ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【クリボーン】

f:id:girudoya:20190220203445j:plain



■ 構築編:《アンクリボー》



《アンクリボー》
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時にこのカードを手札から捨て、このカード以外の自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに墓地へ送られる。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。このターンのエンドフェイズに、自分のデッキ・墓地から「死者蘇生」1枚を選んで手札に加える。





アウロアウロアウロ



f:id:girudoya:20190220203417j:plain

f:id:girudoya:20190220203427j:plain


■【アンクリンクリボーン】

アンクリボー×3
クリボーン×3
ジュラック・アウロ×3
ダイナレスラー・システゴ×3
ダイナレスラー・パンクラトプス×3
幻創のミセラサウルス×3
魂喰いオヴィラプター
究極伝導恐獣
金華猫

おろかな副葬×3
おろかな埋葬
ワンチャン!?×3
ワールド・ダイナ・レスリング×3
化石調査×2
死者蘇生
真炎の爆発×3

ジュラック・インパクト×3

【 エクストラデッキ 】
ダイナレスラー・ギガ・スピノサバット
サクリファイス・アニマ
リンクリボー×3
リプロドクス×3
水晶機巧-ハリファイバー
ライトロード・ドミニオン キュリオス
星杯戦士ニンギルス
混沌の戦士 カオス・ソルジャー
揚陸群艦アンブロエール×3



白亜



f:id:girudoya:20190220203405j:plain

f:id:girudoya:20190220204923j:plain



定期購読の《アンクリボー》が到着した。


前回の記事にて、「《究極伝導恐獣》で《アンクリボー》を破壊して《死者蘇生》をサーチする」という所信を表明したので、恐竜路線で構築に向かう。



さらに追加で、「クリボーモンスター」を墓地から全部蘇生できる《クリボーン》を仕込みたかったので、《リンクリボー》をめちゃめちゃ出して、《クリボーン》で一気に蘇生すれば世界は平和へと導かれるであろう。



そんな祈りの果てに「《ジュラック・アウロ》を出しまくればええやん。《真炎の爆発》で。」それはまさに典型的な天啓である。



つまり、《クリボーン》で「クリボー」をめちゃめちゃ蘇生してリンク召喚を仕掛ける【クリンクリボーン】。間違いなしに爆誕の産声が響いた。否応なしに語呂が悪過ぎる。




それでも世界は続いていく。


リンク召喚を重ねる際、無駄に《リプロドクス》を経由する事で恐竜カウントを稼ぎ、その身体は歳月を経て石油となる。その後、《幻創のミセラサウルス》や《究極伝導恐獣》の生態に直結する部分だと学会では提唱されている。あるし日の歴史の1ページだ。



f:id:girudoya:20190220203619j:plain



最終的には《揚陸群艦アンブロエール》を建造し、《究極伝導恐獣》で破壊する事で《ライトロード・ドミニオン キュリオス》や《混沌の戦士 カオス・ソルジャー》を使い回すという暴挙を持ち込みたい。理性の限り暴虐を尽くすべきだ。




通説では恐竜は《ジュラック・インパクト》により絶滅の道を辿ったとされている。


だが、《ダイナレスラー・ギガ・スピノサバット》は、勇猛なるこの個体はどうだろうか。その身が破壊される際、自分フィールドのカードを身代わりにできるので、《ジュラック・インパクト》そのものを破壊する事で生き残る。雄々しい。生命の奇跡。



f:id:girudoya:20190220203716j:plain





何もかもが息絶えた地表。



そこに唯一。存在する叫び。





彼の名は───











f:id:girudoya:20190220204635j:plain

















次は、《アンクリボー》で《パラサイト・フュージョナー》を蘇生して、何かを融合召喚するデッキを作ろうと企んでます。レベルと属性と雰囲気が同じなので、何とかなるでしょ。まだ何も見えない。




f:id:girudoya:20190220203855j:plain





遊戯王カード検索が無くなった。



僕ら自身が遊戯王カード検索になればいい。








ではまた!