ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【セフィラ】第1章

f:id:girudoya:20150321231715j:plain


最近【セフィラ】を使っていたので、数回に分けてアレやコレや書き進めます。


■《セフィラ - 遊戯王☆カード検索》

■《遊戯王カードWiki - 【セフィラ】》



どこから手をつけようか構築推移からキルパターンまで悩み所ですが、セフィラの大黒柱紹介から始めれば間違いないですね。幾度か対戦経験はありましたが、いざ使ってみると必須カードとして確立していました。秘竜星セフィラシウゴさん、その人です。




■【セフィラ】

せっかくなので、エクストラデッキは1度でも出番のあった精査中カードと役割も合わせて載せていきます。


f:id:girudoya:20150321231737j:plain


f:id:girudoya:20150321231745j:plain


【セフィラ】

秘竜星-セフィラシウゴ×3
宝竜星-セフィラフウシ
覚星輝士-セフィラビュート
竜星因士-セフィラツバーン
星因士 デネブ
オルシャドール-セフィラルーツ
終末の騎士
BF-精鋭のゼピュロス
シャドール・ドラゴン
音響戦士ギータス×3
音響戦士サイザス×3
音響戦士ピアーノ
音響戦士ベーシス
マスマティシャン
ジェット・シンクロン
スポーア
ダンディライオン
ローンファイア・ブロッサム×3

セフィラの神託×3
テラ・フォーミング×3
ソウル・チャージ
おろかな埋葬
ワン・フォー・ワン
増援
死者蘇生
簡易融合
ハーピィの羽根帚

セフィラの神撃

《エクストラデッキ》(確定
妖精竜エンシェント
エンシェント・フェアリー・ドラゴン …




■ セフィラのアドバンテージ源

【セフィラ】は、ペンデュラムスケール1・スケール7を備える「シンクロ・エクシーズ・融合・儀式」の混成テーマです。これどーしたものか多民族感がありましたが、今回は『シンクロ』にフォーカスしています。お好み焼きにも種類があるようにそういう感じです。



シンクロ軸。基本的にどんなデッキの指針にもなる2つの要素『アドバンテージ獲得』、そこに辿り着く為の『サーチ手段』から方向性が定まりました。




f:id:girudoya:20150321232256j:plain


まず【セフィラ】のカードプールを一瞥するとテーマサーチである「セフィラの神託」はテラフォーミングと合わせて6枚確定です。ここは【クリフォート】のツールと召喚師のスキルみたいなものです。すんなり。




そしてアドバンテージ獲得について。ペンデュラム召喚の都合、『左右のスケール+ペンデュラム召喚するモンスター』の3枚が必要となります。これどうしたものかと思いきや、さっきから推しメンの「秘竜星セフィラシウゴ」が偉大でした。




例えば「秘竜星セフィラシウゴ・スケール1・スケール7」という手札から左右にスケールを設置して、シウゴをペンデュラム召喚。シウゴの効果でサーチカードとして挙げた「セフィラの神託」を持ってこれます。サーチカードをサーチするシウゴさんという立場です。




何より手札3枚を用いるペンデュラム召喚ですが、展開後は「シウゴ・左スケール・左スケール・セフィラの神託・神託でサーチしたカード」と5枚分に変換されます。3枚から5枚へとアドバンテージを獲得しながらサーチ手段も得るという部分で、シウゴは大黒柱で然るべき。



・アドバンテージ獲得(秘竜星セフィラシウゴ)⇔サーチ手段(セフィラの神託)




そこから先は【セフィラ】の妙である「シンクロ・エクシーズ・融合・儀式」の枝分かれ。どこに向かおうか?というところで、セフィラの神託がフィールド魔法という長所を活かさない手はありません。





f:id:girudoya:20150321234707j:plain


《妖精竜 エンシェント》
《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》


シンクロの歴史には、フィールド魔法発動で1ドロー&モンスターまで破壊できる「妖精竜エンシェント」、フィールド魔法を張り替える=神託おかわり「エンシェント・フェアリー・ドラゴン」が健在しています。




テーマサーチとしてフィールド魔法が欠かせない以上、フィールド魔法をプランに組み込める「シンクロ軸」が見えて来ました。さっきから推しメン極まるシウゴさんがレベル6なので、1チューナーを添えればエンシェントです。誰が言ったかドローは正義。




例えば、先の【シウゴ・スケール1・スケール7】からペンデュラム召喚して神託をサーチするパターン。そこに1チューナーを追加。シウゴ+1チューナー⇒妖精竜エンシェント⇒神託発動で1ドロー&サーチとなります。シウゴはエクストラデッキに送られるので、次のターンに再度ペンデュラム召喚という図です。ペンデュラムテーマらしくなってきました。雰囲気あります。




次は、『シウゴ+1チューナー』からエンシェントに向かう為の1チューナーの選定です。結果としては「お手軽植物セット」のスポーアとなりましたが、植物ギミックだけでも【セフィラ】を助ける働きがあるので紹介します。







■ 手札【ロンファ・蘇生】

f:id:girudoya:20150321231821j:plain


すでに何か起こる感が凄まじいですが、順当に展開。




f:id:girudoya:20150321231830j:plain

「フォーミュラ・邪竜星ガイザー・綿毛トークン」と展開します。そして邪竜星ガイザーで自壊しながら相手のカード1枚を破壊、その後デッキから幻竜族を特殊召喚できます。




f:id:girudoya:20150321231837j:plain


「秘竜星セフィラシウゴ・フォーミュラ・綿毛トークン」となり相手ターン トリシューラ or 幻竜星チョウホウの構えです。シウゴをエクストラデッキに送れるので、次のペンデュラム召喚時にはプラスが発生します。




f:id:girudoya:20150321231925j:plain


ロンファ蘇生から

・フォーミュラ1ドロー
・邪竜星ガイザーで1枚破壊
・相手ターントリシューラ
・シウゴをエクストラデッキに送る



さりげなく4つの仕事をこなす植物ギミックです。セフィラスケールでは基本的にセフィラしかペンデュラム召喚できないため、ロンファ⇒スポーアのように手数を稼げるチューナーはペンデュラムモンスターを素材にシンクロするにも適しています。






■ 以上、【セフィラ】第1章となりました。雰囲気をまとめると


・テーマサーチの神託

・その神託をサーチできるシウゴ

・シウゴを素材にエンシェントをシンクロ⇒神託から更なるアドを

・エンシェントを作る素材として植物ギミック



こんな具合に繋がったのかなと思います。神託にはシンクロ召喚時チェインのようにモンスターをデッキトップに乗せる効果があり、そこでスケール1・スケール7を揃えるという狙いも。神託指名からフォーミュラ1ドローなんてお洒落極まります。第2章はキルパターンから入るので、よろしくお願い致します。ではまた次回 ^^