ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ブルーアイズ・ソリッド・ドラゴン】

f:id:girudoya:20180605082140j:plain



■「6月9日発売 デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-」



《ブルーアイズ・ソリッド・ドラゴン》
星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果を無効にする。
(2):相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。フィールドのこのカードを持ち主のデッキに戻し、デッキから「青眼の白龍」1体を特殊召喚する。



《ブルーアイズ・ソリッド・ドラゴン》



f:id:girudoya:20180605082144j:plain



【青眼】のご新規さん《ブルーアイズ・ソリッド・ドラゴン》が到来。先輩竜である《白き霊龍》は魔法罠を除外できましたが、後輩竜は「モンスター効果無効」を備えてます。



そのタイミングは《ブルーアイズ・ソリッド・ドラゴン》が「召喚・特殊召喚に成功した場合」なので、タイミングを逃す事もなく、相手の表モンスターを永続無効化とバリューも高い。



また、相手が何らかの効果を発動した際に《ブルーアイズ・ソリッド・ドラゴン》をデッキに戻す事で、デッキから《青眼の白龍》を特殊召喚する効果を持ってます。デッキ戻しはコストでは無いので、妨害を喰らった際の損失もありません。実質的な除去耐性ですね。



f:id:girudoya:20180605082126j:plain



《ブルーアイズ・ソリッド・ドラゴン》はステータス的に「《竜の束縛》《復活の福音》《アークブレイブドラゴン》《聖刻龍王-アトゥムス》《No.46 神影龍ドラッグルーオン》」等に対応しますが、相手ターンに繰り出す事で防御的な運用が見込めるので、「《天球の聖刻印》《竜の転生》《忍法 超変化の術》《融合解除》」のようなカードと合わせて使いたい所です。



特に《天球の聖刻印》であればバウンスと効果無効で2妨害を構えられるので、《白き霊龍》と使い分けながら前後対応を任せたいなと。攻守0で呼び出された《ブルーアイズ・ソリッド・ドラゴン》も相手効果に反応して社長竜に入れ替わるのもセールスポイント。



f:id:girudoya:20180605082120j:plain



ちなみに《天球の聖刻印》は攻撃力0なので《デブリ・ドラゴン》で蘇生可能で、そのまま《サモン・ソーサレス》や新品の《天球の聖刻印》とする事が可能です。



《ブルーアイズ・ソリッド・ドラゴン》は《白き霊龍》のように通常モンスターとしては扱わないので、《蒼眼の銀龍》《銀龍の轟咆》には非対応。そこは足並み違うのね。



そう言えば、光属性枠のリンク2モンスター《ハイパースター》が天使族なので、光属性ドラゴン族テーマの【青眼、銀河】等で《マアト》を呼びやすくなってます。ぼちぼち光展開をサポートする《フォトン・サンクチュアリ》の出番かな。



f:id:girudoya:20180605082054j:plain



ではまた!