ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【シノビネクロ】

f:id:girudoya:20180808134015j:plain


Vジャンプ 2018年10月号 付属カード




《シノビネクロ》



これは俗に言う、強いのでは。




《シノビネクロ》
チューナー
レベル2/闇属性/アンデット族/攻 800/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、自分の墓地からこのカード以外のアンデット族モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。その後、手札を1枚選んで捨てる。
(2):墓地のこのカードが、効果を発動するために除外された場合、または効果で除外された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。



《シノビネクロ》について


f:id:girudoya:20180808134200j:plain




とりあえず、「闇属性・レベル2・アンデット族・チューナー」という事で、《ゾンビキャリア》が記憶の彼方から訴えかけて来るものがありますが、《シノビネクロ》も一線級の性能を持っているように思えます。




まず、《シノビネクロ》が場にいる際に、自分の墓地からアンデット族が特殊召喚されると使える1ドロー&1ディスカード。効能的には《暗黒界の取引》ですね。


つまり、《シノビネクロ》で【暗黒界】や【魔轟神】を機能させられると。シンクロ召喚繋がりで【アンデ魔轟神】は面白い組み合わせに化けるやも知れません。



単純に《シノビネクロ》は墓地で機能する《ヴァンパイアの眷属》や《馬頭鬼》等を1ドローに置換できるので、アンデット族を底上げするチューナーです。ちゃっかり《ゴブリンゾンビ》からも持って来れます。




そして、《シノビネクロ》の真価は、「墓地から自身が除外された場合に帰還する」という自己特殊能力。チューナーが特殊召喚されるって事は…?そうです。奴です。野比のび太です。




f:id:girudoya:20180808134039j:plain



墓地から《シノビネクロ》を除外する手段としては、【魔妖】のシンクロモンスター達、「ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-」で登場する《死霊王 ドーハスーラ》の除外能力、汎用カードになると《取捨蘇生》《モンスター・スロット》《召喚魔術》《撃滅龍 ダーク・アームド》《ダーク・アームド・ドラゴン》《ファントム・オブ・カオス》《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》《忍び寄る闇》等、ちょっともう溢れんばかり。



コストで除外されても効果で除外されても帰還するのが《シノビネクロ》の長所ですね。




そして、これまた「ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-」で登場するコントロール奪取魔法カード《アンデット・ネクロナイズ》。除外されているアンデット族をデッキに戻し再利用できるので、アンデット族を除外するギミックは幾らあっても困るもんじゃない。《異次元からの埋葬》や《PSYフレームロード・Ω》の選択肢も増えますからね。




という訳で、「墓地肥やし・ドロー促進・自己特殊チューナー」という可能性の塊のような《シノビネクロ》の話でした。ステータス的に《悪夢再び》《冥界騎士トリスタン》《ブラック・ガーデン》等に対応してる点もナイス。横の繋がり。




ではまた!