ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【EMEmの話】

f:id:girudoya:20151005165456j:plain


■『今期』

三強の一角である【EMEm】の細部の違いを試してます。例えば、ちょこちょこ見かける『終末の騎士・ゼピュロス・シャドールドラゴン』のパッケージについて。



f:id:girudoya:20151005165516j:plain


《終末の騎士》から『チェイン or キングレムリン』により高低スケール・アドバンテージ源となる【Em】を揃えるのは勿論の事、魔法罠に触れる《シャドール・ドラゴン》は《真帝王領域》のような置物メタカードに対して《おろかな埋葬》も含めて有利が付きます。



【EMEm】の先行展開は『ショックルーラー』込みであっても、後攻の《群雄割拠》《御前試合》により盤面を削られ蓋までされてしまいます。そこに《シャドール・ドラゴン》を忍ばせてあると、残留させた《ラヴァルバル・チェイン》から永続罠を割ることで、攻勢に向かうことが可能となります。


《揺れる眼差し》の選択肢にある《エキセントリック・デーモン》のように汎用破壊カードが有り難く感じる瞬間です。《魔導戦士ブレイカー》同様《シャドール・ドラゴン》は自分のカードも割れるので、《Emヒグルミ》のトリガーとしても有用です。




そんな『終末パッケージ』の他に気になったのは《デーモン・イーター》の存在感。


f:id:girudoya:20151005165528j:plain


《ジゴバイト》を《EMペンデュラム・マジシャン》で割ったり、《魔のデッキ破壊ウィルス》で破壊された時にリクルートできるランク4確立サポートという位置付けです。《デーモン・イーター》は地属性なので、《御前試合》に対して《恐牙狼ダイヤウルフ》で切り返す手段にもなり得ますが、地味な第3効果に注目。



③:相手エンドフェイズにこのカードが墓地に存在する場合、 自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、このカードを墓地から特殊召喚する。



f:id:girudoya:20151005165558j:plain


エクシーズメタの急先鋒である《飛翔するG》や、【帝王】が繰り出してくる《雷帝家臣ミスラ》の家臣トークンを《デーモン・イーター》で食べることで排除できます。《Emトラピーズ・マジシャン》《Emトリック・クラウン》等により場に配した《Emヒグルミ》の破壊トリガーにもなるので、以外と墓地にある事で用途が広がる《デーモン・イーター》です。


使い終わって不要なエクシーズモンスターを《デーモン・イーター》で破壊しておくことは、《煉獄の虚夢》《影依融合》等のケアにも繋がります。



わざわざ《ラヴァルバル・チェイン》で墓地に落とすのは勿体ないですが、《キングレムリン》から《ジゴバイト》をサーチして自爆特攻。《デーモン・イーター》を場にリクルートすればランク4を見ながら、素材として墓地に送るという手段も取れます。



ワンキルに制圧ゲーと派手さが際立つ【EMEm】ですが、ピン挿しカードの多さ故に分岐点も多く難しいなと改めて思います。


《EMモンキーボード》が到来すると一気にスケールを揃えられるようになりますが、それは相手の《揺れる眼差し》が直撃する事にもなります。まぁ逆に自分の《揺れる眼差し》で利用するメリットも生まれるんですけどね。むしろなんと言うか、そっちの方が…ではまた!って感じです。【EMEm】の話でした ^^