ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【No.75 惑乱のゴシップ・シャドー】

f:id:girudoya:20180426123313j:plain


5月12日「COLLECTORS PACK 2018」


「相手のモンスター効果をお互い1ドローに書き換える」という変わった形の抑止力を持つランク3エクシーズモンスター、《No.75 惑乱のゴシップ・シャドー》の登場です。




f:id:girudoya:20180426123421j:plain


《No.75 惑乱のゴシップ・シャドー》
星3 風 魔法使い族/エクシーズ 1000/2600
レベル3モンスター×2体以上
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。その効果は「お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする」となる。
②:このカード以外の自分フィールドの「No.」Xモンスター1体を対象として発動できる。このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする(このカードがX素材を持っている場合、それらも全て重ねてX素材とする)。



■ 考察:《No.75 惑乱のゴシップ・シャドー》



ランク3のエクシーズモンスターで、素材2つ消費で相手モンスターの効果をお互い1ドローに書き換える効果と、自身とそのエクシーズ素材をナンバーズのエクシーズ素材として組み込むという2つの能力を持ってます。



効果の書き換えは手札や墓地起動にも対応していて、ちょっとした《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》のような対手札誘発としての性質もあります。ただ、発動無効の《無償交換》等とは異なり、あくまで書き換えなのでダメージステップでは使えない仕様。



《No.75 惑乱のゴシップ・シャドー》によりモンスター効果と引き換えに相手にドローさせてしまう事はデメリットですが、それを逆手に取れる《M・HERO ダーク・ロウ》の手札破壊といったペアリングが面白いのではないでしょうか。



他にも相手のドローを利用した《便乗》によるドローや、《トリックスター・マンジュシカ》《グリード》《デス・コアラ》等による効果ダメージ戦略、《N・エア・ハミングバード》によるライフ回復、《大暴落》で手札破壊など、デメリットとメリットは表裏一体。




そして、《No.75 惑乱のゴシップ・シャドー》のもう1つの効果。自身とそのエクシーズ素材を含めて、ナンバーズのエクシーズ素材となる効果があります。



《No.75 惑乱のゴシップ・シャドー》は風属性のエクシーズモンスターなので、《ムーンダンスの儀式》と合わせて効果無効を維持+エクシーズ素材回復からのナンバーズサポートに回るなんて動きができますね。



《No.75 惑乱のゴシップ・シャドー》の素材化効果は、《ストイック・チャレンジ》や《No.86 H-C ロンゴミアント》のようなエクシーズ素材の数に応じて強くなる系と合わせて使ってみたいなと思います。




ではまた!