ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【無限起動ブルータルドーザー】


f:id:girudoya:20190712182257j:plain


無限起動



「CHAOS IMPACT」に収録される【無限起動】の新機体《無限起動ブルータルドーザー》について。その性能をSMAPで例えると木村拓哉です。



《無限起動ブルータルドーザー》
レベル5/地属性/機械族/攻撃力1900/守備力2100
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの機械族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。このカードは手札から守備表示で特殊召喚する。
②:このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「無限起動ブルータルドーザー」以外の「無限起動」モンスター1体を効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族・地属性モンスターしか特殊召喚できない。



f:id:girudoya:20190712164745j:plain

f:id:girudoya:20190712164820j:plain



サーチ屋の《無限起動ハーヴェスター》から《無限起動ブルータルドーザー》を持って来て、そのまま投下。デッキから無限起動モンスターをリクルートして、ランク5に到達。つまり、更なるサーチャー《無限起動リヴァーストーム》に食指を動かし、デッキから地属性の機械族モンスターをサーチという挙動。テーマとしてエクシーズモンスターのランクラップを掲げる【無限起動】において、それはもう間違いなく間違いないもの。



無限起動のモンスターは墓地効果にてテーマスペルの確保や、みんな大好き2ドロー等を持つ個体が多く、それらを《無限起動ブルータルドーザー》で選べるってのも秀逸です。ちゃっかり守備力2100なので、《サイバー・ドラゴン・ネクステア》の蘇生効果に対応してるのも加点材料。



また、【無限起動】の特徴として「機械族・地属性モンスター」をサポートするという要素があり、それは【列車】【ブンボーグ】といったステータスを共有するテーマの派生に至る部分です。


そして、そういえば記憶の彼方。【超重武者】も「機械族・地属性」テーマだなぁ。でも、カードを持ってなかった時期のカテゴリーだからなぁ。う〜ん。どうしよう。こまったなぁ。よだれ。ぽたぽた…(ふきふき)









「よし。全部買おう」





f:id:girudoya:20190712182243j:plain


という訳で、【超重武者】の全カードを各3枚トルネード購入しました。トルネード購入の意味ですか?それは、きっと、デッキが教えてくれるものだと信じたいですね。




日曜日の朝にハムスターでキャッチボールしたい。






ではまた!