ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【天威の龍拳聖】


f:id:girudoya:20190704105048j:plain



■《天威の龍拳聖》について



《天威の龍拳聖》
リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/幻竜族/攻2600
【リンクマーカー:左下/下/右下】
リンクモンスターを含むモンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは効果モンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):自分フィールドに他の効果モンスターが存在しない場合に発動できる。自分の墓地及び自分フィールドに表側表示で存在する、効果モンスター以外のモンスターの数まで、相手フィールドの効果モンスターを選んで破壊する。



圧倒的成長



《天威の拳僧》が成長を遂げたら怪物くんになったの巻。



f:id:girudoya:20190704105048j:plain



そのリンク条件は《天威の鬼神》と同じく「リンクモンスターを含むモンスター2体以上」を要するLINK3。つまり、チューナーである《天威龍-アーダラ》を絡めた《水晶機巧-ハリファイバー》から秒で《天威の龍拳聖》って事です。



f:id:girudoya:20190704122037j:plain



《天威の龍拳聖》の効果は「効果モンスターとの戦闘で破壊されず」、「自分の墓地及び自分フィールドに表側で存在する、効果モンスター以外のモンスターの数まで、相手フィールドの効果モンスターを選んで破壊する」という代物。



無差別殺戮兵器やんけ。


元は攻撃力1000のちびっこ僧侶だったのに。対象を取らないジェノサイド。場のトークンの数も参照してくれので、《幻銃士》《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン》等のトークン系の価値が向上。



詰まるところ、バニラの数を参照して虐殺を繰り広げる《天威の龍拳聖》は、バニラ界の風雲児。純粋に【天威】で《天威の龍拳聖》を使うと、効果を持たないモンスターはエクストラデッキの《天威の拳僧》《天威の鬼神》に収まりますが、ここから遊戯王の広大なカードプールを漂う時間。



f:id:girudoya:20190704122156j:plain



例えば、「《創造の代行者 ヴィーナス》→《神聖なる球体》3体→《LANフォリンクス》+《LANフォリンクス》→《天威の龍拳聖》」と運ぶ事で、バニラカウント5を稼ぎ出します。つまり、《天威の龍拳聖》の虐殺効果で相手盤面は焼け野原。《天威の龍拳聖》の破壊能力は起動効果なので、次のターンもポチッとな。



《天威の龍拳聖》で大量破壊を狙える程のバニラを抱えるデッキ・カードは


【おジャマ】
【ペンギン】
【XYZ】
【ジェムナイト】
【磁石の戦士】

《G・ボールパーク》
《高等儀式術》
《轟雷帝ザボルグ》等々


バニラ万歳。たっぷり仕上げ。


墓地で通常モンスターとして扱う《白き霊龍》や、デュアルモンスターは《天威の龍拳聖》のバニラカウントとして、どうなんだろう。一応《ダイガスタ・エメラル》でデュアルモンスターを蘇生できる裁定なので、大丈夫そうですけど。


次のストラクチャーデッキRが【デュアル】のリメイクなので、そこでも《天威の龍拳聖》は居場所を見付けられそうという期待感。



年々おもしろいカードが増えますなぁ。




ではまた!