ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【イピリア】


f:id:girudoya:20190523082111j:plain



■「はちゅうるい」



f:id:girudoya:20190523082303j:plain


《イピリア》
星2/地属性/爬虫類族/攻500/守500
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。


方向性



「COLLECTION PACK-革命の決闘者編-」にて登場した《イピリア》。その効果は「召喚・反転・特殊時に1ドロー」という単純明快な仕上がり。



《アンデットワールド》で《イピリア》を屍にして、《馬頭鬼》を筆頭とするアンデット族の蘇生エンジンで…と思ったら《灼熱ゾンビ》《聖鳥クレイン》でも同じ事ができるという道。《ゾンビ・マスター》で毎ターン1ドローするの楽しそうですけどね。



《イピリア》のステータスに目を向けると「爬虫類族・地属性・レベル2」だったので、《イピリア》を《リビングデッドの呼び声》で蘇生して1ドロー、バウンス屋の《宇宙砦ゴルガー》で永続罠を再利用してドローを積み重ねるプランで多幸感を得られます。



f:id:girudoya:20190523082138j:plain

f:id:girudoya:20190523082147j:plain



また、爬虫類族である《イピリア》は《キングレムリン》のサーチ範囲にあり、《エーリアン・ソルジャー M/フレーム》のリンク素材として、その蘇生対象としても1ドローを稼ぎながら《毒蛇の供物》で散りゆく命。



そして、《水晶機巧-ハリファイバー》から供給される「《屋敷わらし》《幻妖種ミトラ》《チューン・ウォリアー》」等と《イピリア》で《ナチュル・ビースト》をシンクロ召喚する礎となる。



そんな枠組み。

「《宇宙砦ゴルガー》+《強化蘇生》《エンジェル・リフト》《リミット・リバース》」等で《イピリア》を継続的に蘇生してドローを稼ぐセルフバウンス軸のエーリアンデッキ。つまり、【イピリアン】を組みたいなと企んでおります。





ではまた!