ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ホーリー・ナイト・ドラゴン】

f:id:girudoya:20160526184944j:plain


羨望の1枚


《ホーリー・ナイト・ドラゴン》
通常モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2500/守2300
聖なる炎で悪しき者を焼きはらう、神聖な力を持つドラゴン。



その希少さ故にガラスケースが定位置だった最初期の《ホーリー・ナイト・ドラゴン》


20000円を超える価格に手が出なかったものの無事再販。《竜の束縛》のイラストにも登場した事で古参を沸かせたカードでもあります。



f:id:girudoya:20160526184936j:plain



■ » 遊戯王wiki《ホーリー・ナイト・ドラゴン》




■《ホーリー・ナイト・ドラゴン》遊戯王wikiより抜粋


高橋和希氏の描き下ろしデザインのカードである。原作コミックス18巻にデザイン画稿が掲載されている。


初期のゲーム付属カードであり、封入されている確率が5%と低いため希少価値は群を抜いて高い。第1期から遊戯王を愛してきたプレイヤーにとって、このカードはまさに至高の一品だろう。


初出は漫画でもOCGでもなく、ゲームボーイ版「遊戯王デュエルモンスターズ」先行体験会の会場で配布されたコレクターズカード《聖夜竜》である。



f:id:girudoya:20160526184926j:plain



当時は遊戯王自体がまだ登場しておらず、《聖夜竜》の体裁は同ゲームに封入されていたコレクターズカードに準じている。OCGではないものの、こちらも配布方法が限定されており現存数が少なく価値は極めて高い。後に赤マルジャンプの抽選プレゼントとして再配布されたが、この方法で配布されたのはわずか5枚である。



DM1では「トリシマカズヒコ」というパスワードを入力することで入手できた。ゲーム発売当時の週刊少年ジャンプ編集長(現集英社専務取締役・小学館集英社プロダクション取締役)である鳥嶋和彦氏が元ネタである。








聖夜竜デッキ


そーいや使った事ないので、デッキを考えてみる事に。まぁ言っても遊戯王ドラゴンモンスターズですからね。幾らでもやりようはあるんじゃないかなと。





■【聖夜竜ビート】

ホーリー・ナイト・ドラゴン×3
矮星竜 プラネター×3
アサルトワイバーン×3
忍者マスター HANZO×3
魔装戦士 ドラゴディウス×3
H・C 強襲のハルベルト×3

増援
召魔装着×3
テラ・フォーミング×3
ハーピィの羽根帚

神の宣告
神の警告
神の通告×3
王者の看破×3
底なし落とし穴
時空の落とし穴
忍法 超変化の術×2
竜の束縛×3

【 エクストラデッキ 】
竜魔人 クィーンドラグーン
銀河影竜
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン
No.82 ハートランドラコ
フレシアの蟲惑魔
励輝士 ヴェルズビュート
恐牙狼 ダイヤウルフ
深淵に潜む者
ガガガザムライ
ダイガスタ・エメラル
鳥銃士カステル
H-C ガーンデーヴァ
No.39 希望皇ホープ
No.59 背反の料理人
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング




聖夜竜


f:id:girudoya:20160526184902j:plain

f:id:girudoya:20160526184908j:plain



レベル7モンスターをサーチできる《矮星竜プラネター》、ドラゴン族に変化できる《忍者マスター HANZO》、墓地からドラゴンを蘇生できる《アサルトワイバーン》達から主役となる《ホーリー・ナイト・ドラゴン》に繋げるデッキです。



素引きが問題なので、《召魔装着》《魔装戦士ドラゴディウス》の手札コストに充てつつランク4へと飛翔。墓地からドラゴンを呼ぶ《竜魔人クィーンドラグーン》、手札からドラゴンを呼ぶ《銀河影竜》に派生します。



f:id:girudoya:20160526184817j:plain

f:id:girudoya:20160526184822j:plain

f:id:girudoya:20160526184828j:plain



《召魔装着》のドラゴン族、戦士族の攻守を300高める効果は、主役はもちろん、戦闘をトリガーとする《アサルトワイバーン》《H・C 強襲のハルベルト》が攻撃力2100となるバックアップを果たします。



《ホーリー・ナイト・ドラゴン》を展開次第、《竜の束縛》《王者の看破》によるマウントを仕掛ける。レベル7通常モンスターを操る機会だからこそ、ノーコストで撃てる《神の宣告》こと《王者の看破》を存分に操るしかない。



f:id:girudoya:20160526184810j:plain



愛すべき《ホーリー・ナイト・ドラゴン》についてお送りしました。それではまた (*˘︶˘*).。.:*