ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【サイバース族】

f:id:girudoya:20180412213734j:plain


サイバース族


こんにちは。《V-LAN ヒドラ》で相手の《トロイメア・グリフォン》を4体の「V-LANトークン」に分解したい者です。




そんな《V-LAN ヒドラ》も所属する「サイバース族」について。



f:id:girudoya:20180412213749j:plain



《トランスコード・トーカー》の登場によりリンク3以下のサイバース族リンクモンスターを蘇生できるので、リンク召喚の過程等で「どのリンクモンスターを墓地に置くか?」という部分が重要になってます。



その選択肢は《セキュリティ・ドラゴン》によるバウンス、《ペンテスタッグ》による貫通、《リカバリー・ソーサラー》による蘇生、《フレイム・アドミニスター》による攻撃力800アップ等、知らぬ間に多岐に渡っています。



f:id:girudoya:20180412214039j:plain



自己蘇生する《スペース・インシュレイター》を墓地に置いておけば、《トポロジック・ボマー・ドラゴン》のリンク召喚に反応させて起爆トリガーを引けたりと、僅かながらサイバース族の層が厚くなってきています。




というか、【サイバース族】のリンクモンスター達《パワーコード・トーカー》や《ベクター・スケア・デーモン》等の運用には、「リンク召喚の成立+コストとして盤面にモンスターを必要とする」カードが多く、手札コストで動ける【トロイメア】との徹底的な差はそこに。要求するハードルの高さですね。



f:id:girudoya:20180412214117j:plain



実質的にリンク4の消費で動くなら《ヴァレルロード・ドラゴン》出すわいなーという。ただ、《リカバリー・ソーサラー》は《幽鬼うさぎ》等を喰らって破壊されたサイバース族リンクモンスターをサッと蘇生して、その名の通りリカバリーが効くので、後々のリンク召喚的に覚えておきたい1枚かなと思います。



《トランスコード・トーカー》や《リカバリー・ソーサラー》のようなリンクモンスターを並べるカードが増えて来ると、《ダブルバイト・ドラゴン》のリンク召喚&打点アップに繋がってきてハッピーライフ ハッピーホーム タマホーム。



f:id:girudoya:20180412215610j:plain




ではまた!