ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【トークバック・ランサー】

f:id:girudoya:20180609113031j:plain



■6月23日 発売「STRUCTURE DECK -マスター・リンク-」



《トークバック・ランサー》
リンクモンスター
【LINK-1:下】
闇属性 サイバース族 1200
レベル2以下のサイバース族モンスター1体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカード以外の自分フィールドのサイバース族モンスター1体をリリースし、そのモンスターと元々のカード名が異なる自分の墓地の「コード・トーカー」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。



f:id:girudoya:20180609114238j:plain

f:id:girudoya:20180609114247j:plain



レベル2以下のサイバース族1体でリンク召喚できる《トークバック・ランサー》。相手に送り付けられた《夢幻崩界イヴリース》を処理するカードが増えましたね。



【サイバース族】での運用としては、《サイバース・ガジェット》のガジェット・トークンがレベル2だったり、自己特殊が容易な《ドットスケーパー》《サイバース・コンバーター》、墓地に送られる事で後続を確保する《フォーマッド・スキッパー》《スタック・リバイバー》をリンク素材として繰り出していく流れとなりそうです。



f:id:girudoya:20180609114339j:plain



そんな《トークバック・ランサー》の効果は、自身以外のサイバース族をリリースし、墓地の「コード・トーカー」モンスターを自身のリンク先(真下)に特殊召喚するというもの。《パワーコード・トーカー》以外の「コード・トーカー」は真上にリンクマーカーが向いているので、相互リンクやリンク先による恩恵を狙えますね。



そのリターンは攻撃力500アップや対象耐性・破壊耐性等ですが、《トークバック・ランサー》で新たな「コード・トーカー」である《シューティングコード・トーカー》を蘇生すると、連続攻撃からの2ドローなんて動きがまた見込めます。



f:id:girudoya:20180609114459j:plain



また、《トークバック・ランサー》でリリースするサイバース族を《リンク・ディヴォーティー》にする事で、「リンクトークン」2体(サイバース族・光・星1・攻守0)を特殊召喚できるので、損失なく墓地の「コード・トーカー」を呼び込める低燃費感。



《サイバース・ガジェット》でレベル2以下のサイバース族を蘇生して、「《トークバック・ランサー》+《リンク・ディヴォーティー》+ガジェットトークン」という盤面になるので、更にそこから「コード・トーカー」蘇生と「リンクトークン」2体展開と考えると、ちょっと楽しそうな気配がします。



f:id:girudoya:20180609114317j:plain



《リンク・ディヴォーティー》の制約により、このターンはリンク3以上のモンスターをリンク召喚不可となるので、戦闘なら《アンダークロックテイカー》《フレイム・アドミニスター》、除去ならトロイメアの鳥と犬でお茶を濁しまくるアレでしょうか。



モンスターをリリースする事で「警邏(けいら)カウンター」という名の破壊耐性を与える《魔界の警邏課デスポリス》と、リリース起動の《リンク・ディヴォーティー》の組み合わせも生まれますね。今月はそういった月。




祝日がない事で揶揄される6月ですが、そろそろ「祝日がない休日」を設けるべきではないでしょうか。"暦"が最強であって欲しいと願うばかりです。



遊戯王するのも休日ですからね。




ではまた!