ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【新制限所感録2】


f:id:girudoya:20190618153709j:plain


新制限所感録2



─ 制限カード部門 ─



「《孤高除獣》を30枚くらい売り忘れてるの思い出した。編。」






■ 2019年 7月1日からのリミットレギュレーション

【禁止】
《トロイメア・マーメイド》
《破滅竜ガンドラX》

【制限】
《転生炎獣ガゼル》
《超雷龍-サンダー・ドラゴン》
《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》
《レディ・デバッガー》
《メタバース》

【準制限】
《ABC-ドラゴン・バスター》
《SPYRAL-ジーニアス》
《ダーク・アームド・ドラゴン》
《ダーク・グレファー》
《ダイナレスラー・パンクラトプス》
《TG ハイパー・ライブラリアン》
《デビル・フランケン》
《氷結界の龍 トリシューラ》
《影霊衣の反魂術》
《魔鐘洞》

【制限解除】
《E・HERO エアーマン》
《真竜拳士ダイナマイトK》
《餅カエル》
《ルドラの魔導書》
《神の宣告》
《停戦協定》



【制限】



■《転生炎獣ガゼル》
■《レディ・デバッガー》



f:id:girudoya:20190618125239j:plain


【転生炎獣】


初動が減り減り、キツイのぉ。老ける。


《炎星侯-ホウシン》から《転生炎獣ガゼル》を呼び出す元気系の【サラマングレイト】を組んでみたい。それとも《サイバネット・マイニング》は心の隙間を埋めてくれるのか。



そして、巻き込み事故。《レディ・デバッガー》の規制は【コードトーカー】における《マイクロ・コーダー》の握りに直結するので涙を禁じ得ない。ここでも《サイバネット・マイニング》は心の隙間を埋めてくれるのか。


《召喚僧サモンプリースト》は手札と召喚権を消費する割りに《灰流うらら》も《増殖するG》も直撃するから初動としては勝手が…



《転生炎獣ガゼル》を呼べる《転生炎獣ミラージュスタリオ》のランク3に寄せた《ギャラクシー・ワーム》とか試してみようかな。この規制を受けて《墓穴の指名者》が《転生炎獣ガゼル》に飛んで来るケース、《転生炎獣フォクシー》の3枚捲りの当たりが減る。頭痛が痛いぜ。




さて、ここでオーキド博士からの一句です。



相手ターン
飛び出るガゼル
アドゲット



明日もポケモン、ゲットじゃぞ〜






■《超雷龍-サンダー・ドラゴン》
■《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》



f:id:girudoya:20190618125252j:plain


超雷龍&超雷龍の並びが不可となり、横展開が強味だった《太陽電池メン》のパワーが急落。


《雷龍融合》で《雷神龍-サンダー・ドラゴン》の融合素材として《超雷龍-サンダー・ドラゴン》をエクストラデッキに戻して再展開できますが、盤面で超雷龍&超雷龍ができないと、対【閃刀機】の《閃刀機-ウィドウアンカー》1枚で瓦解してしまうのは…。ちょっと変えが効かない部分なので、トーナメントシーンからはフェードアウトでしょう。


《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》のマリガン効果で手札誘発やサイドカードを探してみたり、全リソースを叩き付けて《雷神龍-サンダー・ドラゴン》2体からの《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》→《超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ》で決着を見るのが好きでした。



そして、なんと、ここで特別にオーキド博士からポケモン川柳を頂いております。



2枚引く
サンダー・ドラゴン
やめてくれ



明日もポケモン、ゲットじゃぞ〜







■《メタバース》



f:id:girudoya:20190618154325j:plain


☆ MA・SHO・DO ☆


制限改定に求められるヘイトカードのガス抜き。本当にスムーズに対応してくれるようになりました。


通常罠は《悪魔嬢リリス》《トラップトリック》による増量が可能で、準制限止まりの規制では意味が薄くなってしまうので制限カードが正着ですね。



【オルターガイスト】の《メタバース》も相当使い勝手が良く、《魔鍾洞》《王家の眠る谷-ネクロバレー》《魔法族の里》という3つのオプションから選択。そこに《オルターガイスト・マルチフェイカー》が追加されるってのが抜群でした。《終焉の地》では《オルターガイスト・マルチフェイカー》は動けないので、《メタバース》は良い時代だったなぁと。




最後に、ポケモン事故で亡くなったオーキド博士の遺言となるポケモン川柳が見つかりました。




メタバース
里にフェイカー
おわおわり




明日もポケモン、ゲットじゃぞ〜