ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【ハイパースター】

f:id:girudoya:20180409201103j:plain


CYBERNETIC HORIZON


我等が《スーパースター》が時を経て光属性のリンク2モンスターへと昇華しました。


その姿は靴を筆頭として装飾が半端ない事になり、背景イラストに至っては遊戯王らしからぬ"何か"に変貌を遂げています。冷静に紅いアイシャドウは変態。




f:id:girudoya:20180409201141j:plain


《ハイパースター》
リンクモンスター
リンク2/光属性/天使族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
光属性モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの光属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、闇属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の光属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。



■「考察」



一応、やっていきましょう。


《ハイパースター》


光属性2体で出せるリンクモンスターで、光属性の攻守500アップ、闇属性は400ダウン。被破壊時に光属性サルベージという各属性に与えられたリンクモンスターの一角です。



まず、光属性テーマ達【ABC、おジャマ、テラナイト、先史遺産、サイドラ、魔弾、ライロ、銀河、電池メン、セイクリッド】等の選択肢が増える格好。



例えば、【ライトロード】でうっかり沸いた《ライトロード・ビースト ウォルフ》で《ハイパースター》をリンク召喚。場のライロをスムーズに墓地に送り込む手段としてもリンク召喚は有用なので《裁きの龍》のサポートとなり、その全壊効果に巻き込まれる《ハイパースター》。そして、墓地の《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》をサルベージとか強そうですね。



f:id:girudoya:20180409201624j:plain



カード単位では《ハイパースター》を直ぐに呼べる《ギャラクシー・ワーム》《フォトン・サンクチュアリ》《創造の代行者 ヴィーナス》等が面白そうです。



他にも弱った《光と闇の竜》を《ハイパースター》の素材として活用、回収して再展開なんて事も。また、相手に光属性モンスターを渡すリスクも増えたので《壊星壊獣ジズキエル》や《おジャマトリオ》のようなカードは駆け引き増加。



反転召喚した《聖なる魔術師》や《魔導雑貨商人》のような仕事を終えたモンスターに光が当たるってのも《ハイパースター》によりもたらされる新たな価値でしょうか。



そして、もう一点。《ハイパースター》が破壊された際に使えるサルベージ効果ですね。



光属性は手札誘発が揃っていて「《オネスト》、《古聖戴サウラヴィス》、《アーティファクト-ロンギヌス》、《幽鬼うさぎ》、《エフェクト・ヴェーラー》、《朱光の宣告者》、《PSYフレームギア・γ》」等、それらを回収する為の《ハイパースター》という立ち位置も期待できそうです。



そして、いよいよ次弾で属性リンクモンスターが出揃う事になります。対応するのは《見習い魔女》。どこまで化けるか楽しみですね。お婆ちゃんとかになってたら面白そう。



f:id:girudoya:20180409201235j:plain



ではまた!







※追記:プリップリでした。



f:id:girudoya:20180409233913j:plain