ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【インフェルノイド】と【プトレマイオス】の話

f:id:girudoya:20150510082044j:plain


■《インフェルノイド》

引き続きちょこちょこ使ってますが、相変わらず『デビルフランケン』が絡んだ際の決定力が意味不明。



・「ナチュルエクストリオ+リリス」


1枚でゲームを終わらせるエクストリオの穴(モンスター効果)をリリスが補完することで、早期決着となります。名推理はデビフラが怖くてレベル2を指定したくなる…。デカトロンが飛び出ようともゲームにはなりますが、デビフラは無理ぽよ。



また、リリス特殊時の大嵐や、ネヘモス特殊時のブラックホール効果は任意効果です。ライオウをネヘモスで破壊せず、手違いをリリスで壊さずキープできたり、どっち向いても便利です。



【インフェルノイド】に対した時は、破壊輪を優先して使っておく等、早めにライフカットに走ってデビフラに必要な5000を切っておく事もプランの内だと思います。推理ゲートからデビフラが出てくる事がハズレとなるのもポイントです。そして何時なんどきでもアドラメレクの連撃により負うダメージは計算必須。終わってしまう。



また、「ナチュルエクストリオ+リリス」の魔法罠効果封殺は、万能除去のエキセントリックデーモンさえケアできる受けの広さ。汎用スケール2を保有している【イグナイト】、【魔装戦士】のようなデッキは、レベル3のエキセントリックデーモンを使い放題となるので、これから本格化するペンデュラム期において評価点になると思います。






■《ダークロウ+プトレマイオス

f:id:girudoya:20150510082038j:plain


【ヒーロー】がキメてくる死の宣告にも等しい並びですが、プレアデスを越えてダークロウを処理するなら「暗遷士カンゴルゴーム、マジカル・クラウン-ミッシング・ソード」等の"対象耐性"を持つカードを揃えておくとプレアデスを越えてダークロウ打倒が叶います。プトレマイオス⇒プレアデスの進化は脱出装置のようにエクシーズ召喚まで待たれがちなので、有効です。





■《進化様々》

f:id:girudoya:20150510082031j:plain

プトレマイオスについて、もう2つ。プトレマイオスの守備力2600を越える打点で攻撃されると進化を強要されますが、プレアデスのバウンスでお茶を濁すのが美味くない場合があります。



例えば、先の【インフェルノイド】はアドラメレクを筆頭に攻撃力2800を越えるメンツによりプトレマイオスが打点の脅威に晒される事があり得ます。推理ゲートに対してプトレマイオス⇒墓地送りを封じるダイヤでカウンターしようと試みる事があるので、デカトロン指名もダイヤを越える打点(攻撃力2600のヴァエルではなく攻撃力2800アドラメレク他)を用意しておくとダイヤの解答となります。



プレアデスで高打点インフェルノイドを戻しても墓地次第では再度出現するのもポイント。そんな具合にプトレマイオスが打点の脅威に晒される際、攻撃力3200の「重機王ドボクザーク」が進化先に備えていると、打点カウンターが成立します。デカイ奴が勝つという図式です。


f:id:girudoya:20150510082022j:plain




■ 《進化タイミング》

もうひとつプトレマイオスの『エンドフェイズ進化』について。


素材3枚でプトレ⇒自分エンドに素材補給で4枚⇒3枚使ってプトレ進化、プレアデス⇒バウンス⇒そして相手ターンにも素材が1枚残っているので、もう一度バウンス可能です。効果使用にターン制限のあるプレアデスをきっちり2ターンを隔て発動していけます。



素材3枚でプトレマイオスを立てる際、羽根帚をケアできるインフィニティで蓋をするのか、プレアデスやデュランダルの効果を2回使うのか等の選択肢が強味です。



基本的にプトレマイオスの進化は相手ターンの行動に合わせ蓋をする(プレアデス・ダイヤ・デュランダル)が対応幅が広いですが、毎回そうではありません。相手のトップドローが禁じられた聖杯のような無効カードの事も踏まえると、プトレマイオスの進化を相手ターンに回してしまう事は別種のリスクを生じさせています。





■《プレアデス運用》

f:id:girudoya:20150510082015j:plain


再録頻度が高く、レート的に乱高下を繰り返しても戻ってくる超優秀バウンサー。


例えば、素材2枚で立てたプトレマイオスが処理されず、2枚の伏せカードを置かれた場合。相手エンドを迎えるとプトレマイオスの素材は4枚となります。そのまま相手エンドにプレアデスに進化して伏せをバウンス。そして自分のターンにも残った伏せをバウンス。2伏せをバウンスすることで、意に介さずフィニッシュに向かえるパターンです。



また、プレアデスにトレミスを乗せる事で打点アップもさることながら攻撃力2700は守備力2600のプトレマイオスに対して進化強要を迫る値。一種の指標です。



『yubit』のプレイヤーインタビューコラムにも、ダークロウ&デュランダルの2ハンデスの記事がありました。とにもかくにも、エンドフェイズに素材を4に増やしたプトレマイオスからのプレアデスやデュランダルは、自分のターン・そして相手ターンにも続けざまに効果を使える点が秀でています。エンドフェイズを迎えるだけで、素材補給からアドバンテージ+1を稼ぎ出す訳ですから、どうなってんだプトレマイオス。制限カード指定を見越して高騰には至ってませんが、1枚しか使われていないエクストラカードも高価に落ち着いているので、これまたどうなることやら。