ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【映画】

f:id:girudoya:20151023220711j:plain


■『ツインツイスターの妙』

【甲虫装機】に《ツインツイスター》を入れて、下の虫を破壊。戦争です。ダンセル君が刑期を終えたら遊ぶ予定です。


その間は《竜の渓谷》と一緒に《ツインツイスター》で割られる《ドラグニティ・ファランクス》の気持ちを考えたいなと。たぶん「…笑っちゃうよな、相棒!」って感じだと思います。




■『神の通告の妙』

f:id:girudoya:20151023220718j:plain


初動に比べて値騰がった《ツインツイスター》とは裏腹に《神の通告》は徐々に徐々に。発売日に2000円で買えて喜んでましたが、その辺りまで落ち着いてきてます。トップレアは間違いなく《神の通告》ですが、続くレアが全く見当たらず箱買いが博打で売れない。開封して損切りに走ってる店舗が見受けられます。今のシングル安定という空気の中なら、まだノーマルカードも売れますからね。少しでも現金化。




もうひとつ気になったのは、発売日に催された大規模大会の『新カード使用不可』という規定。収集期間に配慮した取り決めですが、発売日の入賞レシピなのに新カードが並ばないので、それを知らないで結果を見ると『あれ?強くないの?』という空気が生まれます。



本当は『発売日。あのカード強そうだな…』⇒『入賞』⇒『でひゃあ!やっぱり!おら目をつけてただよ!買うっぺ!いくらでも買うっぺ~!』というエンジンが楽しいんですけどね。ただ、これまでも使用可・使用不可の隔たりは普通にあったものなので、影響としては少な目です。



余程、環境が露骨な新カード(猿鍵盤野郎)により世紀末に向かってる方が危険極まりない。基本的にどうなっても厚いカジュアル勢がいるので平気ですが、《ハーピィの羽根帚》の"再販失策"により気軽にデッキを組めない問題が続いています。年末に再販される噂があるものの、そんなん関係なく羽根帚の無供給が長過ぎます。



【EMEm】【彼岸】【帝王】

いずれも1ターンの行動回数がナチュラルに多く、サーチも膨大なので時間を食い過ぎるのも問題。ワンキルや制圧もありはしますが、何よりデュエル自体のテンポが悪いんです。「俺のターン」は下積みがってこそ成立する時間。毎ターンあってはダメ。



f:id:girudoya:20151023221623j:plain


そんな事を思いながら、年末の発売ラッシュに突入します。そして、どんな環境で、来年のゴールデンウィーク遊戯王の映画公開に向かうのか。これ未来を左右するほど、大事だと思います。遊戯海馬の図式、ブルーアイズとブラックマジシャンが広告塔なので、よろしく頼むよという事です。近年、各種召喚方法に力を注いできた時間も、それを越えてペンデュラム召喚が大成した事で、一段落しました。次は新作映画のアイコンを育んで欲しいな。映画を観て童心に帰った同胞達と相まみえるために。



映画館で発売・配布するアイテムも気になりますね。むしろそこ。完全にそこ。