読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ウィンド・ウィッチ】

f:id:girudoya:20161128183353j:plain


次元箱


《WW-グラス・ベル》というサーチャーでありチューナーでもある逸材を手にし、シンクロ召喚へのアクセスが抜群に良くなった【WW】


f:id:girudoya:20161128185822j:plain


《WW-アイス・ベル》から召喚権すら要せず《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》や、《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を展開という滅茶苦茶を披露するようになりました。下準備と召喚権が必要な《ドラグニティ-ドゥクス》に謝って欲しい。


「WW=ウィンド・ウィッチ」と呼称される彼女達は、その名の如く風属性の魔法使い族。


f:id:girudoya:20161128183401j:plain


という事は、【マジェスペクター】の《マジェスペクター・テンペスト》等の発動条件を満たせるので、「《同胞の絆》の元に集おう」というデッキを組んでみちゃった感じです。


風属性モンスターは、きれいでいいですなぁ。


f:id:girudoya:20161128183517j:plain



■【ウィンド・ウィッチ】

f:id:girudoya:20161128183433j:plain

f:id:girudoya:20161128183442j:plain


マジェスペクター・キャット
マジェスペクター・フォックス×3
マジェスペクター・フロッグ
マジェスペクター・ラクーン×3
WW-アイス・ベル×3
WW-グラス・ベル×3
WW-スノウ・ベル
召喚師アレイスター×3

同胞の絆×3
暴走魔法陣×3
マジェスティックP
テラ・フォーミング×3
召喚魔術×2
ハーピィの羽根帚
ワンダー・ワンド×3
ディメンション・マジック×3

マジェスペクター・テンペスト×3

【 エクストラデッキ 】
トーテムバード
虚空海竜リヴァイエール
電光千鳥
鳥銃士カステル
Emトラピーズ・マジシャン
WW-ウィンター・ベル
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン
クリアウィング・ファスト・ドラゴン
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
召喚獣エリュシオン
召喚獣カリギュラ
召喚獣ライディーン×3



▼「魔法使い族のピース」



【WW】、【マジェスペクター】という風属性の果てに《召喚獣ライディーン》を用意。


f:id:girudoya:20161128183554j:plain


プランとしては【WW】から繰り出すシンクロモンスター、【マジェスペクター】のスペルに加えて、《召喚獣ライディーン》の《月の書》を構えながらコントロールを目指します。


「《召喚師アレイスター》《WW-アイス・ベル》」の2枚から、「《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》《召喚獣ライディーン》」に化ける豪快さ。《テラ・フォーミング》は《マジェスティックP》《暴走魔法陣》と使い分けが効くので、シーンに合わせて橋渡しを。




テーマ三者の共通項が魔法使い族なので、懐かしの《ディメンション・マジック》を散らしてみました。


f:id:girudoya:20161128183719j:plain


召喚した《召喚師アレイスター》をリリースして相手モンスターを破壊、手札から【WW】【マジェスペクター】を特殊召喚という構図です。


《ディメンション・マジック》は《ブラック・マジシャン》御用達というイメージでしたが、魔法使い族を支える汎用テンポカードでした。対象を取らない破壊というのも評価です。



そして、魔法使い族のドローサポート《ワンダー・ワンド》。何よりの利点は場を空けられるので、《WW-アイス・ベル》自己特殊のトリガーを作れるのが強いです。ペンデュラムモンスターは墓地に送れないので、【マジェスペクター】とは不一致案件。


f:id:girudoya:20161128183801j:plain




【WW】で展開すると風属性の縛りが生まれるので、エクストラデッキは風属性に寄せてます。それでも、《電光千鳥》《トーテムバード》《クリアウィング・ファスト・ドラゴン》《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》《召喚獣ライディーン》のような制圧モンスターを呼べる現代っぷり。


f:id:girudoya:20161128183829j:plain


その中で、相手カードの破壊も防げる《スターダスト・ドラゴン》は《十二獣の開局》のような自壊カードを妨げたりと、多様に動けます。


「召喚獣、シンクロ召喚」とツートンカラーのデッキは《次元障壁》が直撃しないってのも、せっかくなのでカウントしとかないといけません。




最後に、ひたすら《ディメンション・マジック》がお洒落なので、どういったシーンで決めるかってのが重要になってきます。


f:id:girudoya:20161128184655j:plain


《召喚師アレイスター》に《禁じられた聖杯》をかけられそうになったら《ディメンション・マジック》。そう。まさにそれはサクリファイスエスケープ。「全日本サクリファイスエスケープ愛好会」の者としては、ただただ最高。


めちゃよくない?サクリファイスエスケープ。カードゲームやってるな!ってなります。