ギルド屋さん

遊戯王戯遊

《 レコード 》


■《 場面 》

手繰り寄せてみるの巻


f:id:girudoya:20140703233547j:plain



■【マスク vs ???】

f:id:girudoya:20140703233607j:plain


先行『アライブ⇒シャドーミスト』が決まって至高。夢見心地。世界の中心でシャカをパチる。


そして相手ターン、大嵐から現れたのは晴れて制限解除されたレスキューラビット。やけに元気。何が来るかな?砦を守る翼竜かな?メカハンターかな?と思いきや降臨せし『ヴェルズ・バハムート』


ダークロウ強奪からアライブで半減したライフが一瞬で消失。ダークロウを立てなきゃよかった場面でした。






■《 あらま 》

f:id:girudoya:20140703233533j:plain


お値段がチュイーン状態の虚無空間。そのまま流行の度合いを示しています。【シャドール】は虚無空間を割るドラゴン増量が欲しいところです。




そして珍事。

『ゴブリンゾンビが虚無空間を破壊』

ゴブゾンが戦闘ダメを与えると相手のデッキトップから墓地に1枚落とすので、虚無空間の自壊条件を満たします。何してんの?されてんの?事件。




▼《 相手のデッキからカードを落とす強者 》

黒蠍-罠はずしのクリフ
首領・ザルーグ
ジャイアントワーム
デビルドーザー
闇帝ディルグ
イビリチュア・テトラオーグル
漆黒のズムウォルト
C・ドラゴン
巡死神リーパー
落とし大穴 etc.



実用性はアレですが懐かしい『首領ザルーグ』

強制転移キラートマトから飛び出て手札破壊の流れ、今はシャドーミストが出てきてダークロウ&エアーマンサーチ。育ち盛りかな?キラートマトが時間という肥料ですくすく成長。


相手モンスターを弱体化させる『M・HERO 光牙』で首領ザルーグの戦闘をサポート、青き眼の乙女を対象に取るといった派生も。属性を問わないマスクセカンドが出張お父さんです。






■《 ライオウ&ゴーズ 》

f:id:girudoya:20140703233516j:plain


東日本選考会から表舞台に出てきた書籍付属カード。集英社フェイズ。ブレイクスルーが減っているので相対的にライオウの存在感が増してます。


そんな久しぶりのライオウどやぁに対し軽々当てるフォトン・スラッシャーの気持ち良さ。脱出装置も平気。



ただ墓地にライオウがある時の伏せがリビングに見えて見えて仕方ない病。サーチカードも天秤にかけてから切るので、やたら時間を喰う印象です。


ライオウを奈落できると、後々のチェーンリビングを考えずに済むので助かる次第です。『光天使セプター』も墓地に送るとリビング・ソウルチャージからセプスロ決めて来るので、除外の有り難みがここに。マスマティシャンもセプターも放置で済むなら放置プレイに徹底して攻め手を遠ざけます。






■《 No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク 》

f:id:girudoya:20140703233455j:plain


墓地の『超電磁タートル』を飛ばして詰めに向かえる、開闢が出ないように光属性を消すといったイケメンですが、ラプソディのもう1つの効果に助けられたシーン。(このカードを攻撃力1200ポイントアップの装備カード扱いとして自分フィールド上のエクシーズモンスターに装備できる。)




『ショックルーラー』で思いっきりゴーズを踏んでしまう事件。手持ちの魔法罠ではどうしょうもないダメなタイミング。


カステル・ダイヤウルフで対応しようにも返しの戦闘でショックルーラー損失の危機という中、ラプソディを召集。攻撃力3500のショックルーラー爆誕というラプソディの存在感。





f:id:girudoya:20140703233629j:plain


ゴーズを1枚で消せる『神の警告』『神聖なる因子』の位置付けもまた変わってきます。トラップカードの立ち位置の変遷がまた興味深く。





f:id:girudoya:20140703233642j:plain


ライオウの攻撃力を50上回り、マスクチェンジ、ゴーズを浮かせるオピオン有する【ヴェルズ】も隙を見ています。サイド後の懸念事項である『アイスファイヤーハンド』は、ダークロウで墓地に送らなければ対応できますが果たして…