ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【YCS DUEL2 kozmo vs EM 】

f:id:girudoya:20160604183255j:plain


キップ氏【EM】vs スミス氏【KOZMO】


【KOZMO】を駆るスミス氏のワンキルにより幕引きとなったDUEL1



再び先行となったスミス氏のセカンドゲームの初手は





f:id:girudoya:20160604182835j:plain

《Kozmo Farmgirl》
《Kozmo Strawman》
《Kozmo Dark Destroyer》
《Kozmo Sliprider》
《緊急テレポート》



きっちり《Kozmo Farmgirl》《緊急テレポート》から上級モンスターを展開できる初手なので、ひとまずの安心を買えてます。




f:id:girudoya:20160604182952j:plain



スミス氏は《Kozmo Farmgirl》召喚から、その身を除外することで手札から《Kozmo Dark Destroyer》を発艦。破壊効果を自身に向けることで《Kozmo Tincan》へと改造。



て言うか、《Kozmo Dark Destroyer》対象に取られないから《エフェクト・ヴェーラー》効かないやんけ。《マジェスペクター・ユニコーン》とかも平然と殴り倒せる。最上級のKOZMO達は皆そうらしくて、めちゃくちゃ。



スミス氏は《緊急テレポート》を置き、エンドフェイズに《Kozmo Tincan》のサーチ効果を起動。提示した3枚は「《Kozmo Dark Destroyer》・《Kozmoll Dark Lady》・《Kozmo Landwalker》」



f:id:girudoya:20160604182849j:plain



ランダムに1枚が手札に行き、残りは墓地なんですが、「《Kozmo Dark Destroyer》自壊→《Kozmo Tincan》サーチ効果」この挙動により肥える除外と墓地ね。ここから回収効果の《Kozmotown》、《リビングデッドの呼び声》《竜魂の幻泉》がホットになってくるんです。やばいオブやばい《Kozmo Tincan》。《緊急テレポート》から相手ターン《Kozmo Tincan》とかもありますからね。めちゃくちゃ。



結果的に手札に入ったのはモンスター効果を打ち消す《Kozmoll Dark Lady》、ターンを終えるスミス氏。



f:id:girudoya:20160604182906j:plain







正念場


【EM】を操るキップ氏。ファーストゲームをワンキルされ落としている‥。相手の場にはサーチ効果をチラつかせる事で早急に対応を迫る《Kozmo Tincan》の姿が‥







― 轟く雷鳴 ―







f:id:girudoya:20160604182917j:plain



キップ氏のファーストアクションは《サンダー・ボルト》



この顔である。



f:id:girudoya:20160604182932j:plain





「轟く雷鳴」と聞いて、《大狼雷鳴》だったり《サンダー・ボトル》だったり《雷鳴》を連想した人は残念ながら手遅れです。




f:id:girudoya:20160604183015j:plain

f:id:girudoya:20160604183022j:plain

f:id:girudoya:20160604183030j:plain




相手の場にサーチバカの《Kozmo Tincan》が居るのに駄賃みたいな300ダメージ与えてる暇はないんです。ターンを重ねる毎に手札差が甚大な事になるんや。




そんなこんな《サンダー・ボルト》を撃ったキップ氏は、続けて《EMモンキーボード》発動!サンボルから猿の流れを見てると海外環境もなかなかのもんですよ。




f:id:girudoya:20160604183046j:plain



そこにスミス氏は伏せてあった《緊急テレポート》を合わせ、《Kozmo Tincan》をリクルート。手札の《Kozmo Dark Destroyer》を繰り出し、改造効果により魔法無効なりモンスター効果を消すKOZMOを展開するプランだろうか?



そうはいかないとキップ氏は《皆既日蝕の書》を使う事で《Kozmo Tincan》を機能不全に陥らせる事に成功。



安全を買ったキップ氏は、「《EMモンキーボード》→《EMドクロバット・ジョーカー》→《EMリザードロー》」を確保。スケールが揃う。世界の裏側でも変わらない光景。生死を隔てる瞬間。




《サンダー・ボルト》《皆既日蝕の書》により前面を空け、盤石にスケールを整えたキップ氏はペンデュラム召喚を宣言。






f:id:girudoya:20160604183056j:plain




《EMオッドアイズ・ライトフェニックス》‥以上1体!



まじかよ。生死どころかポンキッキーズやんけ。なんだ?召喚権はドクロに使ったから無いぞ。ここから竜呼か?苦渋決断→簡易ノーデンか?



キップ氏は「《EMドクロバット・ジョーカー》《EMオッドアイズ・ライトフェニックス》」を従え、粛々とバトルフェイズに入る‥ホントに何にもないのか。



一応スミス氏の《Kozmo Tincan》を倒しダイレクトを達するものの、場のレベルが違うのでエクシーズもままならない。



メイン2に《EMリザードロー》から1枚貰うだけでターンを終えるキップ氏。蝋燭の炎が揺らめいている。









f:id:girudoya:20160604183118j:plain



相手のペンデュラム召喚が下振れで安堵したであろうスミス氏のドローは《増殖するG》、ファーストゲームで《簡易融合》を見ている以上、心強いカード。《旧神ノーデン》を踏まえると多めに引けますからね。



そしてスミス氏は攻勢に出るべく《Kozmo Strawman》を召喚し、除外エリアから《Kozmo Dark Destroyer》を帰還する効果を起動。



ただ、さすがのキップ氏もノーガードという訳もなく《増殖するG》が合わせられる。そこへ更にチェーンする形でスミス氏は《Kozmo Strawman》の手札からKOZMOを出す効果を起動。《増殖するG》を回避する狙いだ。



チェーン1:《Kozmo Strawman》の帰還効果

チェーン2:《増殖するG》

チェーン3:《Kozmo Strawman》の手札から出す効果



こうなるので、



チェーン3:手札から《Kozmoll Dark Lady》を特殊召喚

チェーン2:《増殖するG》を解決

チェーン1:除外から《Kozmo Dark Destroyer》を特殊召喚、キップ氏は《増殖するG》で1ドロー




こんな具合に【KOZMO】は《増殖するG》にドローされるのを抑えつつ大型モンスターを並べられるんですね。《緊急テレポート》もあるので《増殖するG》が刺さりそうは刺さりそうですけど。




KOZMOを展開したスミス氏は「《EMドクロバット・ジョーカー》《EMオッドアイズ・ライトフェニックス》」の並びを戦闘で下し、《Kozmo Strawman》のエンドフェイズの処理へ。



《Kozmo Strawman》で帰還したモンスターは破壊されるものの《Kozmo Dark Destroyer》はリクルート効果が出る。デッキから再び《Kozmo Tincan》を特殊召喚。キップ氏は《増殖するG》の追加ドローにより返しのターンへ望みを繋ぐ。



出てきた《Kozmo Tincan》はサーチ効果を使用、提示した3枚は「《Kozmo Dark Destroyer》・《Kozmotown》・《Kozmojo》」で《Kozmo Dark Destroyer》が手札に入る。平然と魔法罠もサーチできるおかしさが、ここに。



f:id:girudoya:20160604182835j:plain









執念


f:id:girudoya:20160604183148j:plain



《増殖するG》から得た2ドローで形勢を逆転したいキップ氏。まずは、《マジカル・アブダクター》をスケールに設置し、ここから怒涛のムーブ。「《皆既日蝕の書》→《皆既日蝕の書》→《ツイン・ツイスター》」と3枚の速攻魔法を連続発動。



キップ氏は自らの《EMモンキーボード》を割りつつ、《マジカル・アブダクター》の魔力カウンターを3つ貯めるという荒業を披露する。



《ツイン・ツイスター》のコストで《EMペンデュラム・マジシャン》を捨てた事も含めてアドをかなぐり捨てているので、かなり怪しい雲行き。ただスケールを揃えるには、これしかなかったと見受けられる。



悲願の《マジカル・アブダクター》でサーチしてきたのは《竜剣士ラスターP》、そのままスケールに設置するとスミス氏から痛恨の《増殖するG》が明示される。



キップ氏はペンデュラム召喚で先程倒されたモンスターを並べ、《皆既日蝕の書》で裏向いてる《Kozmo Tincan》を討ち取る。ただ隣の《Kozmoll Dark Lady》には手が出ず、エンドフェイズの皆既ドローを許す結果に。



そう考えると《皆既日蝕の書》より《システム・ダウン》の方が好ましいのかも知れません。ターンを終える【EM】のキップ氏。








その返しにスミス氏が握っていたのは、バトルフェイズに後続をリクルートしてダメージを荒稼ぎする《Kozmo Farmgirl》



さらに《サンダー・ボルト》まで



f:id:girudoya:20160604183156j:plain




スミス氏はペンデュラム召喚で配置された壁を《サンダー・ボルト》で退かしつつ、《Kozmo Farmgirl》を起点とするKOZMO特有の波状攻撃によりワンキルを達成。《サンダー・ボルト》の打ち合いの末、DUEL3が訪れる事は無く次のステージへと駒を進めた。









終わってみれば



スミス氏の【KOZMO】が圧倒する形で2つのゲームを取り、ステージを進めました。ちょっと【EM】のドライバーに疑問もありますが、両ゲームに絡んだ《EMモンキーボード》も形無しの結果に。




そんな【KOZMO】が日本にも9月に来日する訳ですが、今回把握したのは「《Kozmo Tincan》」によるリソース増強のヤバさ。手札も除外も墓地も肥えるので、初動としての価値が高い。そこに今回のYCSの勝ち組カード《命削りの宝札》が加わったら‥




昔の【KOZMO】は、《Kozmo Farmgirl》で戦闘して後続モンスターと仲良くする可愛いテーマだったのに‥。戦闘主体故に先行の旨味が薄かった記憶もありますが、ターン毎にリソースを増やす《Kozmo Tincan》は先手から機能するヤバさ。根底から様変わりしていました。



という訳で、YCSの【EM】vs【KOZMO】についてお送りしました。主軸になっていた《Kozmo Dark Destroyer》と《Kozmo Tincan》が来日する際には光るんだろうなぁ。