ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【WCS2019】


f:id:girudoya:20190727195007j:plain


リミットレギュレーション WCS2019



8月10日よりドイツ・ベルリンの地にて開催される「世界大会2019」。日本国内では世界大会に合わせ豪華賞品が配布される「セレブレーションイベント」の併設もあり、世界大会は従来よりも身近なイベントとしての地位を確立。オンシーズンの機運の高まりに貢献しています。



f:id:girudoya:20190727195038j:plain



となれば、気になる「リミットレギュレーション」

何が使えるのか?使えないのか?


デッキ選択・プレイングに直結する部分であり、リミットレギュレーションを把握しておく事で、世界大会の配信・その後のセレブレーションイベントへの取り組みに反映できます。



例年、世界大会のリミットレギュレーションは日本のOCGと世界のTCGを合併したリストが敷かれているので、国内と差異がある中で気になったカードをピックアップしてみました。2019年3月23日発売の「スターターデッキ」までが使用可能との事です。《機巧蛇-叢雲遠呂智》が発売時期的に禁止なので、【ダ・イーザ暴力団】は出動できません。




■ » 公式HP「世界大会2019」

■ » 開催情報「Celebration Event」

■ »「リミットレギュレーション WCS2019」




■ 抜粋禁止カード

  • 増殖するG
  • ハーピィの羽根帚
  • 水晶機巧-ハリファイバー
  • ドラグニティナイト-ロムルス
  • スクラップ・ワイバーン
  • 六武衆の軍大将
  • 転生炎獣アルミラージ
  • サクリファイス・アニマ
  • 召命の神弓-アポロウーサ
  • 超天新龍オッドアイズ・レボリューション・ドラゴン
  • 抹殺の指名者
  • サイバー・ドラゴン・ネクステア
  • 終焉龍 カオス・エンペラー
  • 儀式魔人リリーサー
  • 妖精伝姫-シラユキ
  • 嵐征竜-テンペスト
  • シューティング・ライザー・ドラゴン
  • サイバネット・コーデック
  • トーチ・ゴーレム
  • 覇王眷竜スターヴ・ヴェノム
  • EMドクロバット・ジョーカー
  • アストログラフ・マジシャン
  • 虹彩の魔術師
  • 源竜星-ボウテンコウ
  • トポロジック・ガンブラー・ドラゴン
  • No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク
  • カイザーコロシアム
  • 貪欲な壺
  • ソウル・チャージ
  • チキンレース
  • RUM-アージェント・カオス・フォース
  • RUM-幻影騎士団ラウンチ
  • 隣の芝刈り


■ 抜粋制限カード

  • E・HERO エアーマン
  • 幻銃士
  • ダーク・グレファー
  • 彼岸の悪鬼 グラバースニッチ
  • 彼岸の悪鬼 ガトルホッグ
  • 影霊衣の術士 シュリット
  • 天帝アイテール
  • SPYRAL-ジーニアス
  • 真竜拳士ダイナマイトK
  • デビル・フランケン
  • ジェムナイトマスター・ダイヤ
  • 永遠の淑女 ベアトリーチェ
  • スケープ・ゴート
  • 成金ゴブリン
  • ヒーローアライブ
  • モンスターゲート
  • 緊急テレポート
  • ブリリアント・フュージョン
  • 一撃必殺!居合いドロー
  • 連鎖爆撃
  • 半魔導帯域
  • マクロコスモス
  • スキルドレイン
  • 真竜皇の復活
  • 神の警告
  • 神の宣告


■ 抜粋準制限カード

  • D-HERO ディアボリックガイ




どうすっぺか〜



影響の大きい汎用カードは、禁止カードの「《増殖するG》《ハーピィの羽根帚》《水晶機巧-ハリファイバー》」、制限カードの「《神の宣告》《神の警告》《スケープ・ゴート》」辺り。《増殖するG》が無い事により《墓穴の指名者》の点数も落ちそうです。



f:id:girudoya:20190727195435j:plain



使用デッキの候補としては、規制によるダメージが少ない環境デッキが順当です。

  • 【閃刀姫】
  • 【転生炎獣】
  • 【サンダードラゴン】
  • 【サブテラー】
  • 【オルターガイスト】
  • 【トリックスター】
  • 【セフィラ】
  • 【エンディミオン】
  • 【インフェルノイド】
  • 【ジャックナイツ】
  • 【魔鍾洞系】



国内のデッキから《水晶機巧-ハリファイバー》系統が消えるとすると、【閃刀姫】【転生炎獣】【サンダードラゴン】が多そうです。それらに対して《強欲で金満な壺》を採用できるデッキ勢という構図でしょうか。



となれば、《閃刀姫-レイ》《転生炎獣ベイルリンクス》に対して《幻創龍ファンタズメイ》でリードを得ながら、《超雷龍-サンダー・ドラゴン》《閃刀機関-マルチロール》等のキラーカードの面倒を見れる《バージェストマ・ディノミスクス》辺りを使いたいかなぁという印象です。



とりあえず、今年の世界大会の優勝予想は、「《転生炎獣フォクシー》の捲りが強い【転生炎獣】」にしておこうかなと。



【転生炎獣】は《超雷龍-サンダー・ドラゴン》に対して《転生炎獣ミラージュスタリオ》によるバウンス解決がメインギミックに有り、罠系デッキに対しては《転生炎獣ヒートライオ》連打による伏せ剥がし、《成金ゴブリン》が制限カードなので【閃刀姫】【エンディミオン】は少しパワーが落ちる部分があるんじゃないかなと。



いずれにせよ万能妨害《灰流うらら》は滅茶苦茶使われると思うので、《灼熱の火霊使いヒータ》で利用できるってのも加点材料。逆に《灰流うらら》が浮いた際に《水晶機巧-ハリファイバー》が不在な分、【転生炎獣】なら炎属性・ランク3を活かした展開に持ち込めるってのも大切です。



今年の世界大会も昨年度に続き「遊戯王+e-Sports」の未来を担うステージになるので、本戦・演出含めてプロモーションにも注視していきたいなと思います。



f:id:girudoya:20190727195244j:plain



ではまた!