ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【列車 第二編】

円安ですね

ちょろっと【列車】を触ってみた感想です。行ってみましょう。


f:id:girudoya:20141122163546j:plain


無賃乗車

まず、【列車】のマスターピースとなる5枚。


  • 深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト
  • 重機貨列車デリックレーン
  • 無頼特急バトレイン
  • 転回操車
  • No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ


「転回操車」からレベル10機械をサーチ/特殊召喚して配置、「デリックレーン」を素材とした「サンダーブレイク」内蔵の超耐性ランク10「スペリオルドーラ」での圧倒が基礎プランとなります。



アドバンテージ的には「転回操車」からレベル10扱いの「無頼特急バトレイン」を呼べる事が最大の強味で、「スペリオルドーラ」を展開しつつ更なる後続となる「ナイトエクスプレス」をサーチ可能です。



・転回操車
→ ナイトエクスプレス召喚
→ バトレイン特殊
→ スペリオルドーラ
→ バトレインからナイトエクスプレスをサーチ



上記のようなテーマの動き(転回→ナイトエクス→バトレイン→スペリオルドーラ)に沿うだけで、消費0の「スペリオルドーラ」を続々と展開できるファッティなアーキタイプに仕上がっています。



おまけに「転回操車」の特殊召喚効果を使ったターンは戦闘ダメが0になりますが、「バトレイン・ガンガリディア・グスタフマックス」達が持つバーン効果は適応。地味に稼げます。もはや2000バーンの「グスタフマックス」に至っては「ダーク・ダイブ・ボンバー」に匹敵するような使用感さえあります。



「バトレイン」のサーチはエンドフェイズなので、第二第三の展開を見込む際は相手ターンに「スペリオルドーラ」の素材から「バトレイン」を外す動きも必要となります。自分のターンに「バトレイン」を使うと「トリシューラ・異次元の指名者」等が刺さる場面もあったので、ここはケースバイデース。



どちらにしろ「マインドクラッシュ」は「テラフォーミング」等にも撃たれてしまうので、確認のために他のサーチカードとして「ギアギガントX」から入るといったプレイも必要です。




何より【フィールド魔法の張り替え不可】という新ルールの恩恵を痛感する限りで、【クリフォート】に相対した際にも「ツール→機殻の要塞」で「転回操車」を割られて終わりというシーンが有りません。謝意。



勿論まだ先週到着したばかりのテーマなので各地で研磨が続いていますが、主要カードのお値段はマーベラスとなっております。




現状、目立つ列車の派生は

  • レベルや妥協召喚という枠でシナジーのある【スキドレ神縛りSIN列車】


  • レベル10機械である「シェキナーガ」を「デリックレーン」の相方として迎え、「マスマティシャン」や「影依融合(デッキ融合)」「おろかな埋葬」「手札抹殺」等から「バトレイン」を墓地に送れる【列車シャドール】



  • おら達マブ達!【マシンナーズ列車】





等々散見しますが「レベル10を並べてスペリオルドーラに向かう」という勝ち筋を突き詰めていくと、欠かせないカードが2枚。


・転回操車
・無頼特急バトレイン


ここを回していかないと、「エクスプレスナイト」も「デリックレーン」も単騎では仕事にならず浮いてしまいます。





そんなこんな回してみた【列車】のメインとエクストラです。サイドはフィールド魔法繋がりで「ネクロバレー・王家の生贄」を試案中…




【純情列車】

f:id:girudoya:20141122163403j:plain


f:id:girudoya:20141122163352j:plain



【列車】

深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト×3枚
重機貨列車デリックレーン×3枚
無頼特急バトレイン×3枚
惑星探査車×3枚
ギアギアングラー×3枚
ギアギアクセル
デビルフランケン
エフェクト・ヴェーラー×3枚

死者蘇生
ソウルチャージ
簡易融合×3枚
貪欲な壷
転回操車×3枚
テラフォーミング×3枚
大嵐
精神操作
禁じられた聖杯×3枚
月の書

リビングデットの呼び声×3枚

エクストラデッキ
No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ×3枚
超弩級砲塔列車グスタフ・マックス
超巨大空中宮殿ガンガリディア
ギアギガントX
ダイガスタ・エメラル
ラヴァルバル・チェイン
鳥銃士カステル
励騎士ヴェルズビュート
深淵に潜む者
色の支配者ショックルーラー
旧神ノーデン
重装機甲 パンツァードラゴン
ナチュル・エクストリオ

「サイドデッキ」
王家の眠る谷ネクロバレー
王家の生贄×3枚 etc.




せやな

フィールド魔法「転回操車」は機械族である「惑星探査車」からサーチ可能、さらに機械族である「バトレイン」も「ギアギガントX」からサーチ…


これやで工藤!という運びになり、レベル10機械を並べる上で必要となる「転回操車・バトレイン」をサーチてきる「ギアギアングラー→ギアギアクセル→ギアギガントX」のエンジンを搭載してみました。



他にも機械族の裾野は「ブリキンギョ・トイナイト・カードカーD」といった候補も広がっていますが、1枚引けば事足りる「ギアギアングラー」の偉さを信仰。



地味なポイントとしては「ギアギガントX」から2回目以降の「バトレイン」をサーチする際は【必ず墓地から】という点、「転回操車」の特殊召喚先である「バトレイン」を切らさない為に必須項となります。




「転回操車・デリックレーン」のトリガーとなる「ナイトエクスプレス」に使いたい召喚権を「惑星探査車」に割くのは抵抗がありましたが、先行パターンもあるので幾分解消されたかにも思えます。



手札【惑星探査車・簡易融合・デリックレーン】


着地【スペリオルドーラ・チェイン・転回操車・バトレインサーチ2回分】






■ 手札【惑星・簡易・デリックレーン】


  • 惑星→転回操車サーチ→発動

  • 簡易融合→旧神ノーデン→惑星特殊

  • 手札のデリックレーンを呼応

  • 転回操車→バトレイン特殊

  • ノーデン×惑星→チェイン→バトレイン落とし

  • デリックレーン×バトレイン→スペリオルドーラ





【スペリオルドーラ・チェイン・転回操車・バトレインサーチ2回分】という着地となります。



手札3枚から展開しつつ「バトレイン」のサーチ効果2回なので、消費1枚で「スペリオルドーラ・チェイン・転回操車」を確保できた計算となります。返しの相手ターンも「デリックレーン」牽制が効いている点も◎



「簡易融合」は、「旧神ノーデン→アングラー蘇生→アクセル特殊」と繋げて「ショックルーラー」精製にも尽力してくれる縁の下カードです。



諸々、長くなってしまうので【列車 第三編】に続きます。またね~