ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【竜騎士ガール】

竜騎士ガール!

組んでます!

f:id:girudoya:20141019011416j:plain



f:id:girudoya:20141019011400j:plain


【竜ガール!】

カオスソルジャー開闢の使者
ブラック・マジシャン・ガール×2枚
伝説の白石×2枚
青眼の白竜×3枚
エクリプス・ワイバーン
限界竜シュヴァルツシルト
暗黒竜 コラプサーペント×2枚
輝白竜 ワイバースター×2枚
E・HERO エアーマン
E・HERO プリズマー
E・HERO ブレイズマン
E・HERO シャドーミスト
沼地の魔神王×3枚

融合×2枚
増援
E-エマージェンシーコール×3枚
ミラクルフュージョン×3枚
龍の鏡×3枚
ティマイオスの眼×3枚
おろかな埋葬
竜の霊廟

融合準備×3枚

エクストラデッキ
竜騎士ブラック・マジシャン・ガール×3枚
青眼の究極竜
始祖竜ワイアーム
E・HERO エスクリダオ
E・HERO アブソルートZero
E・HERO The シャイニング
E・HERO Great TORNADO
竜騎士フェルグラント
蒼眼の銀龍
ラヴァルバル・チェイン
ダイガスタ・エメラル
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン
竜魔人クィーンドラグーン




構築経緯

テーマに掲げる《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》を呼び出す『ティマイオスの眼・龍の鏡』6枚は確定として、課題は素引きした『マジシャンガール』の重さ足るや。



『ダーク・グレファー』で処理しつつ闇繋がりで『シャドーミスト』を埋める、『超融合』『闇の誘惑』といったプランも試しましたが、手札を切れない場合のガールの浮きっぷりに辟易。



サーチが容易な『ブレイズマン』を頼りにできる【融合召喚】が安定したので、正規融合の道を辿っています。


『ブレイズマン』に加え、『儀式の準備』融合verである『融合準備』といったアドカード登場は正規融合にとって事件です。低燃費を達成できる上にサーチなんて夢現



『竜ガール』は疑似サンブレ効果を備えているので、思いきって防御カードもアウト。融合召喚に特化することで、攻防一体の竜ガールに向かうことにデッキの全てを注ぎます。




竜ガールの融合条件「マジシャンガール+ドラゴン族」


これを安くしようと試行錯誤。

まず、『プリズマー』から名称:ガールは補えるので、残りの融合素材であるドラゴン族に『伝説の白石・コラプワイバー・エクリプス』のアドギミックを搭載。これらを融合素材に充てる事で、先の『融合準備・ブレイズマン』に加えて損失をカバーできます。



● プリズマー→ガールを落とす→ガールを除外して輝白竜ワイバースター→プリズマーとワイバースター融合→竜ガール特殊・コラプサーチ。



融合素材となるドラゴン族に『輝白竜ワイバースター』を充てる事で、2枚消費で融合できています。これは『プリズマー×ティマイオスの眼』と同消費で、『融合』をブレイズマンから確保・『融合準備』によるリカバリーも含めると、より軽くなってきます。


『竜ガール』のサンブレ効果には手札1枚が必要なので、『伝説の白石』『シャドーミスト』のような捨てて良しのカードは融合後にも仕事がある点もポイントです。




カオス連携

『ブリズマー、ブレイズマン』共に光闇を落とせるので、後々『コラプワイバー』の起点となりえます。コラプワイバーは融合素材としてだけでなく、ランク4も見越した存在。


そのランク4にしても『竜ガール』の素材となるドラゴン族をピックしておくと後続の『龍の鏡』から墓地融合に繋がるので、『ダークリベリオン、竜魔人クィーンドラグーン』といった種族優先。


『竜魔人クィーンドラグーン』は、ドラゴン蘇生から融合素材を確保+ドラゴン族に戦闘耐性を与えるので、竜ガールとは守り守られの共存関係を築けます。


他には『ダイガスタ・エメラル』→ブルーアイズ蘇生からの融合や、チェインからブルーアイズの3枚目を貯めて『龍の鏡→ふははは』といった働きを期待できます。



まぁ無理にふははしなくともブルーアイズ2枚で耐性持ちの『始祖竜ワイアーム』が出るので、これまた『龍の鏡』や『ブルーアイズ2枚と融合』の選択肢が増えている事になります。



コラプワイバーは『マジシャンガール』のアドバンス召喚もサポートできるので、そこからの『ティマイオスの眼→竜ガール』は、『プリズマー×ティマイオスの眼』と同じ消費で呼び出す事ができています。



『簡易融合』(旧神ノーデンとドラゴン族である暗黒火炎龍)も使いやすさ抜群。今回はエクリプスを除外できる『ミラクルフュージョン』に席を譲ってはいますが浮遊枠。龍の鏡でもエクリプスは除外できるので、ここは再検討ですね。





痛感

何度も思ったのは『ブレイズマン』の性能。特に"融合サーチ効果"です。


これまで【ヒーロー】の他テーマ融合サポートとしての役割は、『プリズマー』による名称コピー、『沼地の魔神王』の融合先が広がる程度でしたが、『ブレイズマン』の登場により『エアーマン・エマコ・おろ埋シャドーミスト』までもが融合置換カードとなりました。


『融合準備』からのサルベージも含め、融合をサーチできる『ブレイズマン』は欠かせない存在です。インフレ云々関係なしに手放したくない1枚に思えます。