ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【制限解除】

f:id:girudoya:20180919212009j:plain


制限解除



それでは新制限考察のラスト。


「制限解除カード」について。






【制限解除】

●「SPYRAL GEAR-ドローン」
●「D-HERO ディスクガイ」
●「イビリチュア・ガストクラーケ」
●「エルシャドール・ネフィリム」
●「エルシャドール・ミドラーシュ」
●「召喚師アレイスター」





f:id:girudoya:20180919212020j:plain



■「SPYRAL GEAR-ドローン」



《機械複製術》がフルパワーで使えるようになる=《SPYRAL RESORT》が《機械複製術》に対応するって事なので、フィールド魔法に繋がる《テラ・フォーミング》等の可能性が増えますね。



《機械複製術》で同時特殊できるって事は、《クリフォート・ゲニウス》の機械族サーチのトリガーとしても機能します。そう考えると、ぐるぐるすぱいらるの他にも道が有りそうです。



例えば、《古代の機械箱》で《SPYRAL-ジーニアス》をサーチできる【古代の機械】との併用は、機械族やフィールド魔法的にシナジーが見込めるペアリングです。





f:id:girudoya:20180919212650j:plain




■「D-HERO ディスクガイ」



往年の2ドローは健在ですが、「デュエル中に1度」、「墓地へ送られたターンは蘇生不可」というエラッタで大人しくなりまくりの《D-HERO ディスクガイ》。



「レベル1・闇属性モンスター」は、《サクリボー》《サクリファイス・アニマ》と共に《ライトロード・ドミニオン キュリオス》のリンク素材として優秀なので、【レベル1フルモン】のアクセントに如何でしょうか。




もういっその事、《E・HERO ソリッドマン》で《D-HERO ディスクガイ》を蘇生して2ドロー+《地獄の暴走召喚》で3体並べるみたいな動きをやってみたい。同族を手札・墓地から呼び出す《一族の結集》でヒーローを展開的な。



あとは、《闇の誘惑》等で《D-HERO ディスクガイ》を除外して《異次元からの埋葬》で墓地へ戻せば、そのターン中に蘇生可能2ドローになるのでテンポ的においしい。



「《アンデットワールド》+《馬頭鬼》+《D-HERO ディスクガイ》」みたいな、《異次元からの埋葬》と《闇の誘惑》を仕込めるデッキで頑張れないだろうか。とりあえず裁定を確認してからだな笑






f:id:girudoya:20180919212151j:plain



■「イビリチュア・ガストクラーケ」



晴れて3枚になりましたが、《イビリチュア・ガストクラーケ》のサーチ手段自体は「《ヴィジョン・リチュア》《リチュア・アビス》《儀式の準備》」等、昔からやたら豊富。



【聖刻リチュア】のような《イビリチュア・ガストクラーケ》に特化したデッキであれば、制限解除の恩恵を受けられます。



例えば、デッキ内の《イビリチュア・ガストクラーケ》が枯れて《儀式の準備》が打てないと連鎖する手札破壊は1枚減っちゃいますからね。ところで【リチュア帝】って組めるのかな。手探りフェイズ。






f:id:girudoya:20180919212223j:plain



■「エルシャドール・ネフィリム」



ついに3枚使えるようになり、《究極時械神セフィロン》で《エルシャドール・ネフィリム》を攻撃力4000の状態で蘇生するデッキを再築する日が訪れた気がします。




《エルシャドール・ネフィリム》によりデッキから《シャドール・リザード》経由で墓地にモンスターが貯まるので、墓地にモンスターが10体以上いると動き出す《究極時械神セフィロン》の条件を満たしやすいってのが大事ですね。



《究極時械神セフィロン》自体もリンク召喚によりエクストラデッキからモンスターを墓地へ送り込めるので、運用しやすくなってる神です。




《エルシャドール・ネフィリム》がレベル8なので、連鎖するエクシーズ召喚《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》辺りを絡めた【巨神竜シャドール+《究極時械神セフィロン》】的な冒険を。とりあえず《隣の芝刈り》は要る気がする。




ついでに《超融合》も準制限になったので、相手が《水晶機巧-ハリファイバー》から呼んだ光属性モンスター《幽鬼うさぎ》や《TG ワンダー・マジシャン》を吸う動きを今まで以上に狙えるのかなと。



また、《エルシャドール・ネフィリム》は特殊召喚されたモンスターとの戦闘で絶対勝てるマンなので、壊獣キラーとして機能します。壊獣は色んな属性いるから融合素材としても楽しいね。





f:id:girudoya:20180919212339j:plain




■「エルシャドール・ミドラーシュ」



《エルシャドール・ミドラーシュ》は「レベル5・魔法使い族」なので、《幻妖フルドラ》と共に《魔導皇聖 トリス》をエクシーズ召喚できます。



《魔導皇聖 トリス》はデッキトップ5枚を捲り魔導書カードの分までモンスターを破壊できるというおもしろ効果を持っているので、【レベル5魔導】を組んでみたい。



《エルシャドール・ミドラーシュ》は効果破壊耐性がある上に、《幻想の見習い魔導師》で攻守2000上がるのが狡い。思いっ切り迎撃された事があってトラウマ。






f:id:girudoya:20180919212440j:plain



■「召喚師アレイスター」



墓地融合ができる《召喚魔術》的に《召喚師アレイスター》は墓地に送ってOKな魔法使い族なので、《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》と合わせて使ってみたい。



晴れて禁止から帰って来た《Emダメージ・ジャグラー》も墓地で機能する魔法使い族なので、《チョコ・マジシャン・ガール》みたいな魔法使い族を繋ぐドローエンジンを仕込んだデッキを組むのかなと思います。《召喚師アレイスター》を素材に《Emトラピーズ・マジシャン》をエクシーズ召喚したい今日この頃。










といった感じで、新制限の感想をつらつらとお送り致しました。



どんな禁止制限・環境であっても、それを数多くのデュエリストと共有し、楽しめるのは”今”だけです。新制限、新カード、新デッキ、その先にあるのは新しいデュエルです。






今期も遊戯王を満喫して欲しいなと願うばかりです。




マイペースが1番だけどね。





ではまた!