ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ベイゴマックステレポーター】

f:id:girudoya:20150908054322j:plain




■『深夜2時』

《SRベイゴマックス》+《マックス・テレポーター》



【ベイゴマックステレポーター】



これやでッ!!(深夜2時)



《マックス・テレポーター》
星6/光属性/サイキック族/攻2100/守1200
このカードは特殊召喚できない。 2000ライフポイントを払う事で、自分のデッキから レベル3のサイキック族モンスター2体を特殊召喚する事ができる。 この効果はこのカードがフィールド上に表側表示で存在する限り1度しか使用できない。



《幽鬼うさぎ》呼びまくりの…


■【ベイゴマックステレポーター】

f:id:girudoya:20150908054806j:plain

f:id:girudoya:20150908054811j:plain


マックス・テレポーター×3
幽鬼うさぎ×3
静寂のサイコウィッチ×3
ガスタの神裔 ピリカ
寡黙なるサイコプリースト
サイ・ガール
SRベイゴマックス×3
SRタケトンボーグ×3
SRダブルヨーヨー
SR三つ目のダイス
SR赤目のダイス

緊急テレポート×3
スピードリバース×3
死者蘇生
貪欲な壺
ハーピィの羽根帚
ブラック・ホール
月の書
禁じられた聖杯×3

激流葬×3
神の宣告
虚無空間

エクストラデッキ
空海竜リヴァイエール
セイクリッド・トレミスM7
幻子力空母エンタープラズニル
フォーミュラ・シンクロン
HSRチャンバライダー
ダイガスタ・スフィアード
レッド・ワイバーン
HSR魔剣ダーマ
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト
PSYフレームロード・Ω
ミスト・ウォーム
氷結界の龍 トリシューラ
浮鵺城




■『チームレベル3』

f:id:girudoya:20150908054400j:plain


特殊屋のベイゴマックスからマックステレポーターを展開するハピネスたっぷりなデッキです。形態としては【スピードロイド+サイキック】というシンクロテーマの掛け合い。アドバンテージを稼げる【ベイゴマックステレポーター】の両名を軸に、緊テレなりスピードリバースといった手数を稼げる魔法カードからシンクロを目指します。



f:id:girudoya:20150908054415j:plain


マックステレポーターから呼べるガスタの神裔ピリカで、スピードロイドのチューナーを釣り上げるという起点でした。ガスタの神裔ピリカからダイガスタスフィアードに繋ぐとサルベージ効果で消費も浮いてきます。




新カードも積極的に使える仕様で、例えば『緊テレ+マックステレポーター』から『レッドワイバーン
PSYフレームロードΩ』が爆誕。これまでは『ナチュルパルキオン&スターダスト』等の着地だったので、より攻防を兼ねる盤面となっています。



f:id:girudoya:20150908054423j:plain


特に除外カードを墓地に戻すPSYフレームロードΩが優秀で、使い終わった三つ目のダイスやスピードリバースを再利用できます。ネクロガードナーとサルベージを延々使えると考えたら頼れる8シンクロです。





f:id:girudoya:20150908054429j:plain


また同レベルの選択肢となるレッドデーモンズドラゴン・スカーライトはチャンバライダーと並べてワンキルが起きるので、ここもまた1つの指標になりえます。(チャンバラ 2200+チャンバラ 2400+スカーライト 3000+メイン2バーン 500=8100)





■『スピードロイドの強味』

f:id:girudoya:20150908054438j:plain

エクストラデッキはタケトンボーグとガスタの神裔ピリカの関係で風属性を主体に千差万別ですが、【スピードロイド】としての長所は大きく2つあると感じました。『トリシューラパターン』と『サイドラインフィニティパターン』です。(今回はサイキック枠があるのでシンクロを優先してます)




■『トリシューラパターン』

【スピードロイド】は『ベイゴマックス、タケトンボーグ、ダブルヨーヨー』により3体並べるのが得意なので


・ベイゴマックス+三つ目のダイス
・ベイゴマックス+タケトンボーグ
・ベイゴマックス+赤目のダイス
・ダブルヨーヨー(赤目蘇生)+タケトンボーグ


これらのペアからトリシューラ爆誕となり、それ以降の9シンクロは浮鵺城⇒トリシューラ蘇生⇒幻子力空母エンタープラズニル建造。ベイゴマックス強いんです。


f:id:girudoya:20150908054457j:plain




■『サイドラインフィニティ』

f:id:girudoya:20150908054516j:plain


もうひとつ【スピードロイド】の強味は、ベイゴマックス⇒赤目のダイスからフォーミュラシンクロンを出せる点。手札1枚が1ドローになるので損が無いだけでなく、次のターン以降は墓地に『ベイゴマックス・赤目のダイス』を送り込んだ意味があります。



それ以降のスピードリバースを含む『蘇生カード』の働きは


・ベイゴマックス蘇生

⇒ ダブルヨーヨーをサーチからの召喚

⇒ 赤目のダイスを蘇生してベイゴマックスのレベルを5に上げる

⇒ ダブルヨーヨー+赤目のダイスでチャンバライダー

⇒ ベイゴマックスとチャンバライダーを合わせて、サイドラノヴァからのインフィニティ



ベイゴマックスがフォーミュラ1ドローとなり、後続の蘇生カード1枚がサイドラインフィニティとなります。お得です。さらに使い終わったスピードリバースは墓地のベイゴマックスをサルベージできるので、都合サイドラインフィニティ2体分の素材を秘めてます。どんだけ。永遠の淑女ベアトリーチェで落としても機能するスピードリバースどんだけ。


5シンクロの始祖であるAOJカタストルはサイドラノヴァの素材になるので、チャンバライダーに加えて採用したいカードです。




■『仏の顔』

後半なぜか【スピードロイド】に寄りましたが、【ベイゴマックステレポーター】の話でした。マックステレポーター+αから爆発的な盤面を作り上げワンキルに向かう時と、何もできずサンドバック仏の顔の差が愛くるしい限り。マックステレポーターに対する手札誘発が全部キツいのは縄文時代から変わらないので、月の書でお茶を濁す程度にしてます。ではまた!