ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【一族の結集】

f:id:girudoya:20180829122659j:plain



光の輪



手札・デッキから光属性モンスターが墓地へ送られる事で「サルベージ効果」を発揮できる《竜姫神サフィラ》。美麗な存在感を放つ儀式モンスターです。



そして、《雷源龍-サンダー・ドラゴン》等、手札から墓地へ送る事で機能する【サンダー・ドラゴン】と《竜姫神サフィラ》のペアリングで構築できないものか。


しれっと《太陽電池メン》の墓地肥やしでも《竜姫神サフィラ》を起動できるので、上手い事すれば光の輪が見える気がします。事故ると自分の頭上に現れます。儀式の宿命。




EXTRA PACK 2018


f:id:girudoya:20180829122748j:plain



《一族の結集》
通常罠
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと元々のカード名が異なり、元々の種族が同じモンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。
(2):魔法&罠ゾーンのこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。デッキから「一族の結集」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。



新たな展開系罠カード《一族の結集》が「EXTRA PACK 2018」より登場します。もう罠カードってだけで「《トラップトリック》《悪魔嬢リリス》」による安定運用の響きが最高。ここ1年で罠カードの運用が大きく変わったなぁと感じる部分です。



《一族の結集》の効果は、フィールドのモンスターの同族を手札・墓地から特殊召喚、また相手により破壊されるとデッキから《一族の結集》をセットできるというものです。



《魔界劇場「ファンタスティックシアター」》の書き換え効果で《一族の結集》を割らせて《アルティマヤ・ツィオルキン》を起動するなんて荒業が可能です。【魔界劇団】は《悪魔嬢リリス》と共に悪魔族なので同族参照の《一族の結集》も活きて来ます。




《一族の結集》は相手フィールドのモンスターの種族も参照できるので、《ラーの翼神竜-球体形》を渡して幻獣神族を展開しちゃいましょう。神は元気です。



《一族の結集》が他の蘇生カードと異なるのは手札のモンスターも特殊召喚できる点なので、例えば【巨神竜】で《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》の展開や、《アモルファージ・イリテュム》で制圧といった動きが可能です。



また、相手の行動に合わせて《一族の結集》から【アーティファクト】や《大天使クリスティア》を特殊召喚しちゃうのも最高ですし、表示形式の指定がないのでリンクモンスターの蘇生も可能です。



《一族の結集》は小回りの効く面白カード。種族を参照する部分はリンクモンスターを経由して調整が効くってのも時代。




ではまた!