ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【相愛のアンブレカム】

f:id:girudoya:20181229161430j:plain


考察


《相愛のアンブレカム》
星3/チューナー/水属性/魔法使い族/攻 500/守1500
(1):このカードが召喚に成功した時、手札を1枚捨て、自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。




【水属性フルモンスター】や、【水晶機巧】の新たな展開要員として期待できる《相愛のアンブレカム》。自身がレベル3チューナーであり、その効果は手札を切ってレベル4以下のモンスターを蘇生なので、【魔轟神】のような手札を捨てたいテーマとも好相性かなと思います。



自己蘇生する「フィッシュボーグ」モンスターと合わせて、「《氷結界の龍グングニール》《白闘気一角》《白闘気海豚》」といった水属性シンクロを繰り出したいところ。《相愛のアンブレカム》と《サルベージ》を共有できる【海皇水精鱗】では海皇の効果も起動できるので、文句無しの相性です。



また、シンクロ素材とした際に効果を引き出せる「《ホワイトローズ・ドラゴン》《クリア・エフェクター》《シンクロ・フュージョニスト》」等を《相愛のアンブレカム》で選ぶのも面白そう。【竜星+《相愛のアンブレカム》】で様々な恩恵を選べちゃいます。



《相愛のアンブレカム》で《応戦するG》を蘇生して、シンクロ召喚&《増殖するG》をサーチみたいな動きを仕込みたいお年頃。同期の《星導竜アーミライル》のお値段が5000円を突破しそうな勢いですが、こちらは至って平和的。




ではまた!