ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【サンダードラゴン】

f:id:girudoya:20180924204549j:plain


サンダードラゴン



f:id:girudoya:20180924204605j:plain



《封印の黄金櫃》が制限にブチ込まれて涙がちょちょぎれたので、《ブリリアント・フュージョン》→雷族を融合素材とする《ジェムナイト・プリズムオーラ》を指定→サンダードラゴンを墓地へ送り込みながら《雷神龍-サンダー・ドラゴン》!



素引きすると困る系要員《ジェムナイト・アンバー》は、《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》《雷龍融合》でデッキに帰す!帰していく!



f:id:girudoya:20180924205042j:plain

f:id:girudoya:20180924204628j:plain





■「ビリビリ」



f:id:girudoya:20180924204642j:plain

f:id:girudoya:20180924204651j:plain


■【サンダードラゴン】

ジェムナイト・アンバー
竜魔導の守護者×3
太陽電池メン×3
サンダー・ドラゴン×3
雷源龍-サンダー・ドラゴン×3
雷獣龍-サンダー・ドラゴン×3
雷電龍-サンダー・ドラゴン×3
雷鳥龍-サンダー・ドラゴン×3
灰流うらら×2
増殖するG×3

ブリリアント・フュージョン×3
雷龍融合×3
簡易融合×3
封印の黄金櫃
墓穴の指名者×3

【 エクストラデッキ 】
リンクリボー
常夏のカミナリサマー×2
星杯戦士ニンギルス
トポロジック・トゥリスバエナ
トポロジック・ボマー・ドラゴン
ジェムナイト・プリズムオーラ
サウザンド・アイズ・サクリファイス
雷神の怒り
超雷龍-サンダー・ドラゴン×3
雷神龍-サンダー・ドラゴン×3



融合

f:id:girudoya:20180924204706j:plain



雷族の融合モンスターを用意すると、それと共に手札のサンダードラゴンを除外して《雷神龍-サンダー・ドラゴン》と動けるので、《竜魔導の守護者》から《簡易融合》を調達。



《竜魔導の守護者》はエクストラデッキの《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を指定して、融合素材である《サンダー・ドラゴン》の蘇生役も担ってくれる存在です。融合体への《無限泡影》で瓦解するのは茶目っ気。



ちなみに《ジェムナイト・アンバー》は、デュアルモンスター=通常モンスターなので、効果モンスターをリリースする必要がある《超雷龍-サンダー・ドラゴン》に化ける為にはデュアルを要するという壁。雷族なので《常夏のカミナリサマー》には成れるけども。












そして、刻々と「YCS」の日取りが近付いて来ておりますが、準備の程は進んでおりますでしょうか。我輩としては、新制限以降で『メイン戦の勝率が高いデッキ』を漁っている最中です。




究極のところ、


1回戦:✕○○
2回戦:✕○○

8回戦:✕○○


みたいな逆スト勝ちデッキよりも、


1回戦:○✕✕
2回戦:○✕✕

8回戦:○✕✕


こんな具合のデッキでシングルトーナメント戦を迎えたいなと。試合時間は25分なので引き分けにならないよう『時間を喰わない』点、丸一日と長丁場なので『体力的にミスが出ないプレイ難度』といった点もポイントです。




f:id:girudoya:20180924205510j:plain




直近話題の【恐竜サンダードラゴン】は、対【オルターガイスト】において《超雷龍-サンダー・ドラゴン》を楽々退けてくる《オルターガイスト・メリュシーク》を《究極伝導恐獣》や《ダイナレスラー・パンクラトプス》でケアできるのがハッピー。



ただ、《ジュラック・アウロ》に加えて、《水晶機巧-ハリファイバー》から呼ぶ為の雷族チューナーといった素引きすると浮付くカードが多いのが気になるところ。




噛み合いという面では、例えば【召喚獣閃刀機】であれば不要牌を《暴走召喚師アレイスター》のコストに使えるので、特定のデッキに対する手札誘発や伏せ破壊を採用しやすいデッキです。



《召喚獣プルガトリオ》によるキル性能が高い点と、エクストラリンク系のデッキに対して、《閃刀機-ウィドウアンカー》や《精神操作》からの《暴走召喚師アレイスター》→《召喚獣プルガトリオ》で思いっ切り返せます。《トロイメア・フェニックス》がいるので、炎属性調達もなんのその。




他にも《儀式魔人リリーサー》に特化した儀式デッキ、全メタに近いであろう《御前試合》を使える【トリックスター】…




あれこれ葛藤は続きます。





ではまた!