ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【COLLECTORS PACK 2018】

f:id:girudoya:20180512180356j:plain


COLLECTORS PACK 2018


f:id:girudoya:20180512180407j:plain


気付いたら9箱予約していたので、サッと受け取りに行って来ました。パックの手触りが普段のツルツルというよりサラサラ&マットな感じで、いいですね。ちょっとした変化が楽しい今日この頃。いざ開封の儀。



アド具合も気になる所ですが、最近は満遍なく出てくれればOKみたいな気持ち。色々遊べた方が面白いのです。おまけのキャンペーンスリーブは外装フィルム含めて丸ごと貰えてハッピー。



コレクターズレア


f:id:girudoya:20180512180435j:plain


カード毎のレアリティを揃えたい厨なので、かなり纏まって出てくれたのが助かりまくり。キャラ人気的に《エマージェンシー・サイバー》は後々騰がりそうです。


ウル・スー


f:id:girudoya:20180512185357j:plain

f:id:girudoya:20180512180504j:plain


そして、1枚しかない《エマージェンシー・サイバー》。やはりカートンが板か?



ノーレア


f:id:girudoya:20180512180515j:plain



《飛行エレファント》の買い足しが決定した上で、《サイバー・ラーバァ》が"揃う"という煽りっぷり。もはや逆にデッキを組んでみようか。それにしても何故ノーマルカードをノーレアで再販したんだろう。



リクルート効果を持つ《サイバー・ラーバァ》を連続で自爆特攻させると同名3枚が揃うので、すかさずそこでカード番号「CP18-JP019」をアピールする事により対戦相手との"格の違い"を示す事が可能です。



さらにここで重要なのは、自爆する際の物理的な"速さ"です。視認できない程のスピードで続々と《サイバー・ラーバァ》を自爆する事によりソニックブームが発生。眼前で巻き起こった衝撃波により、対戦相手は藻屑と化すという結果が導かれるのです。



こういった非常に危険な存在である事から《サイバー・ラーバァ》は排出率を大きく絞った上で世に出た、という恐るべき時代背景があるのです。
  
   

  
誰しもが歴史の証人。