『20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE』で再録が発表されたのはラギアのみで、ドルカの動向が気になる限りです。(このストラクは収録40枚)


そんなエヴォルカイザーが素材に要求するのは『レベル4・恐竜族モンスター』。新カードの「魂喰いオヴィラプター」がまさにそのステータスであり、備えている2つの効果がぶっ壊れというか明確なインフレを感じさせるもの。



「魂喰いオヴィラプター」の召喚/特殊時に恐竜族をサーチもしくは墓地へ送る。当たり前のようにタイミングを逃さず、恐竜のレベルやら何やら指定もなく、そして驚きは同名カードを持って来れるという。「魂喰いオヴィラプター」→「魂喰いオヴィラプター」。エヴォルカイザーの呻き声が聞こえてきます。


f:id:girudoya:20170116202140j:plain


「魂喰いオヴィラプター」で墓地に送りたい恐竜族は、「カーボネドン・盾航戦車ステゴサイバー・ジュラックヘレラ・幻創のミセラサウルス」、真炎の爆発に対応する「陽炎獣ヒュドラー・ジュラックアウロ」といった面々が控えてますが、やはり「魂喰いオヴィラプター」が際立つのはサーチ能力。


恐竜族は化石調査や忍者マスター半蔵からの超変化に加えてサーチカードを獲得する事になるのですから。


地味~に恐竜族のペンデュラムモンスター達も増加の一途を辿り、レベル4・6、スケール3・5・7を選べるようになってます。レベル6のランフォリンクスはエヴォルカイザーソルデのエクシーズ素材に回せます。ラギアに加えてソルデもペンデュラム召喚を消せる感動をここに記しておきましょう。



そんな具合に恐竜を集められる「魂喰いオヴィラプター」はサーチャーでありながら、その第2効果は『蘇生効果』という。こんなんもうズルじゃん。サーチャーで展開でしょ。学校に一人いるモテる奴じゃん。サッカー部じゃん。自分とこのマネージャーと、女子バスケットボール部のキャプテンを股にかけて酷い事してますよね?まさにヒエラルキーの頂点。つまり、ジュラ期の恐竜なのです。



「魂喰いオヴィラプター」の第2効果は、場の恐竜を破壊して墓地の恐竜を蘇生するというもの。この恐竜にはレベル指定やら何やらも無いので、大型だろうとチューナーだろうと同名カードだろうと並べられます。つまり、エヴォルカイザーの鼓動を感じる訳です。恐竜を無敵化する手札誘発の幻創のミセラサウルスが墓地に送りやすいので、「魂喰いオヴィラプター」の蘇生先としても活躍。


「魂喰いオヴィラプター」で破壊する恐竜は自分のモンスターでなくてもいいってのが最大のポイント。相手でもいいなんて、とんでもない寝取り野郎なんです。



そんなサッカーパコ太郎を最大限に活かす為に2枚もの新カードが用意されている事が発覚しました。こちらです。




ロストワールドとプチラノドン


f:id:girudoya:20170116191447j:plain

SR04-JP021
「ロストワールド」
フィールド魔法
①:恐竜族以外のフィールドのモンスターの攻撃力・守備力は(500)ダウンする。
②:1ターンに1度、恐竜族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。相手フィールドに「ジュラエッグトークン」(恐竜族・地・星1・攻/守0)1体を守備表示で特殊召喚する。
③:相手フィールドにトークンがある限り、相手はトークン以外のフィールドのモンスターを効果の対象にできない。
④:1ターンに1度、フィールドの通常モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにその数だけ自分の手札・デッキの恐竜族モンスターを破壊できる。






f:id:girudoya:20170116191457j:plain

SR04-JP000
「プチラノドン」
星2 地 恐竜族 500/500
①:このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。デッキからレベル4以上の恐竜族モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。






f:id:girudoya:20170116191503j:plain

《ベビケラサウルス》 (再録未定)
星2/地属性/恐竜族/攻 500/守 500
このカードがカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時、デッキからレベル4以下の恐竜族モンスター1体を特殊召喚する。


※ テキストを読み飛ばしたい心持ちは重々承知なんだけども、今回このカード達だけは後生だと思って、どうかどうか爺っちゃんの名にかけて。



「ロストワールド」は相手場にトークンを生み出し、通常モンスターが破壊される身代わりとして恐竜を破壊できるフィールド魔法。そして「プチラノドン」は破壊されたら恐竜をリクルートという、まさにエンジンです。複数体の恐竜破壊にも対応し、身代わる「ロストワールド」の凄まじさ。



先の「魂喰いオヴィラプター」としても破壊先が欲しいので、トークンを生み出す「ロストワールド」、破壊しておいしい"たまご系の恐竜"「プチラノドン」や「ベビケラサウルス」は、とんでもない親和性です。


たまご系の恐竜はどこで破壊されてもいいので、「ロストワールド」でデッキから破壊しても「ドラゴニックD」で手札から破壊してもリクルート発動。強制効果なのでタイミングの心配も無し。


「ロストワールド」が相手場に産み落とす弱小トークンは「ジュラック・グアイバ」でゴチになる事で、エヴォルカイザーの鼓動が聞こえてきます。まぁ十二獣ブルホーンでも何でもいいです。モンスターを墓地に送る必要のあるハイドロゲドンはトークン食べても何も起きないので、完全にグアイバに軍配。バハムートシャーク→餅カエルとか深淵に潜む者がありますが、「ロストワールド」とのシナジーとしては軍配。



■ 展開例:『魂喰いオヴィラプター、ロストワールド』

f:id:girudoya:20170116202257j:plain


ロストワールドを発動、パコ太郎を召喚して幻創のミセラサウルスをサーチ。ロストワールドの効果で相手の場にマネージャーを特殊召喚。手札からミセラサウルスを切って、パコ太郎を避妊状態にする。


イキリ立ったパコ太郎でマネージャーを狙い打ちして、それをロストワールドの身代わり効果で防ぐ。この時デッキ内のたまごを割れるので、グアイバを特殊召喚。戦闘に入ってマネージャーをグアイバで押し倒してデッキから…



 

犯罪じゃねーか!!




 
 

究極伝導恐獣


※ なんかもう疲れたよパトラッシュ。



f:id:girudoya:20170116191057j:plain

SR04-JP001
「究極伝導恐獣 (アルティメット・コンダクターティラノ)」
星10 光 恐竜族/特殊召喚 3500/3200
このカードは通常召喚できない。自分の墓地の恐竜族モンスター2体を除外した場合に特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
③:このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。相手に1000ダメージを与え、その守備表示モンスターを墓地へ送る。



パコ太郎からサーチできるハーレム野郎です。手札のたまご系の恐竜を破壊しつつ相手モンスターを裏向けて、全体攻撃。つまり、To LOVEるにおける結城リトみたいなもんです。


幻創のミセラサウルス含めて恐竜を除外して巨根なディノインフィニティはサイズを売りにする恐竜族のポイント。「究極伝導恐獣」はレベル10なので、妨げられた壊獣ジズキエルと超弩級砲塔列車グスタフマックス。つまり、犯罪。


「究極伝導恐獣」でバオバブーンを割ってもアレするので、コズモとかアストログラフマジシャンとか、その辺りの兼ね合い含めてアレする感じです。スターダストドラゴンは止めて欲しい。




生存境界


※ 頑張れ!あと1枚だ!



f:id:girudoya:20170116191551j:plain

SR04-JP0XX
「生存境界」
通常罠
①:フィールドの通常モンスターを全て破壊し、破壊した数までデッキからレベル4以下の恐竜族モンスターを自分フィールドに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。
②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの恐竜族モンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。



場の通常モンスターを破壊した分だけ恐竜をデッキからリクルートできる「生存境界」。「ロストワールド」のトークンでなくても通常モンスターならいいので、青眼でもメタルフォーゼでも、スケープゴートからの「生存境界」で恐竜4体引っ張ってエヴォルカイザーの鼓動が聞こえまくりです。幻銃士でもスケープゴーストでも可。バージェストマ等の罠モンスターも通常モンスター扱いなのを覚えておこう。


「生存境界」は墓地起動で「プチ毒蛇の供物」みたいに使えるので、おろかな副葬からたまご系の恐竜を破壊するのに使えますよと。墓地起動罠なのにタイムラグが無いのがいいですね。




まとまるくん

 

f:id:girudoya:20170116203206j:plain


以上、【恐獣の鼓動】について、お送りしました。蘇生付きのエアーマン「魂喰いオヴィラプター」が恐竜を種族単位で押し上げるパワーカードだったり、「ロストワールド」が身代わり&ヒーローアライブに化けたりと豪快。今のところの夢は攻撃力3500の全体攻撃「究極伝導恐獣+オネスト3枚」です。



恐竜以外を弱体化させる「ロストワールド」に「神葬零嬢ラグナゼロ、オーバースペック」を合わせてハッピーになれるので、既に3箱予約して来ました。特に「究極伝導恐獣」のイラストが異次元カッコいいので、同スリーブも人気必至だと思われます。それではまた~



■ » 遊戯王wiki【恐竜族】

■ » 遊戯王カード検索【恐竜族の一覧】