ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【世界大会】

f:id:girudoya:20180804074940j:plain


世界大会 勝ち馬予想




今年もやって参りました世界大会


各国の販売状況を鑑み、国内・国外のリミットレギュレーションを掛け合わせたような独自のカードプールが特徴的な大会です。



■ » WCS2018禁止制限





使用可能なカードプールは、日本国内で3月に発売された「STRUCTURE DECK R -闇黒の呪縛-」や「STARTER DECK 2018」の頃なので、それ以降に発売された「CYBERNETIC HORIZON」《ヴァレルソード・ドラゴン》等は使用不可です。スターターデッキの秘蔵レア楽しかったですね。




f:id:girudoya:20180804075349j:plain



手探り状態で各国代表の選択が楽しみですが、改めてカードプールを確認してみると、これは…



まず、遊戯王はパワーカードを3枚積めるデッキが有力とされる節があるので、直近の環境デッキが候補となります。



【オルターガイスト】は1枚も規制無し、【閃刀姫】の規制カードは《閃刀機-ホーネットビット》のみという優遇っぷり。っていうか、公認大会であれだけバラ撒いた閃刀機トークン扱うカードを即規制って、どういう事。



ただ、対【閃刀機】は《相乗り》や《魔法族の里》といったアンチカードが確立されているので、そこがどう働くのか。



また、メインギミックの延長で魔法罠を継続的にカウンターできる《オルターガイスト・ヘクスティア》が闊歩する環境ならば、ダークホース枠【チェーンバーン】等の魔法罠に依存するデッキは扱い辛い印象。



リンク系統では《ファイアウォール・ドラゴン》は制限カードとして使えるものの、《水晶機巧-ハリファイバー》や《サモン・ソーサレス》が禁止に指定されているので、【ユニオン】【剛鬼】等のリンク召喚を軸に掲げるテーマ達は大幅パワーダウン。



《彼岸の黒天使 ケルビーニ》の無い【彼岸】や、海外で手厳しい規制を受けている【魔術師】は《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》が制限、《虹彩の魔術師》《EMドクロバット・ジョーカー》《覇王眷竜スターヴ・ヴェノム》《アストログラフ・マジシャン》を失っておりデッキとして成立しません。



《永遠の淑女 ベアトリーチェ》《彼岸の悪鬼 ガトルホッグ》や《彼岸の悪鬼 グラバースニッチ》も制限で、《源竜星-ボウテンコウ》のない【セフィラ】はスケールもカウンター罠も確立できず仕舞い。



また、相変わらず《E・HERO エアーマン》が禁止の【ヒーロー】と軒並みパワーダウン。各国の選考会で勝ったデッキに【トリックスター】が散見されますが、世界制限となると月並みですが【閃刀機】が最有力なのかなと。



世界制限では汎用カードも規制されており、禁止カードで影響が大きいのは「《ハーピィの羽根帚》《隣の芝刈り》《増殖するG》《ダンディライオン》《儀式魔人リリーサー》《励輝士 ヴェルズビュート》《虚無空間》」等でしょうか。《隣の芝刈り》は【インフェルノイド】でおんどりゃあも許されない感じです。



《水晶機巧-ハリファイバー》不在により《ナチュル・ローズウィップ》が出て来ない兼ね合いもあり、今回は【閃刀機】に票を入れたいなと。




会場で、ライヴで、遊戯王の「これから」を満喫しましょう。世界大会は、そういう場であって欲しいと願います。




ではまた!