ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【新カード列伝 Ⅲ】

f:id:girudoya:20190407063411j:plain



RISING RAMPAGE



〜 新カード列伝 Ⅲ 〜





■《ゲット・アウト!》



f:id:girudoya:20190407063424j:plain


《ゲット・アウト!》
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):EXデッキから特殊召喚された相手フィールドのモンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。



考察



《ゲット・アウト!》



シンプル・イズ・ベスト。エクストラデッキから特殊召喚された相手モンスター2体をデッキバウンスする罠カード。類似カードでは、相手ターンに使える《ブリューナクの影霊衣》が感覚的に近いですね。



f:id:girudoya:20190407063451j:plain



リンク召喚期における「リンクモンスター+a」に対する罠カードとして、2枚バウンスの《ゲット・アウト!》は素直な新カードだと思います。エクストラデッキからペンデュラム召喚されたモンスターもデッキバウンス可能なので、《紫毒の魔術師》《解放のアリアドネ》《Emヒグルミ》等の破壊トリガーを避ける効能も期待できます。



破壊しても毎ターン蘇る【フォーチュンレディ】の新規シンクロモンスター《フォーチュンレディ・エヴァリー》や、破壊しても後続を呼ぶ《永遠の淑女 ベアトリーチェ》、そもそも破壊できない《宵星の機神ディンギルス》《超雷龍-サンダー・ドラゴン》《転生炎獣ベイルリンクス》等…



今の環境カードって、めちゃくちゃ破壊耐性がある。そう考えると《ゲット・アウト!》のデッキバウンスは意味がある気がしてきますし、《サンダー・ボルト》は不遇の時代に出所したのかも知れません。見事な環境コントロールによるプロモーションかも知れません。



破壊に強いカードを思い浮かべると、《彼岸の黒天使 ケルビーニ》《プロキシー・ドラゴン》《魔王龍 ベエルゼ》《真六武衆-シエン》…何かが退化していくようで怖い。



デュエルリンクスは「《真六武衆-シエン》《真六武衆-キザン》」等を含む【真六武衆】が到来したようで、戦国時代に突入したようです。《アックス・レイダー》がウルトラレアだった時代が懐かしきかな。




最後に、ちょっと前に【フォーチュンレディ】のノーマルを纏めてポチリました。核となるリクルーター《フォーチュンレディ・ライティー》はプロモーションパックに封入されるので、それ以外をサクッと。



最近、数百円は支出の内に入らない気がする。そんな訳ないのに。



f:id:girudoya:20190407063905j:plain




ではまた!