ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【混源龍レヴィオニア】

f:id:girudoya:20180617080425j:plain



■ 7月14日発売「SOUL FUSION」



《混源龍レヴィオニア》
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守 0
このカードは通常召喚できない。自分の墓地から光・闇属性モンスターを合計3体除外した場合に特殊召喚できる。このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):この方法でこのカードが特殊召喚に成功した時に発動できる。その特殊召喚のために除外したモンスターの属性によって以下の効果を適用する。このターン、このカードは攻撃できない。
●光のみ:自分の墓地からモンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
●闇のみ:相手の手札をランダムに1枚選んでデッキに戻す。
●光と闇:フィールドのカードを2枚まで選んで破壊する。


光と闇

「カオス」の系譜を継ぎし者、《混源龍レヴィオニア》



f:id:girudoya:20180617080425j:plain



《混源龍レヴィオニア》は墓地から光/闇3体を除外して現れる攻撃力3000で、《カオス・ソルジャー -宵闇の使者-》のように除外した属性のパターンにより効果が変わる仕様が特徴的です。そのパターンにより得られるモードが3つあり、「蘇生・ハンデス・盤面2枚除外」と、どこを切っても強さの権化。



《混源龍レヴィオニア》は墓地の光/闇を除外すると出せるので、墓地で属性をコチョれる【エレメントセイバー】や、除外がリソースとなる【メタファイズ】で使えたら強いなぁという初見です。



f:id:girudoya:20180617080522j:plain



所属


《混源龍レヴィオニア》は《ドラゴン・目覚めの旋律》に対応しているので、【青眼】や【闇黒世界-シャドウ・ディストピア-】に挿しても機能しますね。《闇黒の魔王ディアボロス》とのハンデス共演なんて最高。



《混源龍レヴィオニア》は「レベル8・ドラゴン族」なので、光除外モードでレベル8を蘇生して《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》をエクシーズ召喚。《エクリプス・ワイバーン》を落として《混源龍レヴィオニア》をキープといった具合に動けます。



f:id:girudoya:20180617080556j:plain



《ブリリアント・フュージョン》からの《エクリプス・ワイバーン》を素材とした《ジェムナイト・セラフィ》で《混源龍レヴィオニア》を確保したり、除外したドラゴン族は《終焉龍 カオス・エンペラー》のペンデュラム効果で回収が見込めます。



【白黒シャドール】なんかも墓地に光闇が揃うので、《混源龍レヴィオニア》を簡単に運用できそうです。《シャドール・リザード》を経由して墓地闇を稼げる偉さがそこに。《影依融合》や解除された《マスマティシャン》からの《エクリプス・ワイバーン》が強力です。


f:id:girudoya:20180617081218j:plain



《混源龍レヴィオニア》にハンデスモードが搭載されている事で、相手は手札を守る為に伏せる→そこを2枚除外モードで刈るという不自由な選択を迫る事に繋がっています。裏目って奴ですね。自己完結していて強い。



《混源龍レヴィオニア》は手札から繰り出して機能するので、「《悪夢再び》《黒き森のウィッチ》《クリスタル・ドラゴン》《牙竜転生》《巨竜の羽ばたき》《竜の交感》《神竜 アポカリプス》《創世の預言者》《混沌空間》」等と相性が良さそうです。



f:id:girudoya:20180617080732j:plain



墓地に光もしくは闇3体という部分は《光天使セプター》《光天使スローネ》や、《PSYフレームギア・γ》、《TG ワンダー・マジシャン》《リンクリボー》等、汎用カードが幾らでも補って余りある感じで、除外すると帰って来る《異次元の偵察機》や、特殊効果を使える《バランサーロード》のようなカードと合わせるのも一興です。


まさかの融合新規《超雷龍-サンダー・ドラゴン》が登場した《サンダー・ドラゴン》も簡単に墓地を貯められる1枚。



そんな訳で《混源龍レヴィオニア》の話でした。6枚欲しい。




ではまた!