ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【サイバーロード・フュージョン】

f:id:girudoya:20180612123630j:plain


《サイバーロード・フュージョン》


【サイバードラゴン】に速攻魔法の融合カード《サイバーロード・フュージョン》が登場しました。除外・場から素材をデッキに戻し《サイバー・ドラゴン》を素材とする融合モンスターを出せるという低燃費っぷりです。除外モンスターを素材とする《平行世界融合》が懐かしいですね。



f:id:girudoya:20180612123705j:plain



まず、《サイバーロード・フュージョン》は「サイバー魔法罠」なので《サイバー・ドラゴン・コア》からサーチが効き、除外した《サイバー・ドラゴン》をデッキに戻す事で《機械複製術》のパワーをゲームを通して如何なく発揮する事を可能とします。



改めて《サイバー・ドラゴン》を除外する手段を洗ってみると、いつの間にか増えまくりで「《サイバネティック・オーバーフロー》《オーバーロード・フュージョン》《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》《サイバー・ドラゴン・コア》《サイバー・エルタニン》《サイバー・ネットワーク》」…等



f:id:girudoya:20180612123725j:plain

f:id:girudoya:20180612123733j:plain



これらの先に速攻融合魔法《サイバーロード・フュージョン》による急襲が行われる訳です。



バトルフェイズでの追撃は勿論、チェーン2以降で融合召喚して《激流葬》等のタイミングを外す、エンドサイク感覚で《キメラテック・ランページ・ドラゴン》を展開。時には「アーティファクト」を割って起動に貢献したりと、速攻魔法故に攻防兼備の融合カードという所感です。



ただ、《キメラテック・ランページ・ドラゴン》の魔法罠破壊効果は「時〜できる。」なのでチェーン2以降で出すとタイミングを逃します。コツコツ《サイバー・ドラゴン》を除外に貯めるのも一興ですが、《フュージョン・ゲート》のような一気に除外できるカードと《サイバーロード・フュージョン》を合わせてみたい雰囲気。



《キメラテック・ランページ・ドラゴン》の融合素材として《オーバーロード・フュージョン》で除外した「《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》」を《サイバーロード・フュージョン》でデッキに戻す事で、融合召喚兼エクストラデッキ回復にもなるいいカードだと思います。





ではまた!