ギルド屋さん

遊戯王戯遊

【サクリファイス・アニマ】

f:id:girudoya:20180403185820j:plain


週刊少年ジャンプ (2018年21・22合併号) 付属カード


1年前、この号のジャンプにて登場したのは《ファイアウォール・ドラゴン》でした。現在も暴虐の限りを尽くしているドラゴンですが、今年は新生「サクリファイス」の到来です。



《サクリファイス・アニマ》
リンクモンスター
リンク1/闇属性/魔法使い族/攻 0
【リンクマーカー:上】
トークン以外のレベル1モンスター1体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その表側表示モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。




■《サクリファイス・アニマ》の話



レベル1モンスターを素材とするリンク1モンスターで、リンクマーカーは上に1つ。サクリファイスよろしく、リンクマーカー先の表モンスターを装備するという除去能力を有しています。



《リンクリボー》とは異なりトークンはリンク素材にできませんが、レベル1モンスター達が軒並み除去能力を得るので、影響力は大きいなと。



そして、《鎖龍蛇-スカルデット》《トロイメア・グリフォン》のような相手側に上向きリンクマーカーを持つモンスターは、《サクリファイス・アニマ》に吸われる運命となってきます。



f:id:girudoya:20180403185607j:plain



エクストラモンスターゾーンに《サクリファイス・アニマ》、そして装備能力により縦列を揃える事で「ジャックナイツ」や《鉄騎龍ティアマトン》のサポートとしても使える具合です。相手に渡した壊獣を即座に吸える点もいい感じですね。



逆に【捕食植物】のように「相手モンスターをレベル1にする効果」を逆手に《サクリファイス・アニマ》を出されるパターンも生まれ、遊戯王がさらに一段奥深く。



ググったら《にらみ合い》で相手モンスターを強制的に《サクリファイス・アニマ》の正面に動かして吸収なんてパターンも載ってました。ピンポイント過ぎて最高。





■「《サクリファイス・アニマ》とレベル1モンスター達」




f:id:girudoya:20180403185640j:plain



《サクリファイス・アニマ》には、どんな道があるのかなと。


例えば、《オルターガイスト・メリュシーク》で1枚流した上で《サクリファイス・アニマ》で更に除去なんてヤバい。《百万喰らいのグラットン》や《サウザンド・アイズ・サクリファイス》も同様って事は、《簡易融合》で2枚除去はヤバい。


《フルメタルフォーゼ・アルカエスト》で装備からの《サクリファイス・アニマ》で装備なんてのも強そう。



相手に《海亀壊獣ガメシエル》を渡して、それを《海皇子 ネプトアビス》からの《サクリファイス・アニマ》で吸収。さらに《氷結界の虎王 ドゥローレン》で《海亀壊獣ガメシエル》を回収してハッピー。



浮いた《エフェクト・ヴェーラー》が脅威となったり、これまで《リンクリボー》で耐えていた場面で解決力があるってのは大きいなと。



既にレベル1モンスターを墓地へ送る手段として《リンクリボー》は欠かせない存在なので、レベル1界の皆様「《フォーマッド・スキッパー》《黒鋼竜》《剛鬼マンジロック》《太古の白石》《グローアップ・バルブ》《ドットスケーパー》《ヴァンパイアの使い魔》」等、《サクリファイス・アニマ》の恩恵を受けられるカードはたっぷり仕上げ。



それを見てレベル1界のやらかし部隊「《SPYRAL-ジーニアス》《SPYRAL GEAR-ドローン》」は何を思うのでしょうか。





ではまた!