ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【BF-南風のアウステル】

f:id:girudoya:20180601122219j:plain


6月9日 発売「DUELIST PACK -レジェンドデュエリスト編3-」


《BF-南風のアウステル》
チューナー
星4 属性闇 鳥獣族 1300/0 
このカードは特殊召喚できない。
①:このカードが召喚に成功した時、除外されている自分のレベル4以下の「BF」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外し、以下の効果から1つを選択して発動できる。
● 自分フィールドの「ブラックフェザー・ドラゴン」1体を選び、相手フィールドのカードの数だけ黒羽カウンターを置く。
● 相手フィールドの表側表示モンスター全てに可能な限り楔カウンターを1つずつ置く(最大1つまで)。



《BF-南風のアウステル》について


召喚時の「BF帰還効果」に加えて、墓地から自身を除外する事で「黒羽カウンター・楔カウンター」をバラ撒きます。アド&アドです。ステータス的に《忍び寄る闇》《悪夢再び》に対応してます。



f:id:girudoya:20180601123124j:plain



「BF」を除外するカードは、「《闇の誘惑》《BF-毒風のシムーン》《BF-大旆のヴァーユ》《忍び寄る闇》《ダーク・アームド・ドラゴン》《ダーク・ネフティス》《取捨蘇生》《速攻の黒い忍者》」ちょっと気の向くまま挙げましたが、それらを帰還屋である《BF-南風のアウステル》でアドバンテージに変換。



デッキから《黒い旋風》を設置する新規《BF-毒風のシムーン》が手札1枚を除外するコストを抱えてるので、《BF-南風のアウステル》との連動性がデザインされてますね。



《BF-南風のアウステル》で呼び戻すモンスターは効果無効となるので、《BF-大旆のヴァーユ》をフィールドでシンクロに活用できるのも偉大。《BF-大旆のヴァーユ》からシンクロモンスターを出し、二の矢で《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を狙えるので大きな武器となります。



f:id:girudoya:20180601123200j:plain



また、相手からの除外脅威「《墓穴の指名者》《氷結界の龍 トリシューラ》《バージェストマ・ディノミスクス》《トリックスター・リンカーネイション》《邪帝ガイウス》《次元幽閉》」等により、蘇生屋の《BF-極北のブリザード》では、どうにもならないシーンを帰還屋が解決してくれるやも知れません。




《次元幽閉》懐かしいですねぇ。旋風が吹き荒れていた当時、《BF-蒼炎のシュラ》で《スノーマンイーター》を思いっ切り踏んで、返しに《魂を削る死霊》で殴られ《BF-疾風のゲイル》が落ちた時の絶望たるや。対象取れないやんけ!手札全部伏せる!→《ゴッドバードアタック》《ダーク・アームド・ドラゴン》に蹂躙されるという悪い悪い夢。



f:id:girudoya:20180601123219j:plain



《BF-南風のアウステル》はレベル4チューナーなので、お隣さんの分のレベルを上げる《BF-砂塵のハルマッタン》と合わせてレベル10の《BF-フルアーマード・ウィング》を楽々シンクロ召喚できるのが滅茶大きい。



そして、《BF-南風のアウステル》は墓地から自身を除外する事で「楔カウンター・黒羽カウンター」は楔カウンターが乗っているモンスターを永続奪取、または爆散する効果があり、《BF-南風のアウステル》はダイレクトなサポーターとして機能します。



f:id:girudoya:20180601123239j:plain



進化前の《BF-アーマード・ウィング》ならば楔カウンターを使って全ての相手モンスターを攻守0にできますね。結果的に《墓地墓地の恨み》のようになるので相手モンスター2体を糧に《レプティレス・ヴァースキ》を出せたりします。




そんな訳で《BF-南風のアウステル》の話でした。「《黒い旋風》、《BF-極北のブリザード》、《BF-南風のアウステル》」等、「召喚権」を要求するカードが多い事がテーマの特徴ですが、そうなると余計に召喚権を増やしてくれる《BF-星影のノートゥング》が有り難いを越えて露骨なパワーカードとして機能しますね。相手にすればたまったもんじゃない。




ではまた!