ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【召喚師のスキル】

f:id:girudoya:20150625203944j:plain


▼『選択肢』

【魔術師】に《召喚師のスキル》を入れると《竜穴の魔術師》増量となりますが、『召喚師+竜穴』と引いた際にスケール8がワンペアという、ポーカー的にもペンデュラム召喚的にも1ミリもおいしくない手札になってしまいます。



《召喚師のスキル》先のペンデュラムモンスターを探り、『召喚師+竜穴』からペンデュラム召喚を目指すことは自明の理。


■ 詳細カード検索 - 遊戯王☆カード検索 がんばれ 《召喚師のスキル》




▼《Dragon Horn Hunter》

f:id:girudoya:20150625203935j:plain


▼《フーコーの魔砲石》

f:id:girudoya:20150625203928j:plain


▼《マンドラゴン》

f:id:girudoya:20150625203922j:plain


▼《イグナイト・キャリバー》

f:id:girudoya:20150625203917j:plain



制約まみれのうんぽこクリフォート連中は省くとして、気になったのはこの辺り。スケール2なら《エキセントリック・デーモン》《貴竜の魔術師》をペンデュラム召喚可能、レベル5+貴竜の魔術師から8シンクロ、レベル6+賤竜の魔術師によるランク6。評価は別れますが、何故かみんなデカイ。謎にデカイ。



とりあえず《召喚師のスキル》からスケールを選べるので、ペンデュラム召喚に困ることは無さそうという収穫です。異なるテーマであってもペンデュラムモンスターであれば『竜穴・竜脈』の手札コストに充てられるので、ペンデュラム召喚しない時でも最低限の1:1交換に使えます。





▼『伏せ得』

f:id:girudoya:20150625203908j:plain


もうひとつ《召喚師のスキル》というか、《EM 高騰バカ野郎3000円》ことペンマジを使う時に思う『伏せられるカード』の大切さです。


例えば、《ペンデュラム・コール》からスケールを調達して《EM 高騰バカ野郎3000円》をペンデュラム召喚した場合。


f:id:girudoya:20150625203859j:plain


スケールの2枚はコール保護されて破壊できないので、自身もしくは伏せカードを割って《EM ドクロバット・ジョーカー》サーチと動きますが、自身を割ってしまうとピエロ君が棒立ちとなってしまいます。そこに《召喚師のスキル》でも何でも伏せられるカードがあればペンマジの破壊対象となり、ペンマジ×ピエロ君からランク4と動くことができます。何を捧げるか問題という事です。





▼『レベル7』

f:id:girudoya:20150625205225j:plain


《霞の谷の巨神鳥》をガッツリ積むなら《七星の宝刀》で事故軽減。場のレベル7も2ドローに変換できるので、《幻想の黒魔導師》なり《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》、《オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン》の効果を2ドローに置換できます。


《賤竜の魔術師》から手札に加えたレベル7の魔術師を宝刀2ドローに充ててもお得感。ちょっとアレなのは、《七星の宝刀》のようなドローカードは《M・HERO ダーク・ロウ》の手札破壊を誘発させてしまう点。【RR】が《闇の誘惑》で手札を入れ換えたいだけのに《M・HERO ダーク・ロウ》が困るという葛藤と同じです。



f:id:girudoya:20150625203746j:plain



【魔術師】に限らず、投入されているスケールの『高低』がどちらに寄っているかだけでも《サイクロン》の使い方に大きな影響が出るので、テンプレートが固まってないペンデュラムテーマというだけでも一定の優位を生んでます。採用スケールのみならず、《霞の谷の巨神鳥》に対してスケール8の《竜穴の魔術師》を優先して破壊することで出てこれないパターンに持ち込むといった具合です。《エキセントリック・デーモン》はスケール7と貧弱小僧。



▼『おまけ』

爆騰の化身《EM ペンデュラム・マジシャン》ですが、4000円で30枚あったネットショップの在庫が既に枯渇しています。再録するような機会がしばらくないのに、どうなっちゃうの?