ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【トポロジック・ガンブラー・ドラゴン】

f:id:girudoya:20180524175917j:plain



■「俺とお前と魔轟神」



f:id:girudoya:20180524175931j:plain

f:id:girudoya:20180524175944j:plain


■【ガンブラー魔轟神】

レスキューキャット×3
召喚僧サモンプリースト×3
魔轟神クルス×3
魔轟神グリムロ×3
魔轟神獣ガナシア×3
魔轟神獣ケルベラル×3
魔轟神獣チャワ×3
グローアップ・バルブ
ジェット・シンクロン
幻獣機オライオン
ダンディライオン
BF-精鋭のゼピュロス

おろかな埋葬
死者蘇生
ソウル・チャージ
ワン・フォー・ワン
手札抹殺
貪欲な壺×3
墓穴の指名者×3
ツインツイスター×3

【 エクストラデッキ 】
フォーミュラ・シンクロン
魔轟神レイジオン×2
TG ハイパー・ライブラリアン
シューティング・ライザー・ドラゴン
PSYフレームロード・Ω
氷結界の龍 トリシューラ
コズミック・ブレイザー・ドラゴン
サクリファイス・アニマ
リンクリボー
水晶機巧-ハリファイバー×2
サモン・ソーサレス
トポロジック・ガンブラー・ドラゴン
闇鋼龍 ダークネスメタル


魔轟神


デュエルターミナル発祥のシンクロテーマ【魔轟神


f:id:girudoya:20180524180003j:plain



【魔轟神】は手札から墓地へ捨てられる事をトリガーとしてフィールドにカムバックする事で、シンクロ召喚を繋ぎます。その中でも一際強力なシンクロモンスターが《強欲な壺》を内蔵する《魔轟神レイジオン》


《TG ハイパー・ライブラリアン》と合わせて3ドローという半端ない出力のエンジンと化し、連続シンクロを畳み掛けます。



その昔は、《氷結界の龍 ブリューナク》で手札の魔轟神モンスターを捨てながらのバウンスに次ぐバウンスで悪行を働いてきましたが、投獄→更生して出所。そして、相変わらずお許しが出ない《手札抹殺》。《メタモルポット》は田舎で元気にやってます。



ただ、そうこうしてる内に手札を捨てる界のライジングスター【トロイメア】の登場。そして、手札破壊の王《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》が君臨しました。



f:id:girudoya:20180524180030j:plain



《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》はお互いの手札を捨て去りますが、それをトリガーに動く【魔轟神】にとってはエンジンとして迎え入れる事のできる切り札となります。



《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》


と言う訳で、手札破壊という強大な干渉力を誇る《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》を搭載した【魔轟神】の構築へ。



f:id:girudoya:20180524180046j:plain



効果モンスター2体以上でリンク4を用意すれば《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》をリンク召喚できるので、《水晶機巧-ハリファイバー》→《グローアップ・バルブ》で秒です。



チューナーを含む獣族を擁する【魔轟神】は《レスキューキャット》を積めるので、《水晶機巧-ハリファイバー》要員としても最高の相性。


《レスキューキャット》の相棒として《召喚僧サモンプリースト》が定番ですが、《サモン・ソーサレス》と同じ「闇属性・魔法使い族」なので、《闇鋼龍 ダークネスメタル》のリンク召喚を狙えるという新たな価値が生まれてます。



f:id:girudoya:20180524180103j:plain



《サクリファイス・アニマ》も《サモン・ソーサレス》と同じステータスなので、レベル1モンスターは《闇鋼龍 ダークネスメタル》的に注目株。



ゲームプランとしては、《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》の手札破壊2枚+相手ターンシンクロから《氷獄龍 トリシューラ》もしくは《PSYフレームロード・Ω》を出し、そこに《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》を反応させて計5ハンを狙う感じです。



f:id:girudoya:20180524180121j:plain



エクストラリンクせずとも、相手ターンに特殊召喚する手段さえあれば二度に渡り手札破壊が機能する《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》は非常に危険なモンスター



余りにも流行ったら手札から捨てられる事が生き甲斐の【暗黒界】の話すら浮上しそう。《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》の手札破壊は相手プレイヤーが捨てるカードを選べるので、そこは歴代のランダム系やらかしハンデス達との違いであり救いです。




ではまた!