ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【憑依墓守】

f:id:girudoya:20180722090848j:plain


墓守



こんにちは。《クリムゾン・ブレーダー》で虚弱モンスターをブン殴って【サンダー・ドラゴン】を機能不全に陥れたい者です。



f:id:girudoya:20180722090907j:plain




「SOUL FUSION」にて【墓守】の新規が出まくったので、早速行ってみましょう。融合を中心としたパックなので融合モンスター《墓守の異能者》が登場してます。




■【憑依墓守】




f:id:girudoya:20180722090942j:plain



■【憑依墓守】

墓守の神職×3
墓守の召喚師×3
墓守の司令官×3
墓守の霊術師
沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン×3
WW-アイス・ベル×3
WW-グラス・ベル×3
WW-スノウ・ベル

ネクロバレーの玉座×3
墓守の石版×3
円融魔術×3
王家の眠る谷-ネクロバレー×2
ネクロバレーの祭殿
ルドラの魔導書
ワンダー・ワンド×3

ネクロバレーの神殿
憑依解放×3

【 エクストラデッキ 】
アーカナイト・マジシャン
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン
クリアウィング・ファスト・ドラゴン
WW-ウィンター・ベル
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン
クリムゾン・ブレーダー
スターダスト・ドラゴン
見習い魔嬢
魔界の警邏課デスポリス
墓守の異能者×3
WW-クリスタル・ベル
覇魔導士アーカナイト・マジシャン
クインテット・マジシャン


墓守について


f:id:girudoya:20180722091008j:plain

f:id:girudoya:20180722091020j:plain



【墓守】と言えば、代名詞である《王家の眠る谷-ネクロバレー》と《王家の生け贄》を軸とした罠型のヘビーコントロール。



そして、《墓守の偵察者》をアドバンテージ源として取り入れた【墓守猫】【墓守帝】といったデッキが組まれて来た歴史があります。




今回の墓守新規は、いずれも強力。



f:id:girudoya:20180722091058j:plain

f:id:girudoya:20180722091253j:plain

f:id:girudoya:20180722091301j:plain


  • 《墓守の神職》(墓守蘇生)
  • 《墓守の霊術師》(《捕食植物サンデウ・キンジー》的な融合効果)
  • 《墓守の異能者》(融合体:毎ターン墓守/ネクロバレーサーチ・破壊耐性)
  • 《ネクロバレーの玉座》(通常魔法:墓守サーチ・二重召喚)
  • 《ネクロバレーの神殿》(永続罠:相手モン弱体化+ネクロバレー設置)




【墓守】が新規で得たものは、「サーチ魔法、手数増加、フィールド維持、融合展開」という潤い太郎。



最初は真面目に《王家の眠る谷-ネクロバレー》と罠カードで構えてました。



f:id:girudoya:20180722091411j:plain

f:id:girudoya:20180722091422j:plain



フィールド魔法を維持しながら相手モンスターを弱体化させる永続罠「《ネクロバレーの神殿》+《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》」でフリチェ除去&1ドローを狙ってみたり、「《コンセントレイト》+《墓守の偵察者》」で攻撃力4200という墓荒らし状態で襲い掛かったりしてました。





墓守をアドバンテージ源として捉える心



f:id:girudoya:20180722091452j:plain

f:id:girudoya:20180722092736j:plain



そして、歴史に学び《墓守の召喚師》や《墓守の偵察者》をアドバンテージ源として扱うパターンは、どうなのかと。



例えば、《ルドラの魔導書》や《ワンダー・ワンド》といったドローエンジンや、《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》のコストに充てる展開です。



魔法使い族を軸とした派生ですね。墓守モンスターのサルベージ×2を行う《墓守の石版》で手札が増えるので、《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》の攻撃力アップにも貢献。




そうこうしながら走行してる内に、永続罠《憑依解放》に巡り会う。モンスターが破壊されると攻撃力もしくは守備力が1500の魔法使い族をデッキから特殊召喚できるカードです。永続罠ってのが強いですね。



f:id:girudoya:20180722091623j:plain



【墓守】には、攻/守1500のモンスターが…

  • 《墓守の神職》
  • 《墓守の霊術師》
  • 《墓守の司令官》
  • 《墓守の暗殺者》
  • 《墓守の異端者》
  • 《墓守の召喚師》
  • 《墓守の巫女》
  • 《墓守の祈祷師》
  • 《墓守の審神者》




新規の「《墓守の神職》《墓守の霊術師》」も含めてマジでいっぱい居るので、《憑依解放》がリクルートエンジンとして機能しまくります。



他にも《憑依解放》の選択肢には高圧力天使《お注射天使リリー》等が居ますが、圧倒的パフォーマンス誇るシンクロ界の風雲児《WW-グラス・ベル》が筆頭オブ筆頭。



f:id:girudoya:20180722093218j:plain

f:id:girudoya:20180722091705j:plain



魔法使い族のシンクロパターンが増える事で、《墓守の霊術師》や《円融魔術》から《覇魔導士アーカナイト・マジシャン》の融合召喚も見えてきます。




最終的には、「《王家の眠る谷-ネクロバレー》+《沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン》+《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》」による、前のめりでありながら墓を守りまくる体制を築き上げたいなと。



魔法使い族をたっぷり入れると《円融魔術》から《クインテット・マジシャン》も呼べますからね。



f:id:girudoya:20180722091729j:plain

f:id:girudoya:20180722092545j:plain



融合モンスター《墓守の異能者》がサーチ効果を持っていて、万能カウンター罠《ネクロバレーの王墓》が控えてますが、いかんせんサーチタイミングがエンドフェイズという遅さ。



《輪廻のパーシアス》のチラ見せコストに充てる+《冥王竜ヴァンダルギオン》」とか考えたんですが、《王家の眠る谷-ネクロバレー》が自分に刺さりまくるのは困り系。



《円融魔術》は役割を終えたフィールドの《アーカナイト・マジシャン》等を除外して発動できるので、救いがチラリズム。一応、《不幸を告げる黒猫》で《輪廻のパーシアス》をサーチするとか頑張ってました。




という訳で、《憑依解放》を軸に据えた【墓守】でした。攻めっ気のある墓守が作りたかったって、小五郎のおっちゃんも言ってました。




f:id:girudoya:20180722093436j:plain



(海外新規の未確認生物テーマ【Danger!】って、《墓守の監視者》で止まるのかな。それならサーチ魔法《ネクロバレーの玉座》と共に…)




ではまた!