ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ハーピィレディ2】

選択

同名として扱うカードが5種類もある【ハーピィレディ】について。



ハーピィの場合は【ワイト】のように墓地といった特定の場所で同名カードとして扱うではなく、効果外テキスト・ルール上の同名として扱うカードが存在します。知らずに4枚以上採用しているとロスという鬼。以降に登場したカードは、明確性を伴うように改良されてますね。




f:id:girudoya:20150117232620j:plain



《ハーピィ・レディ2》
星4/風属性/鳥獣族/攻1300/守1400
このカードのカード名は「ハーピィ・レディ」として扱う。 このモンスターが戦闘によって破壊したリバース効果モンスターの効果は無効化される。




昨日の【ハーピィ】のレシピにてメイン採用に至った「ハーピィレディ2」について。


【ハーピィレディ】は同名カードとして扱うことで、ハーピィの狩場なりヒステリックパーティの恩恵を受けながら戦うテーマですが、通常モンスターに等しい「ハーピィレディ」を採用する理由は「万華鏡 華麗なる転身」に他なりません。



ヒステリックサインからサーチできる万華鏡⇒ハーピィ特殊のルートを挿しておく事で、ヒステリックサインがカード4枚分に化けることになり優位を築けます。特にチャネラー+万華鏡からのショックルーラー制圧が強力なので、バニラのハーピィでも採用ラインに乗る訳です。名称がハーピィであればチャネラーの手札コストに充てられるので、保険も効きます。より優位を築くための万華鏡⇒ハーピィであり、展開以外にもヒステリックサインから回収した万華鏡をヒステリックパーティの手札コストに回せます。




f:id:girudoya:20150117233145j:plain


万華鏡から呼び出す「ハーピィレディ」の選択肢は5種類。


  • ハーピィレディ
  • ハーピィレディ1
  • ハーピィレディ2
  • ハーピィレディ3
  • ハーピィレディSB



デモンズチェーンに妨害されずに攻撃できるレスキューラビット対応モンスター元祖ハーピィレディといった面々ですが、狩場と合わせて2000打点となるSB採用が鉄板です。



が、サーチ効果を備えるハーピストの登場により「レベル4・鳥獣族・攻撃力1500以下」というサーチ範囲。事情が少し変わりました。ハーピィをサーチ出来るか否かという点は、手札コストにハーピィを求めるチャネラー運用に関わる部分です。いざという時のスタミナですね。



デュエル後半、チャネラー用の手札コストをハーピストから確保したい場面に遭遇したので、ハーピストのサーチ対象から外れるSBをアウトしました。



代打としたのは、戦闘を介してリバース効果を封じる「ハーピィレディ2」。他のハーピィが取るに足らない効果という消去法ですが、テーマを越えて採用されるリバースモンスター「シャドールドラゴン・ライコウ」辺りを噛めたらいいなという期待も込めて。



しれっと狩場が鳥獣族の攻撃力を200上げるので、ラグナゼロがめんどくさいなと感じる【ハーピィレディ】でした。